このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
オクラとチーズがあればいろいろな料理ができる!おすすめを紹介

オクラとチーズがあればいろいろな料理ができる!おすすめを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年9月 7日

オクラの食べ方はいろいろあるが、チーズと一緒に食べたことがある人は少ないのではないだろうか。オクラのネバネバ食感とチーズのとろけた食感が組み合わさったら美味しいことは間違いないのだが、あまり王道の組み合わせとはいえない。ここではオクラとチーズを使った料理を紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 定番!オクラのチーズ焼き

オクラとチーズを使った料理で真っ先に思い浮かぶのはオクラのチーズ焼きだろう。チーズはそのまま食べることもあるが、調理で使う場合はトッピングとして使われることも多い。チーズをトッピングし、トースターなどで表面を焼けばチーズがほどよく溶けるとともに美味しそうな焦げ目がつくため、見るだけで食欲がそそられる料理ができる。シンプルな料理でありながらオクラとチーズの味わいをたっぷりと楽しめる一品だ。
ここからはオクラのチーズ焼きの作り方を紹介していく。まず必要な材料は、オクラとピザ用チーズ、醤油、かつお節の4つだ。チーズだけでは少し味気ないため醤油やかつお節も用意しておこう。材料が準備できたら最初にオクラの下処理を行おう。オクラは板ずりをして表面の産毛を取り除く。ちなみに板ずりとはまな板に塩をふって、そのうえで野菜を転がす作業を指す。オクラを数本使うだけであれば直接オクラに塩をまぶして指でこすっても構わない。オクラを水洗いしたら、ガク(ヘタの周りにある硬い部分)を包丁で切り取る。オクラは切らずにそのままでも構わないが、耐熱容器が小さい場合は半分の長さに切ってもよい。耐熱容器にオクラを並べたらチーズをトッピングし、そのままトースターでチーズが溶けるまで焼く。オクラは火が通りやすいため下茹でなどは必要ない。チーズが溶けたら醤油を少し垂らし、かつお節をトッピングすればオクラのチーズ焼きの完成だ。

2. 意外!オクラとチーズの和え物

チーズ料理といえば焼いて焦げ目をつけるイメージが多いが、オクラと組み合わせる場合は焼かずにそのまま和えてもよいだろう。和える場合はピザ用チーズではなくクリームチーズを使おう。クリームチーズのほどよい酸味が和え物をさっぱりとした味わいにしてくれる。また、和え物にする場合はオクラを1~2cm幅に切るのだが、短く切ることで星形の断面がはっきりと見えるようになる。オクラとチーズの和え物は意外な組み合わせだが、見た目がかわいらしいため子どもにも人気の一品になるだろう。また、ごはんのおかずとしてだけではなく酒のつまみとしても楽しむことができる。
オクラとクリームチーズだけでは味がもの足りないため、味付けにはチーズ焼きのときと同様に醤油とかつお節を用意しよう。クリームチーズと醤油の組み合わせは不思議に思うかもしれないが、意外とさっぱりとした味わいが楽しめる。オクラは下処理をしたあと、熱湯で茹でる。茹ですぎてしまうと色が悪くなってしまうので、色が鮮やかになったらすぐにザルにあげよう。冷水にさらせば余熱で色が変わるのを防ぐことができる。水気がきれたら1~2cm幅に切っていこう。クリームチーズは1cm角に切っておく。ボウルにオクラとクリームチーズ、醤油を入れて和える。器に盛り付けたら最後にかつお節をのせて完成だ。かつお節を最後にのせたほうが見た目はきれいになるが、和えるときに一緒にかつお節を入れても構わない。

3. オクラとチーズを使ったアレンジ料理

ここまではオクラとチーズだけを使った料理を紹介してきたが、ここからはオクラとチーズに食材をプラスして作る料理を紹介する。その料理とはオクラとチーズの肉巻きだ。肉巻きではスライスチーズを使って作る。
オクラとチーズの肉巻きに使う肉には、薄切りの豚肉がおすすめだ。厚みがあると噛みきるのが大変になるため、なるべく薄いほうがおすすめだ。味付けにはとくに決まりはないが、オイスターソースとマヨネーズを混ぜ合わせたもので味付けするのがおすすめだ。濃いめの味付けが肉にしっかりと絡むのだが、オクラとチーズの味わいは邪魔せず美味しく食べることができる。まずオクラの下処理をする。肉巻きにする場合はヘタも切り落としておこう。次にスライスチーズを豚肉と同じ幅に切る。豚肉の上にスライスチーズとオクラをのせて巻いていく。油をひいたフライパンで焼いていくのだが、必ず巻き終わりが下になるように並べよう。巻き終わり部分を最初に焼くことで形が崩れるのを防ぐことができる。転がしながら満遍なく焼いたら、味付けをして完成だ。
ちなみに、肉の代わりに竹輪を使い、同じ要領でオクラとチーズの竹輪巻きを作るのもおすすめだ。竹輪を切って開いたら、そこにスライスチーズと茹でたオクラをのせ巻いていく。爪楊枝を刺して形を整えたら完成だ。竹輪巻きの場合は焼く必要がないため、より手軽に作れる。

結論

ピザ用チーズがある場合はオクラのチーズ焼き、クリームチーズがある場合はオクラとチーズの和え物、スライスチーズがある場合はオクラとチーズの肉巻きといったように、チーズの種類によって作れる料理が変わってくるため、その違いを楽しむのも面白い。意外な組み合わせかもしれないが挑戦してみる価値はある。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ