このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
マシュマロアレンジは幅広い!簡単レシピから本格スイーツまで紹介!

マシュマロアレンジは幅広い!簡単レシピから本格スイーツまで紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年9月 2日

ふわふわとした食感が特徴的なマシュマロは、そのまま食べたり、焼いたりトッピングに使ったりといろいろな食べ方ができるお菓子だ。そのためどうやって食べようか迷うこともあるだろう。ここではマシュマロがさらに美味しくなるおすすめアレンジを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 簡単なマシュマロアレンジ

マシュマロのアレンジ方法といえば焼くのが定番だが、ほかの食材と混ぜるのもおすすめだ。たとえば寒い時期にホットココアやコーヒーにマシュマロを浮かべて飲んでみてはどうだろうか。飲み物の熱でマシュマロが溶け、クリームのようになる。マシュマロが溶けていく過程も楽しめるのが大きな魅力だ。マシュマロの表面を少し焼いてから加えると香ばしさも加わり、また違った味わいを楽しめる。

マシュマロとヨーグルトの組み合わせもよく合う。甘いマシュマロと酸味のあるヨーグルトを組み合わせるのは意外に思うかもしれないが、この2つを混ぜ合わせることでムースのような食感に大変身する。作り方はマシュマロとヨーグルトを混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やすだけと簡単だ。ムースのような食感にするためには長く冷やす必要があるので一晩寝かせるようにしよう。そのままでももちろん食べられるが、さっぱりとした味わいであるためジャムやはちみつをトッピングして食べてもよい。

また、マシュマロを食パンにのせてトーストするだけでボリューム満点のアレンジができる。サクッとした食感のトーストとふわトロなマシュマロの相性はバツグンで、のせて焼いただけなのに立派なスイーツになる。バナナやいちごなどのフルーツをトッピングすればちょっと豪華なスイーツとして楽しめる。

2. 本格的なマシュマロアレンジ

マシュマロのアレンジの幅は意外と広く、マシュマロを使ってまったく違うスイーツを作ることもできる。ここでは「マシュマロチョコプリン」を紹介する。本格的なプリンを作ろうとすると手間も時間もかかるが、マシュマロを使うことで簡単に本格的なチョコプリンができる。必要な材料はマシュマロとチョコ、牛乳の3つのみだ。チョコが入ったマシュマロを使う場合は別途チョコを用意する必要はない。牛乳とマシュマロは温めて混ぜ合わせ、そこに刻んだチョコを加えて全体が均一になるように混ぜる。カップに移し変えて冷蔵庫で冷やし、固まったら完成だ。材料も工程もシンプルであるため忙しいときにも作れるのが嬉しい点だ。

ちなみに同じ材料で作ったものを冷凍庫で冷やせば「マシュマロチョコアイス」に変身する。分量は若干異なるが、作り方はプリンのときと同じで混ぜて冷やすだけだ。アイスクリームメーカーを使わずに作れるため、プリンを作るときに一緒に作ってしまうのもおすすめだ。よりアイスらしい味わいにしたいならば牛乳の代わりに生クリームを使うとよい。牛乳で作るよりもコクが出てくるため、濃厚なチョコアイスになる。もし余ってしまったマシュマロがあるならばぜひ活用してみよう。

3. プレゼントにおすすめのマシュマロアレンジ

手作りのお菓子をプレゼントすると非常に喜ばれるのだが、お菓子作りには時間がかかるためなかなか作れないのが実情だ。しかしマシュマロを使うことでプレゼントにぴったりのお菓子を簡単に作ることができる。ここでおすすめしたいのが「マシュマロクッキー」だ。一般的にクッキーというと小麦粉や砂糖を混ぜ合わせて生地を作り、成型して焼くのだがマシュマロクッキーはマシュマロをそのままクッキー生地にしてしまうのだ。マシュマロを半分の大きさに切り、天板に少し間をあけながら並べる。そのまま120℃に予熱しておいたオーブンで10~15分焼く。この時点ではマシュマロは柔らかいため、ドライフルーツやナッツなどを押し込むようにのせる。トッピングを終えたら再び120℃のオーブンで40~45分焼けば完成だ。じっくりと焼きあげることでふわふわなマシュマロがサクッとした食感に変わる。オーブンに入れておくだけでできるため非常に簡単なのだが、途中で焦げていないか確認することだけは忘れないようにしよう。

また、マシュマロをデコレーションしてプレゼントするのもおすすめだ。ハロウィンのときはチョコペンでマシュマロにお化けの顔を書いたり、バレンタインのときはマシュマロ全体をチョコでコーティングしチョコスプレーでさらにデコレーションしたりなどイベントに合わせてアレンジできるのもマシュマロの魅力だ。

結論

マシュマロのアレンジは幅広く、トッピングやスイーツの材料として使うなどいろいろ楽しめる。プリンやアイスなど普通に作ると手間がかかるものでもマシュマロを使えば混ぜて冷やすだけでできる。マシュマロをうまくアレンジしてスイーツ生活を楽しもう。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ