このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【無限ごま油鍋】の簡単レシピを公開!シンプルなのに箸が止まらない

【無限ごま油鍋】の簡単レシピを公開!シンプルなのに箸が止まらない

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年9月12日

寒い冬を中心によく食べられている鍋。鶏出汁やキムチなどいろいろな味があるのが魅力的だが、その中に「無限ごま油鍋」なるものが存在するのを知っているだろうか。その名の通りごま油を使った鍋なのだが、シンプルで美味しいと話題なのだ。今回はごま油鍋の作り方とともに、おすすめの具材やアレンジを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 無限ごま油鍋とは

無限ごま油鍋は、ごま油の香りが食欲をそそるシンプルな鍋料理。鍋といえば鍋用のつゆを買ってきて作る人も多いが、無限ごま油鍋なら家にある材料で手軽に作れる。シンプルで食べやすく、無限に食べられるほど美味しいことから無限ごま油鍋と名付けられたのだろう。無限ごま油鍋の特徴は、ごま油をたっぷりと使っていること。鍋に多めのごま油を入れて肉や野菜を炒めることで、香りよく仕上げているのだ。味付けは鶏ガラスープの素など塩系の調味料がメインなので、あっさりと食べられるのも大きなポイント。寒い冬ではなく、ほかの季節でも美味しく食べられるだろう。

2. シンプルな無限ごま油鍋の作り方

無限ごま油鍋の作り方は簡単で、ごま油をベースにした鍋つゆに具材を入れて煮込めば完成。まずは鍋に多めのごま油を入れて肉などを炒め、水と鶏ガラスープの素などを加える。野菜やキノコ類など好みの具材を入れたら火が通るまで煮込み、最後に豆腐など崩れやすいものを入れたらできあがり。ベースとなる鍋つゆに必要なのは、基本的にごま油と鶏ガラスープの素だけなので思い立ったらすぐ作れるのも嬉しいポイント。ごま油と相性のよいニンニクやショウガなどを加えても美味しく作れる。そのまま食べても美味しいが、ポン酢に付けて食べるのもおすすめ。野菜をたっぷり入れて肉と一緒に食べれば、野菜が苦手な人でも美味しく食べられるだろう。

3. ごま油と相性バツグン!鍋に入れたいおすすめ具材

葉物野菜

無限ごま油鍋に欠かせないのが、キャベツや白菜などの葉物野菜。葉物野菜は一気にたくさん食べようと思っても、なかなか箸が進まないだろう。しかし、無限ごま油鍋に入れて煮込めばかさも減り、たっぷりと食べられるようになるのでおすすめ。煮て食べるイメージの少ないレタスも相性バツグンだ。

肉類

野菜をたっぷり食べたいなら、肉も一緒に煮込むのがおすすめ。最初にごま油でこんがり炒めておけば、香ばしさもアップする。おすすめは柔らかい鶏もも肉や、ほどよい脂のある豚ロース肉など。鶏肉は一口サイズにカットし、豚肉は薄くスライスされたものを選ぼう。

ねぎ

ねぎも鍋には欠かせない食材の1つ。煮込み始めのシャキシャキ食感も美味しいが、後半に残ったトロトロねぎも絶品。大きめにカットして入れると、煮崩れしにくくなるのでおすすめ。

4. 無限ごま油鍋をアレンジして楽しもう

付けダレをアレンジ

無限ごま油鍋は、付けダレを変えるだけでもいろいろなアレンジが楽しめる。あっさり食べたいときはシンプルなポン酢や、おろしポン酢がおすすめ。こってり食べたいときは、生卵を加えたすき焼きダレで食べると美味しい。タレは市販のものを使用してもよいが、家にあるものでアレンジしながら作っても楽しいだろう。

シメはラーメンで!

無限ごま油鍋のシメは、中華麺を加えたラーメンがおすすめ。少し煮詰まって味の濃くなった鍋つゆにラーメンを入れ、好みで卵を加えて食べよう。ごま油の香りとほどよい塩気が食欲をそそる、絶品ラーメンの完成だ。仕上げにゴマやネギをふりかけても美味しい。

結論

無限ごま油鍋は、鍋つゆがないけど鍋を食べたいときにもおすすめ。家にある材料でササっと作れるのはもちろん、アレンジもしやすく美味しいのでぜひ作ってみてほしい。ちなみに、ごま油を使った鍋を作るときは一般的な茶色いものを使用しよう。香りのない透明なタイプは鍋には向かないので注意が必要だ。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ