このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カシューナッツ炒めにおすすめの献立を紹介!献立の立て方のコツとは

カシューナッツ炒めにおすすめの献立を紹介!献立の立て方のコツとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年9月17日

今回紹介するのは、カシューナッツ炒めにおすすめの献立だ。週末のみならず毎日調理するのであれば、献立を考えるのが面倒という人もいるだろう。献立の立て方のポイントは全体の栄養バランスが偏っていないか、同じような味付けになっていないか、美味しく見えるよう工夫できているかだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カシューナッツ炒めにおすすめの副菜

最初に紹介するのはカシューナッツ炒めにおすすめの副菜だ。おかずの組み合わせが決まらなかったり、同時に何品も作るのが面倒だったり、調理したあとにシンクが洗い物の山だったり、献立作りに悩みはつきもの。献立の立て方のポイントのひとつが、献立全体で栄養のバランスが極端に偏っていないこと。また主菜がカシューナッツ炒めのような炒めものなら、副菜は煮物やサラダのように油をなるべく使用しない調理法でサッパリとしたものを選ぶとよいだろう。
具体的にカシューナッツ炒めにおすすめの副菜を紹介しよう。カシューナッツ炒めが主菜のときにおすすめの副菜が、春雨サラダや茹で卵だ。一緒に炒める食材にもよるが、カシューナッツの色が地味なので、きゅうり・ハム・にんじんを使用して作る春雨サラダは彩りがよくピッタリ。またビタミンCと食物繊維以外の栄養素を含む卵料理は栄養バランスを考えると組み合わせておきたい副菜だ。ただしビタミンCを補うため、カシューナッツ炒めには赤ピーマンを加えよう。カシューナッツ炒めを作りながら、同時に調理できるのが茹で卵を副菜としておすすめする理由だ。
次におすすめの副菜は、アボカドの味噌漬けや、にんじんの塩麹ナムルだ。カシューナッツ炒めの味付けは主にソースやしょうゆがベースなので、味噌や塩麹のように違う味を堪能できる副菜がおすすめ。加えてどちらの副菜も彩りがよく、カシューナッツ炒めと違う食感を楽しめるところもおすすめの理由だ。

2. カシューナッツ炒めにおすすめのスープ

次にカシューナッツ炒めにおすすめのスープを紹介しよう。まずは、サッパリとしたわかめスープだ。カシューナッツのカロリーは100gあたりで576kcalと高カロリーである。食感が好きだからとたっぷり入れると当然カシューナッツ炒めそのもののカロリーが高くなる。低カロリーで栄養成分や機能性成分が豊富なわかめを使ったスープを組み合わせるのがおすすめだ。
次におすすめのスープがミニトマトときのこのスープだ。ミニトマトはカシューナッツに含まれないビタミンAやCを含んでおり、栄養バランスを考えると組み合わせておきたい食材である。きのこもカシューナッツに含まれないビタミンDを含んでおり、低カロリーなのでおすすめだ。
ほかにも栄養たっぷりな根菜と豆腐の味噌汁をはじめ、見た目がキレイなブロッコリーとコーンのミルクスープ、食感が楽しい春雨とチンゲン菜ときくらげのスープもおすすめ。シンプルなもやしスープもおすすめしたいが、見た目が地味なので、映えるような色の器を選んで盛り付けるとよい。主菜・副菜・スープが地味な色になりがちなときは、カラフルな色やオシャレな形の器を選ぶことも、美味しく食べるための大切な要素だ。

3. カシューナッツ炒めのアレンジレシピ

次にカシューナッツ炒めのアレンジレシピを紹介しよう。カシューナッツ炒めのアレンジレシピのひとつがパスタと絡める調理方法だ。マッシュルームやしめじのようなきのこ入りのクリームパスタにカシューナッツ炒めを組み合わせると、さまざまな食感を楽しめるうえ、濃厚でクリーミーな味を堪能できるだろう。
カシューナッツ炒めを作るときにちりめんじゃこを加えて炒め、サラダの上にトッピングして食べるのもおすすめのアレンジレシピのひとつだ。ちなみにカシューナッツ炒めを作るときにつまみ用で販売されている塩味がついたカシューナッツを使用しても構わないが、そのときは合わせ調味料のしょうゆやオイスターソースの量を控えめにすること。料理に使用するときは、できれば塩分や油分が少ない生のカシューナッツを使用するのがおすすめだ。

結論

カシューナッツ炒めにおすすめの副菜やスープを紹介した。毎日の献立を考えるのは簡単なことではないが、コツさえおさえておけば少しずつ慣れていくはずだ。たとえば主菜がサバの味噌煮なら汁物は味噌汁ではなくすまし汁にし、味が同じようにならなければOK。献立作りを楽しみながら実践してもらいたい。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ