このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
トマトのブルスケッタは朝食からおつまみまで活躍!魅力を紹介!

トマトのブルスケッタは朝食からおつまみまで活躍!魅力を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年7月22日

イタリア料理の前菜として人気を集めるトマトのブルスケッタ。パーティーメニューの定番で家族や友人との楽しいひとときを彩る一品だ。バジル・パセリ・黒こしょうをトッピングすれば、より華やかでアルコールのおともにピッタリ。今回はトマトのブルスケッタの特徴と含まれる栄養成分、気になる味わいを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. トマトのブルスケッタの特徴

トマトのブルスケッタは、パーティーに欠かせないイタリア料理の前菜だ。パッと見た感じ、カナッペと似ていると感じる人もいるのでは?ブルスケッタの特徴は下地になるバゲット(フランスパン)をこんがりと焼くこと。その上にトマトのような少し汁気のある食材をトッピングし、カリッと、かつジュワ~ッとした食感を楽しめるのが特徴といえるだろう。

ブルスケッタ作りに使用するトマトは生でも缶詰でも構わないが、ザルにあげ水気をしっかりきること。できれば熟しているトマトや缶詰より、かためのトマトを使用するのがおすすめだ。水気が多いとバゲットのカリッとした食感が楽しめなくなるので注意しよう。バゲットを使用するのは焼いたときに水分の吸収がよくなり、パンがダレないからだ。もし食パンを使用するのであれば、ダレないよう厚めにスライスしてあるものを選んでもらいたい。

トマトのブルスケッタ作りに使用する材料のひとつがオリーブオイルだ。可能であればエキストラバージンオリーブオイルを使用すると、より風味が引き立つだろう。またバゲットにニンニクをこすりつけるのだが、カリッと焼いたあとのほうがこすりつけやすいようだ。

2. トマトのブルスケッタの栄養成分

次にトマトのブルスケッタの栄養成分について紹介しよう。トマトのブルスケッタ作りに欠かせないのがトマトだ。真っ赤なトマトにはたくさんの栄養成分が含まれている。中でもとくに注目を集めているのがリコピンというカロテノイドの一種だ。トマトが赤いのはリコピンの赤で、老化の抑制や生活習慣病を予防する働きがあるといわれている。

ちなみにリコピンのようなカロテノイドは生野菜からの吸収性は低く、同じ量を摂取しても生のトマトより加工品のほうが約2~3倍吸収しやすいという。また油を使用した料理でも、比較的熱に強い性質をもつリコピンの吸収率は高まるようだ。リコピンを効率よく摂取するには加工品を利用するのもよいだろう。

ほかにもトマトには風邪予防効果や美肌効果が期待できるビタミンCや、血流を改善したり生殖機能を維持したり肌や細胞の老化を防止したりするビタミンE、腸内環境を整えたりコレステロール値を下げたりする食物繊維、塩分の排出を促すカリウムなどがバランスよく含まれている。

トマトのブルスケッタ作りに欠かせないオリーブオイルは、オリーブの果肉に含まれる油分から採取されたもので、独特の風味と香りが特徴だ。栄養成分はビタミンEのほか、100gあたりにβ-カロテンを180μg(マイクログラム)と植物油の中でも多く含んでいる。

ちなみにバージンオリーブオイルとオリーブオイルの違いをご存知だろうか。オリーブオイルは精製したオリーブオイルとバージンオイルをブレンドしたものだ。バージンオリーブオイルはオリーブの実を搾りろ過のみ行ったもので、化学処理はしない一番搾りのオイルである。先述したエキストラバージンオリーブオイルは酸度が0.8%以下の最高級のオリーブオイルだ。

3. トマトのブルスケッタの気になる味わい

次にトマトのブルスケッタの気になる味わいを紹介しよう。実際にトマトのブルスケッタを作って食べてみるとバゲットのカリッとした食感が楽しめ、ニンニクの香りが食欲をそそりトマトの酸味もほどよく美味しい。おもてなし料理はもちろん、つまみにもピッタリだ。

レシピサイトでトマトのブルスケッタを食べた人の感想の中には、トマトをオリーブオイルと塩こしょうで和えて冷蔵庫で冷やしておき、食べる直前に焼いたバゲットにのせて食べると美味しいという声があった。ほかにもバジルと組み合わせるとサッパリと味わえるという声もみられる。何より少ない材料で失敗なく作れるのが嬉しいポイントだろう。

結論

トマトのブルスケッタの特徴や含まれる栄養成分、気になる味わいについて紹介した。朝食やブランチをはじめ、ちょっとした集まりや友人を招いたおもてなしランチで食べるのもおすすめだ。作り方も簡単で時短でできるので、ぜひ試しに一度作ってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ