このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
オクラとトマトがあればいろいろな料理を作れる!おすすめを紹介

オクラとトマトがあればいろいろな料理を作れる!おすすめを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年9月20日

オクラとトマト、どちらも夏を代表する野菜だ。そのため夏になるとオクラとトマトが常に冷蔵庫に入っているという家もあるだろう。ここではオクラとトマトを使った料理について紹介していく。オクラとトマトだけでもさまざまな料理を作ることができるので、料理のバリエーションが増えること間違いなしだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. オクラとトマトのサラダ、和え物

暑い夏になると食欲が落ちてくるが、オクラとトマトはさっぱりと食べられるため食欲が落ちたときにもおすすめだ。オクラのネバネバとトマトの酸味を活かせる料理で真っ先に思い浮かぶのはサラダや和え物だろう。サラダや和え物は簡単に作ることができ、オクラを茹でる以外は火を使うことがないため作る側のメリットも多い。また、同じ材料、同じ調理法であってもドレッシングを変えたり調味料の配合や組み合わせをアレンジしたりすることでバリエーションを増やすことができるのも大きな魅力だ。
オクラとトマトを和える場合は同じくらいの大きさに切るようにしよう。一口大くらいの大きさにすると食べやすい。また、オクラは切ると断面が星形になるため小口切りにすると見た目もかわいらしい和え物になる。オクラを長めに切る場合はぶつ切りにするのではなく、斜めに切るとオシャレに盛り付けることができる。味付けは、和風に仕上げたい場合は醤油だけでなく塩昆布や胡麻、生姜などを使うとさっぱりしつつも旨みたっぷりの一品になる。大葉を加えると香りも加わるため、ぜひ入れてほしい。また、ドレッシングも上手に活用してみよう。市販のドレッシングでも構わないが、オリーブオイルとポン酢を混ぜ合わせてオリジナルドレッシングを作ってみるのも楽しい。市販のドレッシングにひと味足すだけでもいつもと違う味わいを楽しむことができる。

2. オクラとトマトの炒め物

オクラとトマトを使ってボリュームのある料理を作りたいならば炒め物がおすすめだ。オクラとトマトはどちらも火の通りが早いため、加熱時間が短く済む。しかし、オクラとトマトだけではボリュームたっぷりの一品というわけにはいかない。そこで卵を足してみよう。卵を加えることでボリューム感が増すうえに、オクラの緑、トマトの赤、卵の黄色と彩りも一層華やかになる。
オクラもトマトも炒める場合は下茹でする必要はないため、切ったらそのまま炒めていく。食べごたえのある料理にするために少し大きめに切るとよいだろう。オクラはガクを取り除いたら3等分に、トマトはくし切りにしさらに横に半分に切るくらいがちょうどよい。野菜が切れたら、オクラ、トマト、卵の順番で入れて炒めていく。卵を炒めているうちに野菜に火が通りすぎてしまうのが嫌な場合は先に卵だけ炒めておき、最後に入れよう。味付けはオイスターソースを使って中華風に仕上げるのがおすすめだ。オイスターソースが苦手な場合は鶏ガラや塩でさっぱりめに仕上げてもよいだろう。
ちなみに卵の代わりに豚肉を使えばメイン料理にすることもできる。暑い時期には肉を食べるのも嫌になってしまうかもしれないが、オクラのネバネバとトマトの酸味が豚肉の脂っこさを和らげてくれるためさっぱりと食べられるだろう。

3. オクラとトマトのスープ

オクラとトマトはスープとの相性もよい。スープと聞くとコンソメ味の印象が強いが、オクラとトマトを使うならば中華スープがおすすめだ。トマトの酸味と中華スープの味わいとの相性がよく、互いのよさを引き出してくれる。また、オクラが入ることでスープにトロミがつくためさっぱりとした味わいながらも飲みごたえのあるスープになる。中華スープにする場合はオクラとトマトだけでなく、卵も入れるのがおすすめだ。彩りが鮮やかになるのは当然ながら、卵を入れることでスープの味わいがまろやかになる。沸騰させたお湯にオクラとトマトを入れ再沸騰させたら味付けし、最後に卵を入れれば完成だ。夏は食欲が落ちるため食卓もシンプルになりがちだが、そんなときこそオクラとトマトのスープを上手に取り入れよう。オクラもトマトもあっという間に火が通るため、簡単に一品追加することができて便利だ。
ちなみに、オクラとトマト、卵を使って作る味噌汁もおすすめだ。味噌の味わいにトマトの酸味が加わるため、いつもよりさっぱりとした味噌汁として楽しめる。卵の代わりに豚肉を入れて夏バージョンの豚汁にしてみるのも面白い。豚汁も味噌味にしてしまうと少し重く感じてしまうかもしれないが、生姜が入ったお吸い物仕立てにするとさっぱりと食べることができる。

結論

夏野菜の代表格であるオクラとトマト、この2つがあれば和え物や炒め物、スープなどさまざまな料理にチャレンジすることができる。オクラもトマトも火が通りやすいため、加熱が必要な料理でも短時間で済ませることができる。生姜や胡麻、大葉などさっぱりとした食材と組み合わせればより夏らしいさっぱりとした一品にすることができる。また、卵を組み合わせるとより一層華やかな料理に仕上げられる。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ