このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【マシュマロパン】は2種類ある?それぞれの特徴と作り方を紹介!

【マシュマロパン】は2種類ある?それぞれの特徴と作り方を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年8月 7日

高級食パンが注目されるなど、パンブームの勢いはとどまることを知らない。そのまま食べたり、トッピングをしたりさまざまな食べ方で楽しまれている。ここで提案したいのが「マシュマロパン」だ。マシュマロパンの魅力や作り方、美味しい食べ方など気になる点をすべて紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. マシュマロパンは2つに大別される!

マシュマロパンとはその名の通り、マシュマロとパンを組み合わせたものだ。マシュマロはそのままだとふわふわの食感を楽しめ、加熱すると表面はこんがり、中はトロリと溶けた食感が楽しめる。ここにパンと組み合わせることで、パンのサクサク感やもちもち感との食感の違いも一緒に楽しめるようになり、ますます食べるのが楽しくなる。また、マシュマロだけだと食べごたえがないと感じるかもしれないが、パンと組み合わせることでボリューム感が増し小腹が空いたときにも食べられるようになる。

マシュマロパンは大きく2つに分けることができる。1つは食パンにマシュマロをのせて一緒にトーストして作るマシュマロパンで、もう1つは生地の中にマシュマロを入れて焼きあげたマシュマロパンだ。前者のマシュマロパンのほうが手軽に作ることができるうえ、トッピングの仕方によって見ためもアレンジすることができる。一方、後者のマシュマロパンは生地から作らなくてはならないが、食べたときに中から適度にとろけたマシュマロが出てくるため意外性があって面白い。また、マシュマロと一緒にほかの食材も入れればいろいろな味わいのマシュマロパンを作ることができる。それぞれの魅力や作り方を深掘りしていこう。

2. トーストで作るマシュマロパン

トーストにはジャムやバターを塗るのが定番という人も多いかもしれないが、マシュマロをのせることで簡単ながらも食べごたえバツグンのおやつに大変身する。サクサクしたトーストとマシュマロのトローっとした食感の違いが美味しさを引き立ててくれる。食パンにマシュマロをのせる場合はなるべく隙間なく並べると、マシュマロの白い部分と焼き色の部分のコントラストをはっきりと楽しむことができる。マシュマロが大きすぎると感じる場合は半分の大きさに切って使おう。使うマシュマロの量を減らすことができ、熱も通りやすくなる。

マシュマロをのせて焼くだけでも十分なのだが、トッピングすればさらに豪華なおやつになる。マシュマロ自体の甘さはしつこくないため、トッピングを追加しても味わいの面でも問題ない。焼いたマシュマロパンにチョコソースをかけ、その上にカットしたイチゴやバナナをトッピングすればパンケーキのような見ために変身する。チョコソースだけでなくはちみつや黒蜜などをかけて和風テイストで楽しむのもおすすめだ。

3. マシュマロを中に入れるマシュマロパン

マシュマロが中に入っているマシュマロパンを作りたい場合は、パン生地を作ってその中にマシュマロを入れなければならない。美味しいパン生地を作るには発酵を2回行わなければならないため、作るのは手間と時間がかかるが、店では売っていない味わいを楽しむことができる。

まずパン生地を作る。強力粉と砂糖、塩、卵、バター、牛乳、ドライイーストなどの材料をすべて混ぜ合わせる。1つの塊になったら表面にツヤが出るまでしっかりとこね、ボール状にまとめて1次発酵させる。生地の大きさが2倍になったらガス抜きをしてから適当な大きさに分割し、それぞれを伸ばしてマシュマロを包んで成型する。丸く成型すると見ためもかわいらしいマシュマロパンになる。ちなみにマシュマロをしっかりと生地で包んでおかないと焼いている途中で流れ出てしまう可能性もある。成形したら2次発酵させ、予熱したオーブンで焼いたら完成だ。

ちなみに作る過程でアレンジすることでいろいろな味わいのマシュマロパンを楽しむことができる。たとえばマシュマロと一緒にバターを入れたり、マシュマロの表面にココアパウダーをまぶしてから包んだりすれば食べたときにマシュマロ以外の風味も一緒に味わえる。

結論

マシュマロパンには、トーストにマシュマロをのせたものと、パン生地の中にマシュマロを入れて作るものの2つがある。前者は材料もシンプルで作り方も簡単なので気軽に作って楽しむことができる。一方後者は生地作りからやらなくてはならないため手間と時間がかかってしまうのだが、店では売っていない味わいを楽しむことができる。余裕があればぜひ両方のマシュマロパンを楽しんでみよう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ