このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鶏肉入りうどんのアレンジは無限大!おすすめのトッピングも解説!

鶏肉入りうどんのアレンジは無限大!おすすめのトッピングも解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年11月20日

鶏肉入りのうどんはわりと一般的ではあるが、じつはさまざまなメリットや効果が得られることをご存じだろうか。また、あらゆる野菜や具材との相性もよいため、うどんと鶏肉はおすすめの組み合わせなのである。本記事では、そんな鶏肉入りうどんの魅力について紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 鶏肉入りのうどんは栄養満点!

タンパク質、炭水化物、脂質は人間にとって欠かせない3大栄養素ともいわれている。エネルギーを補ったり、体内のあらゆる活動を行ったりするにはこれらの栄養がかなり重要なのだ。

そして、鶏肉入りのうどんは3大栄養素のすべてを補給することができる食べ物なのである。うどんは炭水化物を豊富に含んでいる小麦粉を原料としているし、鶏肉はタンパク質が豊富で皮の部分には脂質も豊富に含まれている食材なのだ。

ただし、脂質や炭水化物は過剰に摂取してしまうと、肥満の原因になることもあるため摂取量には注意が必要だ。

2. 鶏肉入りうどんの作り方

それでは、鶏肉入りうどんの作り方を解説していこう。少ない材料でボリューム満点なうどんを作れるので、ぜひ参考にしていただけたら嬉しい。

下準備をする

まず、鶏もも肉とネギを一口サイズに切る。具材を切っている間に、鍋に水と鶏がらスープの素を入れて、沸騰をさせておこう。

具材と麺を茹でる

具材や鍋の準備が整ったら、鶏肉とネギを鍋に入れて火が通るまで茹でる。途中でアクが出てくるので、アク取りも忘れずに行おう。その後、冷凍うどんを鍋に入れて、麺が柔らかくなるまで茹でたら火を止める。皿に盛り付けたら鶏肉入りうどんの完成だ。

このまま食べてももちろん問題ないが、黒コショウや七味、ごま油などを加えるとさらに香ばしくてややピリ辛な味へと変化するので、好みで調味料を足すのもおすすめだ。

3. 鶏肉入りうどんと相性のよい具材は?

先述したうどん、鶏肉、ネギだけのシンプルなうどんだと「もの足りない」と感じる人もなかにはいるだろう。そのような場合は以下のような具材を加えると、さらにボリューム満点なうどんに変わるため、ぜひ試してみてほしい。
  • たまご
  • 大根おろし
  • ニンジン
  • ゴボウ
  • わかめ
  • とろろ
  • なめこ
  • 天ぷら/かきあげ
また、やや変わり種ではあるがキムチを入れて韓国料理風のうどんにアレンジをしたり、レモンやパクチーを加えてエスニック料理風のうどんにアレンジをするのもおすすめだ。通常のうどんに飽きてしまった場合にうってつけのアレンジ方法といえる。一緒に加える具材を変えるだけで、うどんのテイストも大きく変化するため、好みの食べ方を見つけてみてはいかがだろうか。

4. 冷やしうどんで作るのもおすすめ!

温うどんだけでなく、冷やしうどんと鶏肉の組み合わせも非常に美味しく、人気が高い。冷やしうどんと鶏肉を使ったアレンジ方法はあるが、本記事では「サラダチキンと冷やしうどんを使ったアレンジ方法」を紹介していく。温うどんと同じく、作り方は非常に簡単なのでさっそく解説していこう。

具材の準備をする

まずプチトマト、サラダチキン、ベビーリーフをそれぞれ食べやすい大きさにカットする。プチトマトに関しては2等分にカットすると見栄えもよくなるのでおすすめだ。また、のりもカットし、刻みのりの状態にしておこう。

うどんの麺を茹でて盛り付ける

具材の準備が整ったら鍋に水を入れて沸騰させ、冷凍うどんを茹でる。麺が柔らかくなったら、火を止めてザルにうどんをあげて、冷水で麺を冷やそう。最後に皿に麺と具材を盛り付け、希釈しためんつゆとマヨネーズをかけたら完成である。マヨネーズを加えることによって、洋風の味わいへと仕上げることができ、サラダチキンとの相性もバツグンになる。

結論

うどんと鶏肉は栄養バランスもよく、さまざまな具材との相性もよいため、アレンジの方法も無限大といっても過言ではない。具材によっては、洋風アレンジやエスニックアレンジにすることもできるため、ぜひ鶏肉とうどんを使ってこだわりの一品を作ってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ