このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

調理の裏ワザ!ゆで卵をキレイに作るには?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月30日

手間や時間のかかる料理を簡単にする調理の裏ワザ、知りたくない人はいないだろう。今回は、シンプルな割に時間がかかり、キレイにつくることが難しいゆで卵の調理の裏ワザ料理を紹介する。実は失敗することの多いゆで卵だが、これを読んでゆで卵マスターになろう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ゆで卵をキレイにつくる方法〜基本編

ゆで卵は簡単?

当然だが、ゆで卵は卵を茹でた料理である。そのままでももちろん食べられるが、おでんの具として、またはサラダやタマゴサンドの具材にもなる。お弁当のおかずや料理の彩りとしても重宝する。つくる頻度は高く、更に調理の工程は至ってシンプルだが、実は失敗することも多い。工程のシンプルさゆえに放置してしまったり、茹で時間が短すぎたり長すぎたりしてしまうためだ。まずは、基本的なゆで卵の作り方をおさらいしておこう。

基本のゆで卵の作り方

① 卵を常温に戻す
② 卵を鍋に入れ、卵全体がしっかりと浸るほどの水と1%の塩か酢を少々入れて強火にかける
③ 水が沸騰したら弱めの中火にして、8分(半熟)〜10分(固茹で)茹でる
④ 火を止めて冷水を入れ、3分ほど放置する
  • 沸騰までの時間が長くなるため、卵は常温に戻してから茹で始めよう。冷蔵庫から出して水道水に10分前後浸しておけばOKだ。
  • 塩や酢を加えなくてもつくることはできるが、茹でている最中に殻が割れてしまった場合に固まりやすくなるため、加えておくと安心だ。
  • 黄身が卵の中心にあるゆで卵を作りたい場合は、沸騰する前から菜箸で卵を優しく転がし、沸騰後2〜3分まで続ける。

2. ゆで卵をキレイにつくる方法〜裏ワザ編

ゆで卵の基本的な作り方を説明した。水が沸騰するまでの数分と沸騰後2〜3分間菜箸で卵を転がせば黄身が中心にあるキレイなゆで卵が出来上がるのだが、実は、卵を転がすことなく放置したままでも黄身が中心にあるゆで卵を作ることができる。どんなゆで卵をキレイと判断するかは人それぞれだが、ここでは切らない場合にはツルンとした美しいゆで卵を、切る場合には黄身が中央にあるゆで卵をキレイとし、裏ワザを紹介する。

少ない水で作るゆで卵

① 鍋の底に卵を並べる
② 鍋に1センチほどの水を入れて強火にかける
③ 沸騰したら中火に変え、蓋をして3分茹でる
④ 火を止めて、そのまま3分(半熟)〜6分(固茹で)放置する
  • 卵は重ねず、鍋の底に並べる。
  • 3分〜6分放置した後、冷水に浸さずそのまま殻をむくとキレイにむける。火傷に注意し、手指を冷やしながらむくこと。

キレイなゆで卵を作る裏ワザあれこれ

  • 卵の殻に小さな穴を開ける器具を使う
    (茹で上がりに殻をむきやすくなる)
  • 底が平ではないヤカンなどを使う
    (中で卵が勝手に転がり、黄身が中心にあるゆで卵ができる)
  • 火から下ろしてお湯を流した後に、鍋を揺すって卵同士をぶつけて殻全体にヒビを入れる
    (殻がキレイにむける)

3. 火を使わずにゆで卵ができる!?

卵を電子レンジに入れると爆発する理由

電子レンジの特徴は、温める対象物の中心から温めることである。卵が温まると黄身の水分が蒸気化するが、黄身は白身と固い殻とに覆われているため、その蒸気が外に逃げられず熱膨張が起こる。この黄身の膨張によって殻が破裂するのだ。鍋を使っても同じように黄身は温められるが、卵と水を鍋に入れて茹でる場合には卵は外側から少しずつ固くなるため破裂は起こらない。

爆発しない!電子レンジでゆで卵を作る方法

電子レンジでゆで卵を作る方法として、アルミホイルを使うやり方が色々なところで紹介されているが、アルミホイルを電子レンジにかけると火花が出る恐れがあり危険を伴うため、本サイトでは推奨しない。
代わりに紹介したいのがこの方法だ。ただし、卵を割るのでゆで卵というよりはポーチドエッグのようなものになるが、インスタントラーメンに浮かべるなどすれば美味しく頂ける。
① お椀型の耐熱容器に水を入れて卵を割り入れ、卵全体が浸かるように水を足す
② 電子レンジで加熱する
  • 温泉卵は30秒、ゆで卵は1分ほどで完成するが、はじめに30秒加熱して様子を見ながら加熱時間を少しずつプラスすること。
  • ラップで密閉すると爆発する危険性があるため、ラップは使用しないこと。

結論

ゆで卵をキレイに作る調理の裏ワザについて解説した。なんとなく「卵=コレステロール値を上げる」とイメージされがちだが、卵は悪者ではない。ゆで卵のGI値は低く、栄養も豊富だ。また、腹持ちの良さからダイエッターやアスリートにも向いた食べ物と言える。キレイなゆで卵を使って彩りの良い一品を仕上げよう。
「ゆで卵」をもっと知る!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ