このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
トースターで作るマシュマロのお菓子を紹介!焦げ具合に要注意?

トースターで作るマシュマロのお菓子を紹介!焦げ具合に要注意?

投稿者:ライター 井澤佐知子(いざわさちこ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年9月14日

マシュマロがあらゆる方法で応用されてレシピとして登場するここ最近。なるべく手軽に作ることができるよう、電子レンジなどを使用したレシピも多い。もちろん、各家庭で所有率が高いトースターもマシュマロを使用したお菓子を作るときの大いなる味方である。唯一、マシュマロが焦げやすいという点に配慮しつつ、トースターとマシュマロがタッグを組んだ食べ方をみていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. トースターで作るマシュマロのクッキー

トースターを使えば、クッキーが簡単にできあがることをご存じだろうか。調理道具を取り出し汚すこともなく簡単にできるこのクッキー、過去にはお菓子作りとは縁がなかったという人にも簡単にできる。見ためもなかなかオシャレなことから、簡単なわりに満足度の高いお菓子なのである。

お菓子作りの超初心者向き、マシュマロクッキー

お菓子作りなどしたこともないという人でも簡単に作ることができるもの、それがマシュマロのクッキーである。
基本としては、材料はマシュマロのみ、トースターがあればだれでも作ることができる。トースターの天板にクッキングシート等を敷き、半分に切ったマシュマロを、距離をあけて並べる。溶けだすとマシュマロはくっついてしまうため、この距離を置くことはポイントである。
トースターによって微妙に加熱時間は異なるが、様子を見ながらだいたい7分ほど。トースターから出してすぐのマシュマロはまだ柔らかさが残っているが、熱が取れるとカリッとした食感のクッキーとなる。1杯のコーヒーや紅茶を飲むときに、ちょっと一口として食べるにはほどよい甘さなのである。

チョコレートやアーモンドをのせて楽しむ

上記のマシュマロクッキーに、トッピングをすれば友人が来たときに供するお菓子としても恥ずかしくないものとなる。この場合は、最初からマシュマロに具材をのせてトースターで焼くのではなく、最初に数分マシュマロだけ加熱する。柔らかくなったマシュマロに、トッピングの具材をのせてさらに数分加熱するのである。トッピングするものは、小さく切った板チョコ、アーモンドなど。ナッツの詰め合わせを買ってきて、クルミやカシューナッツなど好みのものをのせて作るのもよいだろう。

フレーバーつきのマシュマロで華やかに

真っ白でシンプルなマシュマロ以外にも、色とフレーバーがついたマシュマロを使えば、女性や子どもも喜ぶかわいらしいクッキーが次々とできあがる。こちらにもトッピングをして、雨の休日などにワイワイ楽しむのも素敵である。

2. マシュマロトースト、その豊かなバラエティー

マシュマロとトースターといえば、大いに話題になっているマシュマロトーストを外すわけにはいかない。バラエティーが多く、次々と新しいレシピがサイトに登場している。その一部を紹介する。

マシュマロトーストの基本

いとも簡単にできそうなマシュマロトーストであるが、じつはマシュマロが真っ黒に焦げてしまうという失敗例も多いのである。
そこで基本となるのは、まずはパンを先にトースターで焼くという作業である。カリッとした食パンに、バターやマーガリンを塗りそこにマシュマロをのせる。その後、もう一度トースターに投入して1~2分ほど焼く。この場合も、トースターによって調理時間は気をつける必要がある。マシュマロの焦げ具合を見ながら、加熱してほしい。

チョコレートクリーム、ジャム、バラエティーは無限

マーガリンを塗ったマシュマロトーストが基本ではあるが、愛好者に人気なのはやはりチョコレートクリームや好みのジャム、ピーナッツバターを使ったタイプである。マシュマロの卵白と砂糖は、あらゆる食材と組み合わせが可能であるため、このほかにも数えきれないほどのレシピが存在する。
黒蜜やあんこを使った和風のタイプから、バナナや季節のフルーツをのせたカフェ風のものまで、アレンジはその都度変えて楽しむことができる。最後に、ココアパウダーやシナモンを散らせば、健康にも寄与してくれる一品になる。

マシュマロトースト、ちょっとした変わり種も

朝ごはんのためにちょっとボリューミーにしたい場合には、マシュマロトーストにとろけるチーズを加える方法もある。また、大人がマシュマロトーストを楽しみたい場合には、ゴルゴンゾーラとともにトースターへ。塩気と甘みが絶妙な、大人向きのマシュマロトーストとなるのである。

3. トースターとマシュマロを活用してパンプディング

パーティーである程度の人数がそろう時には、数枚の食パンとマシュマロを使ってパンプディングはどうだろうか。パーティーとまではいかなくても、子どもの友達が数人家に来たときは、手軽にできるおやつである。
数枚の食パンを一口サイズに切り、牛乳と卵、そして砂糖の液に浸ける。これを耐熱容器に入れて、トースターで15分ほど加熱。一度容器を取り出し、上にマシュマロをのせてさらにトースターで2分ほど。
健康的であるおなかにもたまる理想的なおやつ、子どもたちもワイワイいいながら食べてくれるだろう。

結論

身近にあるマシュマロとトースターの組み合わせで、さまざまな美味しいものが生まれるのはうれしいものである。マシュマロの食感を残したレシピから、まったく変身する調理法まで、選択肢は多い。時間も手間もかからず、洗い物も少なくて済むこの組み合わせ、ぜひ家で楽しんでみてほしい。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ