このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【マシュマロヨーグルト】は超簡単!味も食感も変える裏ワザを紹介!

【マシュマロヨーグルト】は超簡単!味も食感も変える裏ワザを紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年8月24日

マシュマロはそのまま食べたりスイーツのトッピングとして使われたりするが、ヨーグルトと組み合わせるとなると違和感を覚える人もいるかもしれない。マシュマロはトヨーグルトと混ぜ合わせると不思議な食感なスイーツへと変貌する。ここではマシュマロヨーグルトの魅力や作り方を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. マシュマロヨーグルトとは?

マシュマロといえばそのままおやつに食べられることもあれば、スイーツやホットドリンクのトッピングにも使われるなど活用範囲は広い。しかしヨーグルトと組み合わせるというのは意外に思う人が多いのではないだろうか。ここでポイントとなるのがヨーグルトにマシュマロをトッピングするのではなく、マシュマロとヨーグルトを混ぜ合わせるという点だ。マシュマロとヨーグルトを混ぜ合わせて時間を置くことでマシュマロとヨーグルトがなじみ、ムースのようなプルンとした食感のスイーツに大変身するのだ。

マシュマロヨーグルトは、マシュマロの甘さとヨーグルトの酸味が合わさってさわやかな風味を楽しめるが、酸味が気になる場合はジャムやはちみつをトッピングして食べるのをおすすめする。もし毎日ヨーグルトを食べる習慣があるものの飽きてしまったというときには、マシュマロヨーグルトを楽しんでみよう。さらにイチゴをトッピングするなど華やかになるよう工夫すれば、ちょっとしたパーティーでふるまうことができる。

2. マシュマロヨーグルトの作り方

マシュマロヨーグルトの作り方はいたってシンプルだ。包丁や火を使わないため、場所を選ばず子どもでも簡単に作ることができる。ただし、マシュマロヨーグルトは冷やさなければならないため冷蔵庫は必須だ。マシュマロヨーグルトを作る際は冷蔵庫内に収納スペースを作っておこう。

用意する材料はマシュマロとヨーグルトの2つのみだ。初めて作る場合は無糖のヨーグルトをおすすめする。調理器具はボウルとヘラを用意しよう。ちなみに少量だけ作る場合は保存用のタッパーとスプーンで作っても構わない。まず、ボウルにマシュマロとヨーグルトを入れて混ぜ合わせる。このときマシュマロの形を潰そうとは思わずにマシュマロとヨーグルトが何となく混ざるくらいで構わない。混ぜ合わせたら密閉するようにラップまたはふたをして冷蔵庫で寝かせる。マシュマロやヨーグルトの量にもよるが、しっかりと固めたいなら1日は寝かせるようにしよう。すこしトロっとした状態でも構わないのであれば5~8時間でも構わない。時間を置くことでマシュマロとヨーグルトが一体になるため、途中でかき混ぜたりする必要はない。好みの固さになったら容器に盛り付けてジャムやはちみつをトッピングすれば完成だ。

3. マシュマロヨーグルトの栄養

ヨーグルトを健康目的で食べている人もいるだろう。マシュマロヨーグルトはヨーグルトをまったく加熱せずに作れるため、ヨーグルト単体で食べるときと同じように整腸作用が期待できる。またヨーグルトが苦手な人でもマシュマロヨーグルトにすることで味にまろやかさが出るので食べやすくなり、効率よく乳製品を摂ることができる。ただし、マシュマロには糖質が多く含まれているため糖質を控えたい場合にはあまりおすすめできない。うまくバランスをとりながら楽しむようにしよう。

結論

マシュマロとヨーグルトを混ぜて冷やすだけでプルンとした食感に変身するマシュマロヨーグルト。包丁や火を使わないため手軽に作ることができるのだが、完全に冷やし固めるには1日必要となるため食べる前日には作っておかなければならない。自分好みにアレンジしながら日々の腸内環境の改善にマシュマロヨーグルトを役立ててほしい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ