このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
納豆パスタに塩昆布を加えると美味しさアップ!簡単な作り方を紹介

納豆パスタに塩昆布を加えると美味しさアップ!簡単な作り方を紹介

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年7月24日

納豆パスタにぜひプラスしてもらいたい材料が塩昆布だ。塩昆布は万能の調味料としても注目されており、加えるだけで旨みをプラスしてくれるのだ。今回は、そんな塩昆布をプラスした納豆パスタについて紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 納豆パスタに塩昆布を加えると美味しくなる理由

納豆パスタは、納豆の旨みやネバネバ感がパスタに合わさって美味しいといわれているが、そんな納豆パスタをより美味しくするために、塩昆布を加えるのがおすすめだ。もともと塩昆布はたくさんの旨み成分を含んでいることでも知られている。塩昆布には、昆布本来の旨みのほかに、しょう油の風味や砂糖の甘み、塩味などさまざまな味がバランスよく配合されているので、いろいろな料理に活用できる便利な食品だ。そんな塩昆布を納豆パスタに加えることで、簡単なのに旨みがあふれ出す本格的な味わいの和風パスタにしてくれるのだ。

2. 基本の納豆パスタに塩昆布をプラスしてみよう

材料

基本的な納豆パスタに塩昆布をプラスする場合の材料は、パスタ、納豆、塩昆布、しょう油、白出汁、ごま油だ。塩昆布は好みで減塩のものを選ぶのもおすすめだ。

作り方

納豆を付属のタレと混ぜてボウルに入れ、塩昆布としょう油、白出汁、ごま油をよく合わせておく。茹でたパスタをボウルに入れて、具材としっかり和えたら器に盛って完成だ。とにかく、和えるだけという簡単レシピだが、塩昆布の旨みが納豆やパスタと合わさって本格的な和風パスタの味わいが楽しめる。

3. 塩昆布を使ったアレンジ納豆パスタを紹介

玉ねぎと塩昆布の納豆パスタ

納豆だけではなく、玉ねぎを加えることでよりボリュームと食べごたえが加わってより本格的な和風パスタの仕上がりになる。作り方は、玉ねぎを薄切りにし、バターを溶かしたフライパンで玉ねぎがしんなりするまで弱火で炒める。そこに酒とめんつゆ、塩昆布を加えて混ぜ、茹でたパスタを加えて全体をよく混ぜたら、器に盛り付け最後に納豆と万能ねぎをトッピングしたら完成だ。

なすと納豆のパスタ

納豆パスタに素揚げした茄子、塩昆布を加えることで、濃厚な旨みをしっかり感じられるパスタが完成する。作り方は、ボウルに塩と水を入れて半月切りにした茄子を軽く塩もみしてつけておく。茄子のアクが取れたら、水で洗ってよく絞り、180℃に熱した油にさっとくぐらせて素揚げする。ボウルに納豆と付属のタレ、練りがらしを入れて混ぜたら、茹でたパスタ、塩昆布、オリーブオイル、少量の茹で汁を入れて全体を和える。それを器に盛り、素揚げしておいた茄子をのせたら完成だ。もしも納豆のタレがない場合は、しょう油とみりんを煮切ったものを混ぜるといいだろう。

バター塩昆布納豆パスタ

納豆パスタにバターしょう油と塩昆布という最強の組み合わせを使うことで、簡単なのに濃厚な味わいの和風パスタを作ることができる。作り方は、納豆にしょう油を入れてよく混ぜておく。ボウルに塩昆布とバターを入れておき、茹でたパスタと少量の茹で汁を加えてバターが溶けるようにしっかりと全体を混ぜる。皿に盛り、納豆と卵黄、青ネギをトッピングしたら完成だ。食べる際は、卵黄をよく混ぜて味わってもらいたい。バターと塩昆布が絶妙に絡まったパスタの味は絶品だ。

食べるラー油と塩昆布の納豆パスタ

塩昆布を使った納豆パスタに食べるラー油を加えることで、辛みが加わって食欲をそそる美味しさだ。作り方は、茹でたパスタを湯きりしてフライパンに入れ、少量の茹で汁と塩昆布、食べるラー油を加えてサッと炒める。パスタを皿に盛り、付属のタレを混ぜた納豆と卵黄をのせ、好みでねぎや糸唐辛子、白ゴマをトッピングして完成だ。

結論

塩昆布はさまざまな調味料で味が付いているので、それだけでさまざまな旨みが感じられる万能の食材だ。そんな塩昆布を納豆パスタに加えることで、より旨みを感じることができる。塩昆布は納豆パスタに加えるだけなので、手軽にプラスできるのもうれしい。また、塩昆布とともにほかの具材などを足してアレンジしてみるのもおすすめだ。ひと味違った納豆パスタを味わいたいときに、ぜひ塩昆布をプラスしてみてほしい。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ