このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【管理栄養士監修】マシュマロのカロリーや栄養と糖質|栄養図鑑

【管理栄養士監修】マシュマロのカロリーや栄養と糖質|栄養図鑑

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年8月19日

軽い食感で何個でも食べられてしまいそうなマシュマロ。ちょっと小腹を満たしたいときに食べる人も多いのではないだろうか。しかし食べたあとにカロリーを摂り過ぎてしまったかもと不安に陥ってしまうこともある。ここでは気になるマシュマロのカロリーや栄養、糖質について紹介する。ぜひ食べる際の参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. マシュマロのカロリーはどのくらい?

お菓子といえば高カロリーのイメージが強いが、マシュマロは低カロリーというイメージをもっている人もいるだろう。実際、マシュマロのカロリーはどのくらいかというと100gあたり326kcalとされている。この数値は文部科学省が発行している食品成分表に記載されているもので、市販されているマシュマロのカロリーが必ずしもこの通りだとは限らない。中にチョコやいちごソースが入っているマシュマロの場合、もう少しカロリーが高くなる可能性がある。しかしミルクチョコレートやクッキーのカロリーが100gあたり500kcalを超えているのに比べるとマシュマロのカロリーは低いといってもよいだろう。

正確にマシュマロのカロリーを知りたい場合は、パッケージの裏面の栄養成分表示を確認しよう。複数の商品の栄養成分表示を比較すれば、商品によるカロリーの違いなどを知ることことができるだろう。栄養成分表示は100gあたりで書かれている場合と1袋あたりで書かれている場合がある。比較する際は100gあたりなのか1袋あたりなのかだけはきちんと確認しよう。

2. マシュマロの栄養

マシュマロのカロリーが分かったところで次に気になるのが栄養だ。そもそもマシュマロに栄養が含まれているのか疑問に思うだろう。栄養といっても栄養素の種類は非常に多く、そのすべてを紹介することはできない。まずは三大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質)の含有量を紹介する。食品成分表によるとマシュマロ100gあたりの三大栄養素量は以下のようになっている。
  • 炭水化物:79.3g
  • たんぱく質:2.2g
  • 脂質:0g
マシュマロの嬉しいポイントは、お菓子でありながらまったく脂質が含まれていないという点だ。ただし、チョコやいちごソースなど入っているマシュマロにはチョコやソース由来の脂質が含まれているのを忘れてはいけない。また原材料に卵白を使用しているため、たんぱく質もわずかながら含まれている。三大栄養素は栄養成分表示に必ず記載されている項目なので、購入する商品の正確な値も簡単に知ることができる。

3. マシュマロに糖質は含まれている?

体重制限中に気になるのはカロリーだけではない。糖質制限という言葉が注目されるようになり、糖質量をチェックするようになった人も多いのではないだろうか。マシュマロは低カロリーなお菓子だが、糖質量は意外と多い。そもそも糖質とは炭水化物の一部だ。そのため炭水化物が多く含まれている食品には糖質も多く含まれていることが多い。ただし、糖質と同じく炭水化物を構成する食物繊維が多く含まれている場合は、炭水化物が多く含まれていても糖質量は少なくなる。

マシュマロの場合はどうかというと、炭水化物量は100gあたり79.3gであり、食物繊維はまったく含まれていない。そのためマシュマロの糖質量は炭水化物量とほぼイコールということになる。カロリーと脂質が低いため、体重制限中によい食品と思ってしまうかもしれないが、糖質が多く含まれているため食べる量には注意が必要だ。糖質を控えているときにはマシュマロを食べない、または食べる数を決めて食べ過ぎないようにするといった工夫が必要だ。ちなみに栄養成分表示に糖質量は記載されていないのだが、チョコやいちごソースが入っているマシュマロの場合、中身由来の糖質がプラスされる可能性もある。同じく注意が必要だ。

結論

マシュマロのカロリーは100gあたり326kcalで、チョコやクッキーと比べるとカロリーは低い。また、脂質もまったく含まれないため体重制限中には最適のお菓子のようにも思えるが、糖質量が100gあたりに80gも含まれている。そのため糖質を控えたいときには注意が必要だ。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ