このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
作り置きおかずでメイン料理を豪華に!さらに美味しくなる秘訣とは?

作り置きおかずでメイン料理を豪華に!さらに美味しくなる秘訣とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年8月 9日

作り置きおかずでもっとも重宝するのがメイン料理だ。サラダなどの副菜は時間がないときでも簡単に作れるのだが、メイン料理は作るのに手間がかかるものも多い。メイン料理を作り置きしておくことで、平日の忙しいときでも手早く食事の準備をすることができる。ここではメイン料理を作り置きするときのポイントやおすすめの作り置きおかずを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 作り置きおかずのポイント

作り置きおかずとはその名の通り、作って冷蔵または冷凍保存しておくおかずを指す。作り置きおかずと聞くと特別な調理法や保存法が必要なのではないかと思ってしまうかもしれないが、中にはいつも通り作ったおかずをそのまま冷蔵または冷凍保存するだけでよいものもある。

作り置きおかずで重要となるのが、保存のタイミングだ。メイン料理といえば肉や魚を使っていることが多いのだが、下味を付けたときに保存すればよいのか、それとも加熱してから保存したほうがよいのかなど疑問が生まれるだろう。結論からいうと調理後つまり完成した状態で冷蔵または冷凍するのがおすすめだ。完成状態であれば、食べたいときに電子レンジで温めるだけですぐに食べることができる。唐揚げやコロッケなどの揚げ物も調理後の状態で保存して構わない。オーブントースターを使って加熱すれば揚げ物独特の食感を取り戻すことができる。味付けした状態で保存するとなると味の変化が気になるかもしれないが、長期間保存しなければそれほど味の変化はなく美味しく食べることができる。逆に保存することによって肉や魚にしっかりと味がしみ込み美味しくなることもある。味がしみ込みすぎて濃くなることを防ぎたい場合は、少し調味料を減らして作るとよいだろう。

2. 作り置きおかずにおすすめ!肉のメイン料理

作り置きおかずで定番の肉料理といえばハンバーグや肉団子などのひき肉料理だろう。ひき肉を捏ねたり、玉ねぎなどの野菜をみじん切りにしたりする作業は毎回行うには手間がかかるため作り置きには最適の料理だ。また、ハンバーグや肉団子は好きな大きさに成型することができるため、夕飯用と弁当用などを一度に作ることができる。アレンジがしやすいのも大きな魅力だ。ハンバーグや肉団子にしっかりと下味を付けておけばそのまま食べることもできるのだが、あえて塩こしょうだけにしておけば、食べるときにソースでアレンジすることができる。

もう1つ作り置きでおすすめしたいのが、鶏チャーシューや豚の角煮といった煮込み料理だ。肉の煮込み料理は食べごたえがありメイン料理には最適なのだが、美味しく作るためには下処理が必要な場合もあり、なかなか手を出せない。そのため余裕のある休日に作っておけば、忙しい平日は温めるだけで食べられる。また、煮汁も入れて保存すれば肉に味がしみるため、濃厚な味わいの鶏チャーシューや豚の角煮を食べることができる。煮汁も一緒に入れて保存するため、きちんと密閉できていないと煮汁がこぼれて冷蔵庫の中を汚してしまうことがある。きちんと密閉できていれば保存袋でも構わないが、心配であれば深さのある保存容器を使うようにしよう。

3. 作り置きおかずにおすすめ!魚のメイン料理

作り置きおかずといえば肉料理のイメージが強いが、魚料理の作り置きおかずを作ることもできる。焼き魚をそのまま冷蔵または冷凍するのもいいが、せっかくなら少し手の込んだ魚料理に挑戦してみてはどうだろうか。

まず紹介するのは竜田揚げだ。竜田揚げは揚げるのも大変だが、魚を一口大の大きさに切ったり下味を付けたりする必要があるため、魚料理の中でも手間がかかる料理だ。竜田揚げに必要な材料は鮭や鯖の切り身、下味を付けるための調味料、そして衣となる片栗粉だ。調味料は醤油など家にあるものばかりなので特別に用意する必要はない。できあがった竜田揚げは粗熱をとり、そのまま冷蔵または冷凍保存するだけだ。加熱した魚を冷蔵または冷凍保存すると乾燥してパサパサになってしまうことが多いのだが、衣が乾燥を防ぐためパサパサ感を抑えることができる。

もう1つ紹介したいのが鯖の味噌煮だ。脂ののった鯖の旨みと味噌の味わいが堪らない一品で、作り置きしておけばいつでも食べることができる。鯖の味噌煮も煮汁と一緒に保存すれば、保存中に味がしみ込んでいくため作りたてよりも美味しく食べることができる。また、煮汁が鯖の乾燥を抑えるというメリットもある。鯖の味噌煮も冷蔵と冷凍の両方で保存できるのだが、鯖は傷みやすいため冷凍保存のほうがおすすめだ。

結論

定番のメイン料理も作り置きおかずにしておけば、忙しいときでもちゃんとした食卓を作ることができる。下味を付けた状態で保存することもあるが、完成状態で保存したほうが加熱も楽に済む。また料理によっては味がしみ込み作りたてよりも美味しくなることがある。ハンバーグや豚の角煮、竜田揚げなどさまざまな調理法のメイン料理があるが、どれも冷蔵または冷凍保存することができる。普段の料理もぜひ作り置きおかずにしてみよう。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ