このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カニカマは冷凍保存しても大丈夫?品質を保つコツや食べ方も解説!

カニカマは冷凍保存しても大丈夫?品質を保つコツや食べ方も解説!

投稿者:ライター 佐々木このみ(ささきこのみ)

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年9月 2日

カニカマは安くて美味しいだけでなく、その鮮やかな赤色は彩りとしても使うことができるが、一度に使う量は限られているため余らせてしまうこともあるだろう。そんなときは冷凍保存が便利である。カニカマを上手に冷凍する方法や、冷凍したカニカマを美味しく食べるコツを解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カニカマの正しい冷凍保存の仕方

カニカマは、冷蔵では5〜7日程度しか保存することができない。子どもも好きだから...とちょっと多めに買ったけど使いきれなかったカニカマを長持ちさせたい場合は、冷凍保存するとよい。

■保存袋で必ず密閉

1本ずつフィルムで包まれたカニカマは、未開封であればそのまま、開封後であればフィルムごとラップに包み、密閉できる保存袋に入れてしっかりと空気を抜いてから冷凍しよう。カニカマは空気に触れると冷凍焼けしてしまうため、必ず密閉することが大切だ。

■小分けにすると便利

冷凍する際は、1回に使用する分に小分けにしておくと便利である。カニカマは1本ずつフィルムで包まれているので、そのまま冷凍するだけでも、必要な分だけ取り出して解凍できる。ラップに包む際は、2~3本ずつなど使いやすい量に分けてから包んでおくと調理の際に扱いやすい。

■保存期間は約1ヶ月

冷凍したカニカマは、密閉して正しい保存状態のものであれば1ヶ月ほどもたせることができる。それ以上保存すると品質も味も落ちていくため、長くても1ヶ月以内には食べきるようにしたい。

2. 冷凍したカニカマの解凍方法と使い方

カニカマは繊維状の食品のため、空気が入りやすく解凍にもそれほど時間はかからない。

■自然解凍が基本

基本的に冷凍しておいたカニカマは、電子レンジなどを用いず自然解凍して使うとよい。
冷蔵庫に移して3~4時間もすれば半解凍の状態になる。常温に出しておけばすぐに自然解凍されるが、急速に温度があがると水っぽくなりやすいため冷蔵庫でゆっくり解凍する方法が望ましい。また半解凍の状態は、包丁で切る際に作業がしやすいといったメリットもある。

■電子レンジや蒸し器を使う方法も

電子レンジを使ったカニカマの解凍はあまりおすすめしないが、すぐに冷凍カニカマを使いたい場合は、電子レンジに入れ200Wで1分半ほど加熱し解凍する方法もある。また、蒸し器を使えば水分が抜けにくいため食感が変わりにくいが、手間がかかりすぎるというデメリットもある。

■冷凍カニカマは生食には不向き

実はメーカーからは、カニカマを冷凍保存することをあまり推奨されていない。カニカマは冷凍すると食感が変わってしまいやすいからだ。そのため、冷凍したものは生食には向かない。美味しくいただくには、ほかの食材と合わせて加熱調理するとよいだろう。

3. 便利な冷凍カニカマで作る簡単な料理

生食には向かない冷凍カニカマだが、小分けにして保存しておけばさまざまな料理に使えて便利である。いつもの料理に赤みや風味が加わるため、ぜひ活用してほしい。

■卵焼き

適当な大きさにカットして、溶き卵と混ぜて焼くだけで弁当のおかずや朝食にもぴったりな卵焼きに。カニカマに味が付いているため、味付けはしょうゆをほんの少し加える程度で十分だ。

■包み揚げ

ワンタンの皮でカニカマとチーズを包んで油で揚げる。子どものおやつや酒のつまみにもおすすめ。組み合わせる具材を変えればバリエーションも広がる。

■あんかけ

青菜などの野菜と一緒にサッと炒め、鶏ガラスープや塩こしょうで味付けしてから水溶き片栗粉を加えれば簡単なあんかけができる。卵焼きにかけてあんかけオムレツにしたり、両面を焼いた麺にかけてあんかけ焼きそばにしたりと、アレンジしてみよう。

結論

カニカマを冷凍する際には、小分けにして空気が入らないよう密閉することが品質を保つ基本である。生食には向かないため、半解凍くらいの状態まで自然解凍させたら、そのままほかの食材と一緒に加熱調理しよう。冷凍カニカマは使いこなせば便利な食材として重宝するはずだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ