このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
エリンギの肉巻きはボリューム満点!美味しく食べるアレンジ方法は?

エリンギの肉巻きはボリューム満点!美味しく食べるアレンジ方法は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年9月14日

コリッとした食感が特徴のエリンギ。そのエリンギを肉巻きにすることで、ボリューム感もあり、なおかつ健康的な料理になる。また、アレンジ次第で違った味わいを楽しむことも可能だ。ここでは、エリンギの肉巻きをより美味しく食べる方法を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. エリンギとはどんな食材?

まずエリンギについておさらいをしよう。エリンギとは、北アメリカやヨーロッパを原産とするきのこの一種だ。コリコリとした食感が特徴であるが、切り方によって異なる食感が楽しむことができる。アワビのような食感と表現されることもあるそうだ。料理に歯ごたえを加えたいときに使うとよいだろう。

エリンギはクセがなく甘みがあるため、肉や魚などの食材とも相性バツグンである。油との相性もよいため、炒めものにも最適だ。ほかにもエリンギの特徴としては、中性脂肪の吸収を穏やかにする効果や、肝障害を予防する効果も期待できるといわれ、国内はもちろん、海外からも注目を集めている食品だ。

2. エリンギの肉巻きを作る方法

エリンギは味にクセがないことから肉料理との相性もバツグンである。エリンギの肉巻きはエリンギを肉で巻くことにより、食べごたえのある一品が完成する。また、エリンギは加熱しても身がやせないため、肉巻きにしてもボリューム感を保てる料理だ。

エリンギの肉巻きの下ごしらえ

エリンギは包丁を使わなくても、手で簡単に裂くことができる。ただし、大きなエリンギは半分に切ったあと、手で裂くと調理がしやすいのでおすすめだ。エリンギの肉巻きに使う肉は、豚肉の薄切りを使用するのが一般的である。豚肉の薄切りは、比較的安い値段で手に入りやすく、具材の巻きやすさと火の通りやすさもポイントだろう。

エリンギの肉巻きを作る方法

エリンギの肉巻きの作り方を簡単に説明しよう。まずは食べやすい大きさにエリンギを裂く、または切る。薄切り肉を広げ、塩コショウで下味を付けて、エリンギを巻いていく。ごま油をフライパンにひいて、転がしながら火にかける。このとき、肉の巻き終わりを下にするとよい。全体にほどよく焼き色がついたら、タレをからめ味付けをすれば完成だ。レタスや大葉、ネギなどを皿にのせて盛り付けると彩りよく見えるので、ぜひ試してほしい。

3. エリンギの肉巻きのアレンジ術

肉巻きの具材にエリンギのほかにも食材を加えると、さらに美味しくなる。合わせて巻きたい食材と味付けのバリエーションを紹介しよう。

エリンギと合わせて巻きたい食材

エリンギの肉巻きをより美味しく仕上げたいなら、ほかの食材も一緒に巻くことをおすすめする。たとえば、茹でたアスパラガスやにんじん、もやしなどを入れてみてもよいだろう。見た目も華やかになり、より満足感のある仕上がりになる。ほかにも、とろけるチーズを一緒に巻いてみるのもおすすめだ。

味付けのバリエーション

エリンギの肉巻きの味付けのバリエーションを変えて楽しむのもおすすめだ。みりん、酒、しょうゆ、砂糖などを使った和風テイストの味付けが一般的だが、焼肉のタレを使って手軽に味付けをする方法もある。また、さっぱりとした味付けが好みならポン酢とはちみつを使って調味をするとよいだろう。

4. エリンギの保存方法

エリンギなどのきのこ類は、凍らせることで旨みが増す食材だ。買ってきたエリンギは、パックのままで冷蔵庫に保存してしまうと傷むのが早くなってしまう。また、水で洗うとエリンギの風味が失われるので、汚れをキッチンペーパーなどでふき取ってから保存するとよい。冷凍保存する場合はエリンギを食べやすい大きさにカットし、冷凍保存用の袋に入れ、密封して冷凍庫にしまおう。
料理に使う際は、解凍せずに使うのがポイントだ。解凍してしまうと、水分が出てしまうため食感が悪くなる。

結論

歯ごたえがあるエリンギを肉で巻くことで、より満足感の高い料理に仕上がる。食材をプラスしてエリンギと一緒に巻いたり、巻く肉の量を増やしたりして、ボリューム感をあげてもよいだろう。エリンギの肉巻きは、常備菜や弁当にも最適なので、ぜひ作ってみてほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ