このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
春雨ときゅうりで作る食べごたえバツグンレシピ!下処理のコツも紹介

春雨ときゅうりで作る食べごたえバツグンレシピ!下処理のコツも紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年9月15日

春雨ときゅうりはとても相性がよく、春雨サラダなどにして食べることが多い。春雨サラダは簡単に作れるようで、じつはコツをおさえなければイマイチな仕上がりになってしまう。今回は春雨ときゅうりを使ったサラダを中心に、美味しいレシピを紹介したい。下処理の方法やコツを掴んで、より美味しい春雨料理を身に付けよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 春雨ときゅうりの下処理方法

春雨

春雨は種類によって火の通り具合が異なるため、袋の裏などに書かれている通りにもどすとよい。熱湯をかけたり、鍋で軽く茹でるなどして柔らかくしておこう。春雨はそのままでは長くて食べにくいので、適当な長さにカットしておこう。少し硬めにもどし、余熱で柔らかくなりすぎないように冷水にさらしてからカットするのがおすすめ。カットしたらざるにあけ水分をしっかりきっておこう。

きゅうり

きゅうりは薄くスライス、もしくは千切りなどにすると春雨と合わせたときになじみやすくなる。また、きゅうりは水分の多い野菜なので、生のまま使うと味付けをしたときに水っぽくなってしまう。そのため、カットしたあとは塩もみをするのがおすすめ。数分たったら水分を絞っておこう。

2. 春雨×きゅうりで作るおすすめおかず

サラダ

春雨ときゅうりを使ったおかずの定番といえば、春雨サラダだろう。下処理をしたきゅうりと春雨に、好みの味を付けるだけで完成。春雨もきゅうりも素材自体の味は薄いので、しっかりと味を付けるのがポイント。ショウガやハーブでアクセントを付けるのもおすすめ。

酢の物

酢の物はサラダよりもさっぱりとした口当たりが特徴。酢を使っているので、疲労回復などの効果も期待できる。きゅうりのシャキシャキ食感と春雨の歯ごたえで、食べごたえもバツグンだ。

炒め物

きゅうりを炒めるのは意外かもしれないが、じつはとても美味しい。炒め物にするときはきゅうりを少し大きめにカットすると、火を通してもしっかり食感が残る。春雨ときゅうりをフライパンでサッと炒めて味を付ければ完成だ。

3. 春雨×きゅうりにピッタリな味付けは?

マヨネーズ

春雨サラダにするなら、マヨネーズがおすすめ。マヨネーズを使えば味も決まりやすく、失敗も少なく済む。きゅうりとも春雨とも相性がよく、マスタードやカレー粉などをプラスしてアレンジしても美味しい。

中華風

サラダや酢の物によく使われる味付けは、ごま油や鶏ガラスープの素を使った中華風。ごま油を加えると香りが豊かになり、薄めの味付けでも美味しく食べられる。中華風の味付けは、炒め物にもおすすめ。

柑橘系でさわやかさをプラス

柚子などの柑橘系をプラスすると、さわやかな味わいの春雨サラダや酢の物が作れる。皮をすって入れたり、柚子胡椒などの調味料をプラスしたりしてみよう。柑橘系の香りが強いポン酢を使っても美味しい。

4. 春雨ときゅうりでアレンジ料理にチャレンジ

春雨で冷やし中華風

中華麺の代わりに春雨を使用し、トッピングにきゅうりやハムをのせた冷やし中華風にチャレンジしてみよう。ゴマダレや醤油ダレなど、好みの味で食べてみてほしい。中華麺よりも軽く食べられるため、食欲の落ちる時期にもピッタリのアレンジ料理だ。

きゅうりと春雨のスープ

生で食べる機会の多いきゅうりだが、スープに入れても意外に美味しい。ベーコンときゅうりを中華風のスープで軽く茹で、春雨を加えればあっという間に完成。ベーコンのほどよい塩気と、きゅうりの食感が美味しいスープが作れる。

結論

春雨ときゅうりといえばサラダか酢の物というイメージが強いが、じつはスープや炒め物にしても美味しいとは驚きだ。味付けや調理法を変えれば、いろいろなアレンジもできる。スープにきゅうりはかなり意外かもしれないが、とても美味しいのでぜひ試してみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ