このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
回鍋肉をアレンジして魅力を再発見!おすすめのトッピングは何?

回鍋肉をアレンジして魅力を再発見!おすすめのトッピングは何?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年8月 6日

料理が好きでもアレンジするとなると難しく感じるかもしれない。しかしアレンジができるようになると料理のレパートリーが一気に増える。ここでは回鍋肉のアレンジについて紹介していく。簡単なアレンジばかり紹介するのでぜひ挑戦してみてほしい。アレンジすることで回鍋肉のよさを再発見できること間違いない。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 回鍋肉をアレンジするときのポイント

アレンジというと元の料理の味付けを変えたり、材料を足したりするのが一般的だが、中華料理のアレンジと聞くと難しく感じるかもしれない。その理由は中華料理の味付けに隠されている。中華料理の味付けははっきりしているものが多く、回鍋肉も甜面醤(テンメンジャン)による甘辛い味噌味が特徴的だ。そのため味付けを変えるのが難しい。さらに味を重ねてしまうとさらに濃い味付けになってしまうこともある。

そのため、回鍋肉をアレンジする際は味を足すというよりも味を中和させる、つまりマイルドにさせるのがよいだろう。回鍋肉は味付けが濃いため、続くと飽きてしまう可能性がある。しかし味付けをマイルドにすると、劇的な変化はないものの食べやすくなる。また、具材を足してアレンジすることもおすすめだ。ただし回鍋肉にはすでに肉や野菜がたくさん入っているため、ほかの具材を足すといった少し趣向を変えたアレンジが必要となる。ここでは回鍋肉にある食材を足して主食にするアレンジを紹介する。

2. 回鍋肉にトッピングしてアレンジ

回鍋肉をアレンジする際におすすめなのが卵だ。卵はそのまま・焼く・茹でるなど、さまざまな方法で調理できるのでアレンジ料理にもよく使われる。回鍋肉にトッピングする場合は生のまま使うのがおすすめだ。しっかりとした味付けの回鍋肉でも生卵を加えることでまったりとしたマイルドな味わいに変化する。しかし、大皿に盛り付けられた回鍋肉に生卵を混ぜてしまうと少し見ためが悪い。そこでおすすめなのが、ごはんに回鍋肉をのせ、卵をトッピングした「卵のせ回鍋肉丼」だ。回鍋肉をそのまま丼にしても具材からしみ出たタレがごはんと絡まって美味しいのだが、味が濃すぎると感じることがある。しかし卵と一緒に混ぜ込めばごはんにタレがしみ込みすぎることもなく、あっさりと食べられる。

もう1つトッピングとしておすすめなのがチーズだ。中華料理にチーズと聞くと意外な組み合わせに思うかもしれないが、チーズを入れることによって回鍋肉がマイルドになるとともにチーズのコクによって旨みが増す。フライパンで作る場合には最後にピザチーズを加えてふたをすればチーズがほどよく溶ける。皿に盛った回鍋肉にチーズをトッピングしたい場合は、ラップをしてから電子レンジで温めればチーズがうまく溶ける。

3. 回鍋肉を主食にアレンジ

次に紹介するのは大胆にも回鍋肉を主食にアレンジする方法だ。このアレンジに使う食材というのが麺類だ。うどんや焼きそばの麺を加えて、回鍋肉味の焼きうどんまたは焼きそばを作ってみよう。回鍋肉を作る過程で出る水分には肉や野菜の旨みも含まれており、それらを麺が吸収するため旨みたっぷりの焼きうどんまたは焼きそばになる。

残った回鍋肉を利用して作っても構わないのだが、最初から回鍋肉風焼きうどんまたは焼きそばとして作るのもおすすめだ。作り方は簡単で、肉や野菜が入っておりボリュームがあるため、ほかのおかずを必ずしも用意する必要もない。ゆっくりしたい休日の昼食に最適だ。

結論

回鍋肉に卵やチーズをトッピングすると味がマイルドに変化する。回鍋肉丼にして生卵をトッピングするのもよいだろう。また、うどんや焼きそば麺を回鍋肉に加えて主食にアレンジすることもできる。甘辛い味噌味の焼きうどんまたは焼きそばは簡単に作れるため、忙しいときだけでなくゆったりと過ごしたい休日のごはんにも最適だ。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ