このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
オクラの炒め物は切り方で印象が変わる?おすすめの味付けも紹介!

オクラの炒め物は切り方で印象が変わる?おすすめの味付けも紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年9月22日

サッとできる炒め物は忙しいときについつい作ってしまう料理だ。食卓に並ぶことが多いという家庭も多いだろう。しかし食材を変えることでいつもの炒め物がまったく違う料理に見えることもある。ここではオクラの炒め物を紹介する。どんな切り方をしたらよいか、オクラと相性のよい食材や味付けはどんなものかといった疑問に答えていく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 炒めるときのオクラの切り方

オクラはあまり大きい食材ではないため、切らずにまるごと1本使うこともできる。また、切ると断面が星形になるのを活かして、切って調理するのもおすすめだ。同じ料理でもオクラの切り方を変えるだけで印象が大きく異なるのだが、炒め物に使う場合は長めに切るとよいだろう。一緒に炒めるほかの具材と合わせて2~3等分にするのがちょうどよい。細かく切ってしまうと炒めているうちに形が崩れてオクラの中の種が飛び出して見た目が汚くなってしまう可能性があるし、まったく切らずに炒めると大きすぎて食べにくいからだ。
また、オクラを切るときにそのままぶつ切りにしてもよいのだが、できれば断面が斜めになるように切ろう。斜めに切ることで盛り付けたときにオクラの中身がきれいに見え、見栄えよく盛り付けることができる。また、オクラを切るときに悩んでしまうのがヘタの部分だ。ヘタがついているほうが見た目がよいと感じる場合はヘタをつけたままでも構わないが、ヘタの周りにあるガクは硬いため必ず取り除こう。ガクだけを取り除くのが面倒であればヘタと一緒に切り落とそう。ちなみに、切る前にオクラは板ずり(塩をまな板にふり野菜を転がす作業)をしておこう。そうすることでオクラの表面についている産毛を取り除くことができ、食べたときの口触りがよくなる。

2. オクラの炒め物で入れるべき食材とは?

オクラ単体でも独特の食感を楽しむことができるため、ほかの食材を必ずしも入れなくてもよい。しかし、オクラだけでは見た目が寂しくなってしまうので冷蔵庫に食材が余っているならば一緒に炒めてもよいだろう。オクラはネバネバした食感が特徴的だが、味自体はあまりクセがないためほかの食材と組み合わせやすい。とはいっても、できるだけ美味しい組み合わせを知りたいと思うだろう。ここではオクラの炒め物でよく使われる食材を紹介する。
まず紹介するのがエリンギだ。オクラは夏、エリンギは秋の食材であるため旬は少しずれるのだが、エリンギは一年を通してスーパーに並び一緒に購入することができる。オクラと比べてエリンギは弾力があるため食べごたえが出てくる。キノコのもつ旨みも味わうことができ、料理の味に深みが出るだろう。エリンギは炒めているうちに小さくなるため少し大きめに切っても大丈夫だ。
また、メイン料理としてオクラの炒め物を作りたい場合は鶏肉や豚肉を入れるとよいだろう。肉が入ることで一気にボリューム感が増す。ただし肉とオクラでは火の通り方が異なるため、入れる順番には注意が必要だ。肉とオクラを同時に炒めてしまうとオクラに火が通りすぎてしまう。必ず肉を先に炒め火が通ったのを確認してからオクラを炒めるようにしよう。そうすればオクラの色も悪くならず見た目も美味しそうなメイン料理ができる。

3. オクラの炒め物は何味がおすすめ?

オクラの炒め物はオクラ以外に入れる食材や味付けを変えることでバリエーションを増やすことができる。炒め物はついつい同じ味付けになりがちなのだが、いろいろな味付けに挑戦することで新しい魅力を発見することができる。
まず、紹介する味付けはバター醤油だ。バターのコクと醤油の香りが食欲をそそる。ベースが醤油味なので食べやすく炒め物以外でも人気の味付けだ。使用する調味料が少ないため失敗が少ないのも嬉しいポイントだ。バターには有塩と無塩の2種類あるが、バター醤油を作る場合は有塩バターを使うようにしよう。有塩バターでオクラを炒めて最後に醤油を垂らすだけで完成という手軽さも嬉しい。
次に紹介するのは子どもでも食べやすいカレー味だ。オクラは炒めても青臭さが残ってしまうことがあるのだが、カレー味にすることで青臭さを和らげることができる。そのため、野菜嫌いの子どもでも食べやすくなる。使う調味料はカレー粉と塩だけなのでカレー粉が家にあれば作ることができる。作り方も至ってシンプルで、炒めたオクラにカレー粉と塩をふりかけて混ぜ合わせるだけだ。注意点としてはカレー粉を1ヶ所にまとめてふりかけてしまうと味に偏りが出てしまう可能性があるため、全体に満遍なくふりかけるようにしよう。
ここでは紹介しきれなかったが、ほかにも和風、洋風さまざまな味付けがあるので気になる味付けがあればぜひ挑戦してみよう。

結論

オクラの切り方はいろいろあるが、炒め物のときは2~3等分にするのがおすすめだ。その際に断面が見えるように斜めに切ると盛り付けたときにきれいだ。オクラだけでも十分なのだが、エリンギや肉を一緒に炒めるとボリュームが出る。バター醤油やカレー味など味付けを変えるだけでもオクラの炒め物のバリエーションは多くなるのでぜひいろいろな味付けをして楽しもう。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ