このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
山芋と納豆を使用したやみつき料理!ねばねば好きにはたまらない

山芋と納豆を使用したやみつき料理!ねばねば好きにはたまらない

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年8月16日

今回紹介するのは、山芋と納豆を使用したやみつきになる料理だ。山芋と聞くとすりおろして食べるか短冊切りにして味わうくらいしか思い浮かばない人もいるだろう。山芋を納豆と組み合わせることで、ねばねば好きにはたまらないサラダや、アルコールのおともにピッタリの磯辺焼き、ふっくらかき揚げ、食べごたえのあるグラタンのような美味しい料理を作ることができるのだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 簡単に作れる山芋と納豆の料理【ねばねば和え】

簡単に作れる山芋と納豆を使用した料理のひとつが、ねばねば和えだ。使用する材料は、山芋・納豆・めかぶ・オクラでOK。オクラはへたの部分がかたいため切り落として調理しよう。まず切り口の軸を切り落とす。へたのまわりのがくの部分をぐるっと削るようにむくと見ためがキレイに仕上がる。また軸の根元に1~2本くらい切り込みを入れると火の通りがよくなる。
さらにオクラの表面にはうぶ毛が密生しており、そのまま調理すると舌ざわりがよくないため、塩をふってまな板でゴロゴロと転がして板ずりしうぶ毛を除く。あるいは1本ずつ塩をつけ手でこすってもよい。鍋に湯を沸かしオクラを茹でてザルにあげ、水気をきり小口切りにする。
納豆はそのままでも細かく刻んでもOK。山芋は皮をむき、すりおろすか細かく刻む。あとは器に山芋・納豆・めかぶ・オクラを盛り付ければ、ねばねば和えの完成だ。しょうゆやめんつゆで味付けし、好みで卵の黄身をトッピングし混ぜて食べるのもありだろう。辛い味が好きな人はラー油をたらしてピリ辛にしても。

2. 簡単に作れる山芋と納豆の料理【オクラと納豆のとろろそば】

次に紹介する簡単に作れる山芋と納豆を使用した料理のひとつが、オクラと納豆のとろろそばだ。使用する材料は、そば・山芋・納豆・オクラ・ねぎ・みょうがでOK。山芋は皮をむきすりおろす。オクラは先述した方法で茹で小口切りにする。ねぎは小口切りにし、みょうがは外側の皮が汚れているか傷んでいれば根元からはがすようにむく。1枚ずつはがして使用するときは、根元を少しずつ切り落としてもよい。
みょうがを薬味として使用するときは千切りや小口切りにするが、千切りにする場合は縦半分に切り端から刻むこと。中心の芯の部分を切って取り除くと、つながった部分がないキレイな千切りになる。より丁寧にしたいなら1枚ずつはがして刻んでもOK。小口切りの場合はまな板に横にして置き、端から薄く切る。先端から切ると最後までバラバラにならず切れるだろう。あとはアクが強いので水にさらしておくこと。ただし長くさらすと香りが抜けるので約5分を目安に。
次にそばを袋の表示通りに茹でて流水でもみ洗いし、水気をきって器に盛り付ける。その上に混ぜた納豆・山芋・オクラ・ねぎ・みょうがを盛り付け、めんつゆをかければ、オクラと納豆のとろろそばの完成だ。好みでねぎの代わりにカイワレ大根をのせたり、海苔を散らしたり、青じそをトッピングしたりしてもOK。また刻んだたくあんをのせて食べるとコリコリとした食感を楽しめる。

3. 簡単に作れる山芋と納豆の料理【納豆と山芋のグラタン】

次に紹介する簡単に作れる山芋と納豆を使用した料理のひとつが、納豆と山芋のグラタンだ。使用する材料は、山芋・納豆・マヨネーズ・黒こしょう・パセリでOK。山芋はすりおろし納豆と混ぜ、耐熱容器に流し入れる。好みの量のマヨネーズを上にのせ、オーブントースターで焼けば納豆と山芋のグラタンの完成だ。
完成したら黒こしょうとパセリを散らす。調理時間が10分以内と簡単にできるうえ、少ない材料で作れるのが嬉しいポイントだ。好みでしょうゆをたらして食べても美味しい。いつもの洋風のグラタンに飽きたときにおすすめしたい一品だ。

結論

山芋と納豆を使用したやみつき料理を紹介したが、いずれも材料さえストックしておけば簡単に作れる。ほかにも納豆のせ山芋ステーキや、納豆とろろパスタ、豚しゃぶの納豆とろろドレッシングがけなど、バラエティー豊かな料理を楽しめる。ぜひいろいろな調理方法を試して、料理のレパートリーを増やしてもらいたい。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ