このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
海鮮丼のたれを工夫しよう!洋風やエスニック風レシピにも味変!?

海鮮丼のたれを工夫しよう!洋風やエスニック風レシピにも味変!?

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年9月15日

美味しい刺身を購入できたから海鮮丼を作ろうと思っても、ふとたれはどうやって作るのだろうかと悩むことはないだろうか。海鮮丼のたれは特別作らなくても、醤油で十分だ。しかし、より魚の美味しさを味わうために、海鮮の種類や気分に合わせてたれを手作りするのもおすすめ。そこでここでは海鮮丼のたれの簡単な作り方や、どんな調味料を使うのがよいか、さらには海鮮丼を気軽に作れるアレンジレシピなどを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 海鮮丼のたれ作りは手間がかからない!

海鮮丼を食べるときに吟味したいのがたれ。海鮮丼を盛り付けたならひと手間を加え、たれも手作りしてみてはいかがだろうか。たれを手作りすると聞くと、時間がかかって難しそうだと思いがち。しかし、じつはすぐに作れるので忙しいときでも挑戦できるのだ。

海鮮丼のたれの簡単すぎる作り方

まずは定番の海鮮丼のたれの作り方を解説する。どんなたれにしようか決めかねているなら、まずはめんつゆとみりん、酒を用意。分量はめんつゆだけが3で、ほかは1:1の割合だ。作るときに気を付けたいポイントは、酒とみりんを先に温めること。これはアルコール分を飛ばしてまろやかにするためである。火を使うのは面倒だが、耐熱容器にみりんと酒を入れて温めるだけなのが嬉しい。そのあとに冷たいままのめんつゆを入れ混ぜるだけ。めんつゆではなく醤油ベースでも定番で楽しめるので好みで決めたい。また、ねぎとろ丼を作るときには、たれの中に顆粒出汁を入れよう。より本格的な味を楽しむことができるだろう。

2. 海鮮丼のたれの材料には何を使う?

海鮮丼のたれを作るときに、調味料を合わせるだけでも確かに作れる。しかし、もっとこだわりたい人は少しだけ入れる材料を増やして味を調えたい。たとえば家族だけで食べるときと、自宅にゲストが来るときで作るたれを変えるのもよいだろう。そこで、たれにもう一品加えるときにおすすめの材料を紹介する。

白出汁

出汁には種類がある。白出汁は主にかつおや昆布出汁に白醤油や薄口醤油などを混ぜたものである。ポイントとしては名前のとおり色が半透明のため、料理に色がつきにくいということが挙げられる。好みで希釈して使おう。たれに白出汁を入れるとしっかりした味わいの海鮮丼を楽しめる。

ごま油

海鮮丼のたれにごま油を混ぜるというイメージがない人もいるかもしれない。ごま油はどんな食材とも合ううえ、香りをよくしてくれるのでおすすめだ。

生姜

食べると口の中がピリリとさっぱりする生姜は、和風料理によく合う。海鮮丼のたれを作るときにも醤油やめんつゆとの相性もよいので、アクセントに入れてみるのもおすすめだ。とくにカツオなどの臭みがある魚のときに重宝する。

蜂蜜

甘めの海鮮丼のたれが好みの人は、みりんではなく蜂蜜を使ってみよう。入れすぎると甘くなるが、ナチュラルな甘さを楽しみたい人は試してほしい。

にんにく

海鮮丼のたれににんにくを入れると、香りも楽しめる。魚介類によって入れてみるのがおすすめだ。

3. 海鮮丼をたれと楽しむアレンジ

海鮮丼は新鮮な魚介類を白飯にのせ、上からたれをかけて食べるのが定番だ。そのままでも魚の旨みを感じられ美味しいが、アレンジレシピを知っていればより食卓がにぎやかになる。こちらでは海鮮丼をたれと一緒に食べるアレンジを紹介しよう。

漬け丼

たれをかけるのではなく、漬けてしまう漬け丼も人気。味がしみ込んだ魚介類と白飯のコンビは最高である。たれは好みで甘くするのがよいだろう。

洋風海鮮丼

海鮮丼は和風だが、洋風を楽しむのもオシャレだ。付け合わせにより洋風にするか和風にするか決めよう。通常通り海鮮をのせたら、ワインビネガーとオリーブオイル、塩や砂糖などで味付けをしたたれを作ってみるのがおすすめ。それだけで一気に洋風感が増す。

エスニック風海鮮丼

少しオリエンタルな味付けをしたいなら、エスニック風がおすすめ。醤油だれにライムを絞ろう。セロリやバジルなどのハーブを香り付けとして、白飯にのせるのが美味しい。白身魚とマッチする。

結論

こちらでは海鮮丼のたれを手作りし、より美味しく食べる方法などをまとめてきた。海鮮丼のたれはじつはいろいろと違い、たれ次第で和風、洋風、エスニックなどバリエーションが増えるのが嬉しい。いつもの海鮮丼にマンネリ化したらぜひ試してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ