このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ごま豆腐のたれに使える調味料は?自宅にあるもので美味しく仕上げる

ごま豆腐のたれに使える調味料は?自宅にあるもので美味しく仕上げる

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年9月25日

日本の伝統的な精進料理のひとつである、ごま豆腐。ごまの香ばしさと独特のねっとりとした食感は、日本人の繊細な舌を満足させる一品である。スーパーなどでも売っているごま豆腐だが、味付けに困った経験はないだろうか。毎回同じたれを使って、飽きてしまったという人もいるかもしれない。今回は、ごま豆腐のたれとして使える調味料をピックアップして紹介。自宅にある調味料を活用して、ごま豆腐の味わいに変化をもたらそう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ごま豆腐のたれの定番「しょうゆ×わさび」

たれのついていないごま豆腐を買ったとき、おそらくほとんどの人が手にするであろうしょうゆとわさび。ごま豆腐といえばわさびじょうゆというイメージをもっている人も多いのではないだろうか。どちらも自宅にストックしてある調味料であり、そのまますぐに使用できるのも魅力である。
しょうゆとわさびは日本人になじみ深い調味料であり、精進料理であるごま豆腐とも相性がいい。しょうゆの原料である大豆とごまの相性はよく、ともにアミノ酸を多く含んでいるので栄養を補助し合うような効果も期待できる。わさびじょうゆをかければ、ごま豆腐のコク深い味わいに、しょうゆとわさびのキリッとした味わいが合わさって、精進料理のよさを体感することができるだろう。
また、たれに少し手を加えて、しょうゆ・わさび・ごま豆腐のハーモニーを楽しむのもおすすめだ。出汁と本みりん、薄口しょうゆを使って作ったたれをごま豆腐にかけ、仕上げにわさびを添えてもまた違った味わいを楽しむことができる。

2. ごま豆腐にぴったりな甘めのたれ「みそ×砂糖」

わさびじょうゆと同じく、ごま豆腐と相性のいい調味料として知られるみそと砂糖。市販のごま豆腐にも、甘めのみそだれがついているのをよく見かける。液体の調味料とは違い、ごま豆腐にしっかりと絡むのがみそだれの特徴だ。ごまの香ばしさに負けない力強い味わいで、たれ自体の旨みもしっかりと感じることができる。
ごまだれを作るのは難しいと考えている人もいるかもしれないが、実は意外と簡単。みそと砂糖、みりんを鍋に入れて混ぜ合わせ、中火にかけながらなじませれば完成する。同じみそだれでも、みその種類を変えたり砂糖の量を変えたりすると、その都度違った味わいを楽しむことができる。ごま豆腐にはみそのたれがいいという人は、ぜひ自宅でたれを手作りして、たれとごま豆腐の旨みを堪能してみてほしい。

3. ごま豆腐の甘みが引き立つ「ポン酢」

意外なところでいえば、ポン酢もごま豆腐のたれとして使える調味料のひとつである。ほどよい酸味のあるポン酢は、鍋のたれや刺身のサラダなどにかける印象が強い調味料。冷奴や湯豆腐の定番調味料であるが、実はごま豆腐にかけると、ポン酢の酸味が豆腐の甘みを引き立て、しょうゆやみそだれをかけたときとは違った味わいになるのだ。
ごま豆腐にはわさびをのせる人も多いが、ポン酢をたれにする場合は、あさつきやきゅうり、レモン、もみじおろしなどの薬味を合わせてみるのがおすすめだ。濃厚な味わいのごま豆腐にさわやかさがプラスされ、さっぱりと味わうことができる。大豆でできた豆腐にはないコク深さと、ポン酢のさわやかさが見事にマッチするので、ぜひ試してみてほしい。

結論

もっちりとした濃厚な味わいが特徴で、ごまの香ばしい香りが口の中に広がるごま豆腐。たれに使う調味料を変えれば、同じごま豆腐でも全く違う印象に変わる。組み合わせ次第で、いままで知らなかったごま豆腐の美味しさに出合えるかもしれない。今回紹介したのは、しょうゆ・みそ・ポン酢とどれも家にある調味料ばかり。自宅にあるものですぐに試せるので、ぜひごま豆腐を買ってきて味わいの違いを楽しんでみてほしい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ