このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【塩昆布】の活用方法を紹介!漬け物からトーストまで大活躍!

【塩昆布】の活用方法を紹介!漬け物からトーストまで大活躍!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年7月26日

塩昆布は、ほどよい塩味とぎっしり詰まった旨みが魅力だ。そのまま食べても美味しい塩昆布だが、調味料代わりにも使え、食材の旨みを引き出すこともできる万能食材でもある。今回は、そんな塩昆布の栄養やカロリーをはじめ、美味しい食べ方、簡単レシピ、意外な食材との組み合わせなども紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 塩昆布の栄養とカロリー

漬物やつまみになどにも活躍する塩昆布。ヘルシーなイメージを抱く人も多いと思うが、実際、塩昆布はカロリーが低い。一度に食べる量から考えるとカロリーや糖質はとくに気にする必要はないといえる。昆布は、種類にもよるが、実はたんぱく質が豊富で、ほかにもカリウムやカルシウムなどのミネラル、ビタミンKや食物繊維が多く含まれており、栄養価が高い。塩昆布に加工していく過程で水分が抜けることにより栄養が凝縮されるのだろう。旨みがある塩昆布を上手に活用すればカロリーオフもできる。
この記事もCheck!

2. 塩昆布の美味しい食べ方

昆布を乾燥させ塩を吹かせた塩昆布。そのままでも美味しいのだが、塩気と和風出汁の旨みは、野菜や豆腐の味付けにもよく合う。塩昆布のキャベツ和えや冷奴は、お酒のつまみにもなり、居酒屋では定番のメニューだ。塩昆布はおかずやつまみにとどまらない。意外に思う人もいるかもしれないが、ぜんざいやお汁粉など和菓子と一緒に食べるのもおすすめだ。塩昆布のほどよい塩気と旨みがアクセントになり相性がよい。塩昆布は味付けだけでなく、甘みや旨みを引き立てる効果もある万能食材なのだ。
この記事もCheck!

3. 塩昆布で漬物づくり

ごはんに乗せて食べるとそれだけで美味しい塩昆布は、いろいろな応用で楽しむことができる。おすすめは漬物だ。浅漬けは、塩昆布と切った野菜を袋に入れてもんで混ぜるだけ。漬けてすぐに食べられる。使う野菜は定番のきゅうりや人参、大根など好みのものでよい。野菜が冷蔵庫で余っていたら漬けておくとよいだろう。酢をベースに和風ピクルスや、市販の素に塩昆布を足すだけでも美味しい。塩昆布は保存も効き、便利に使える食材なので大袋で購入するのがおすすめだ。
この記事もCheck!

4. きゅうりの塩昆布和えアレンジ

塩昆布と相性がよい食材といえば、みずみずしいきゅうりだ。きゅうりと塩昆布、ビニール袋さえあれば「きゅうりの塩昆布和え」があっという間に作れる。このきゅうりの塩昆布和えにトッピングを加えるのもおすすめだ。トマト、醤油、かつお節を加えれば、トマトの酸味と塩昆布の旨みが絶妙に合う。また、ヨーグルトを入れて和えれば酸味が加わり旨みが引き立ち、ツナをプラスしてごま油を和えれば食べごたえもアップする。いろいろとアレンジを楽しんでほしい。
この記事もCheck!

5. 塩昆布×キャベツ=無限

「無限キャベツ」はその名の通り、食べると無限に箸が止まらなくなる食べ物だ。切ったキャベツに塩昆布を和えるだけで、ほかに調味料を入れなくても十分に美味しい。また、2つを合わせることで、塩昆布に不足するビタミン類やカリウムをキャベツが補い、キャベツに不足する水溶性食物繊維は塩昆布が補うことができる。栄養バランスの面でも優れた一品になるのだ。ごま油や、ツナ、マヨネーズ、ニンニクなど調味料や食材をプラスしてアレンジするのもおすすめだ。
この記事もCheck!

6. 塩昆布とピーマン

ピーマンと塩昆布は、お互いの旨みを引き出し合う最高の組み合わせだ。この2つを使って簡単に作れるレシピはいろいろある。たとえば「ピーマンの塩昆布和え」は、電子レンジで加熱して和えるだけ。驚くほど箸がすすむ美味しさに仕上がる。ほかには、塩昆布の旨みとバターのコクが美味しい「ピーマンとえのきの塩昆布バター炒め」もある。フライパンで水分を飛ばしながら炒めて味をつけるだけだ。お弁当や夕食の一品にと便利なのでぜひ作ってみてほしい。ピーマンを普段あまり食べない人にもおすすめだ。
この記事もCheck!

7. 塩昆布とトースト

ごはんに乗せたり和えものにしたりすると美味しい塩昆布だが、塩昆布とトーストも実は合う。食パンにマヨネーズを塗り、塩昆布をかけて焼く「塩昆布マヨトースト」や、トーストに塩昆布とチーズをのせて焼く「塩昆布チーズトースト」、バターと塩昆布を組み合わせた「塩昆布バタートースト」もある。手軽にできて美味しいのだが、それだけでは栄養バランスが偏り気味になるので、サラダや卵料理、野菜スープなどを組み合わせるとよいだろう。
この記事もCheck!

結論

塩昆布はそのまま食べて美味しいだけでなく、ほかの食材と組み合わせることで旨みを引き出し、引き立ててくれる万能食材だった。野菜やパンなど幅広い食材との相性もよく調味料代わりにも活用できるので、ぜひいろいろな料理に取り入れてみよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >