このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
知っているようで知らない?イタリアと日本の食事の違いやマナー

知っているようで知らない?イタリアと日本の食事の違いやマナー

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年9月13日

パスタやピザでおなじみのイタリアだが、実際のイタリア人が毎日ピザやパスタを食べているというわけでは、もちろん、ない。どこの国もそうであるように、イタリアにも独自の食事マナーが存在する。そこで今回は、あらためてイタリアとはどんなところなのか?についてや、日本の食事との違い、および食事マナーを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. イタリアってどんなところ?

イタリアは、ヨーロッパの地中海に面した温暖な気候のところにある。地図上で見ると、イタリアの地形は、長靴のような特徴的な形状をしている。
またイタリアは、極めて長い歴史を誇る国でもあり、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ガリレオ・ガリレイ、コペルニクスなど歴史に名を残す芸術家や偉人を多数輩出している国でもある。
また世界有数の観光地で、首都ローマをはじめ、ミラノ、ナポリ、ベネチア、フィレンツェなど、観光名所が多数存在している。世界遺産保有数が世界一を誇ることでも知られている。
グッチ、ブルガリ、フェンディ、プラダなど、数多くのファッションブランドがある国としても有名だ。さらにサッカーの盛んな国という点も見逃せない。
そんなイタリアに住む人々に対して、「陽気で楽しい」というイメージを持つ人も多い。ただ、厳密には、イタリアは、北と南に分けられ、北と南では、文化や食生活、人々の性格などに大きな違いがあるようだ。温暖といえど、気候にも違いがあり、北と南では、日本でいうと、北海道と沖縄くらいの違いがある。
「陽気で楽しい」というイメージを持たれやすいのは、ナポリをはじめとする、南イタリアに住む人々のようだ。

2. イタリアと日本の食事の違い

イタリアと日本の食事において、最も大きく違う点は、やはり主食になるだろう。日本の主食は米だが、イタリアの主食はパンになる。パスタのイメージが強いので、イタリアの主食はパスタだと思われがちだが、そうではない。パスタをおかずとして、パスタのソースにパンをつけて食べることもある。なお、主食として食べるパンは、ほとんど味がしない。
朝食の内容も、イタリアと日本では、かなり違いがある。イタリアの朝食は、基本的に甘いものをメインに食べる。それだけイタリア人は、朝に糖分を欲しているということになるのだろうか? ビスケットやジャムなどをたっぷりつけたパンと一緒に、これまた砂糖をたっぷりと入れた甘いカプチーノを飲むのがイタリアの朝食の定番であるようだ。カプチーノは、主に朝に、パンなどと一緒に飲む飲み物であって、けして食後や夕食には飲まないようだ。
もちろん、日本でも朝食を菓子パンにコーヒーなどで済ませる人もいるかもしれないが、ごはんに味噌汁、焼き鮭といったような日本の朝食の定番を食する人も多いだろう。多くのイタリア人にとって、朝からそのような塩気の多い食事を摂るのは、理解しがたいことのようだ。

3. イタリアの食事マナー

イタリアの食事マナーで、まず、押さえておきたい点は、パスタの食べ方になるだろう。パスタは、スプーンとフォークを使って、スプーンにのせたパスタをフォークでくるくる巻いて食べるのが正しいマナーだと思っている方も多いかもしれない。しかし、イタリアでは、スプーンを使わずに、フォークだけを使って食べるのが正しい食事のマナーになるようだ。またパスタを、音を立ててすするのは、マナー違反になるのでNGだ。パスタはすすらずに、ひと口大の大きさにして口に運ぶのが正しいマナーになる。
また主食となるパンは、ひと口大にちぎって食べる。パスタのソースにパンをつけて食べるのは基本的にはOKで、多くの場合、マナー違反にはならない。ソースを余らせずにきれいに食べるのがマナーでもあるので、残ったソースをパンにつけて食べるのは理にかなっている。ただし、格式の高いレストランでは、そのような行為は歓迎されない場合もあるので、その点は気を付けたい。
さらにピザにも食べ方のマナーがある。ピザは、1カットずつ皿にとって食べる。2カット目からのピザの取り方は、時計回りにとっていくというのもマナーとして押さえておこう。
ピザは、手で食べてもOKだが、ナイフとフォークを使うことが多い。

結論

イタリアという国の特徴や、日本の食事との違い、およびイタリアの食事マナーについて紹介した。ご理解いただけただろうか?ちょっとしたことではあるが、イタリアの食事マナーを知っておくと、今後、イタリアを訪れた際に、役に立つので、ぜひ押さえておこう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ