このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ひじきと豆腐を使っていろいろな料理に挑戦しよう!副菜にもぴったり

ひじきと豆腐を使っていろいろな料理に挑戦しよう!副菜にもぴったり

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年9月30日

ひじきと豆腐をさまざまな料理に使うことで、ひじきの旨みが豆腐にしみ込んで美味しい副菜を作ることができる。煮物からサラダまでいろいろな料理を作れるので、ひじきと豆腐を使った健康料理を食卓に並べてみてはいかがだろうか。今回は、おすすめのひじきと豆腐を使ったさまざまなレシピを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ひじきと豆腐を使った定番料理

■ひじき入り炒り豆腐

作り置きメニューとしてもおすすめなのが、ひじき入りの炒り豆腐だ。甘辛の味付けでごはんの進む最高の副菜になるだろう。作り方は、ひじきを水で戻し、熱湯でさっと茹でて水気をきっておく。木綿豆腐はペーパータオルに包んで電子レンジで加熱し、粗くほぐしておく。鍋にサラダ油をひき、ひじきと人参の千切りを炒める。そこに豆腐を加えてサッと炒めたら醤油、砂糖、みりん、和風顆粒出汁を入れて汁気がなくなるまで炒めたら完成だ。

■豆腐とひじきの炒め煮

さまざまな具材をたくさん使った具だくさんの炒め煮だ。彩りもいいので弁当のおかずや作り置きおかずとしてもピッタリだ。作り方は、フライパンにごま油をひいて鶏の挽肉をほぐしながら炒め、そこに電子レンジを使って水きりした豆腐とれんこんやしいたけの薄切り、油揚げを加えて炒めていく。豆腐はつぶしながら炒めよう。味付けは粉末の和風出汁と砂糖、みりん、酒、醤油を加えて煮込んでいく。最後に茹でて皮をむいた枝豆を加えてサッと煮たら完成だ。

2. ひじきと豆腐を使ったサラダ

■ひじきと豆腐のサラダ

ひじきと豆腐をサラダにすることで、さっぱりとしたヘルシーな味わいが楽しめる。一味唐辛子を加えるとピリ辛の味わいになるので、酒のつまみとしてもおすすめの一品だ。作り方は、木綿豆腐を2cm角にカットしたら、熱湯でサッと茹でてザルにあげておく。水戻ししておいたひじきと薄切りした玉ねぎ、人参の細切りを鍋でサッと茹でる。茹であがったらザルにあげて冷ましておく。ボウルに醤油、酢、砂糖、ごま油、一味唐辛子、いりごまを入れてよく混ぜ、豆腐、ひじき、野菜を加えて全体を和えたら完成だ。

■豆腐とひじきの中華サラダ

ひじきや豆腐などの和食材も豆板醤などで仕上げることで、コクのある中華風サラダに変身する。作り方は、豆腐と水で戻したひじきをそれぞれ熱湯でサッと茹でて、ザルにあげておく。ボウルに千切りした人参、ツナ缶、手でくずした豆腐、ひじきを入れて、マヨネーズとオイスターソース、豆板醤、砂糖、醤油、ごま油、生姜のすりおろし、酢を合わせたドレッシングで和えたら完成だ。

3. 電子レンジで作れるひじきと豆腐を使ったレシピ

■ひじきの白和え

和食で人気の副菜である白和えも、電子レンジを使って簡単に作ることができる。作り方は、水で戻したひじきと千切りした人参をそれぞれ電子レンジで加熱しておく。豆腐はキッチンペーパーに包んで、電子レンジで加熱し水きりをしておく。ボウルに豆腐をくずしながら入れ、ひじき、人参、練り白ごま、和風出汁、砂糖を入れてよく混ぜ合わせ、器に盛り付けたら完成だ。さっぱりとした味わいなので、料理の箸休めとしてもおすすめだ。

■豆腐とひじきのレンジ蒸し

豆腐と卵を合わせ、ひじきを加えてレンジで蒸しあげることで、ふわふわの絶品蒸し料理が完成する。ヘルシーなので、体重制限中にもおすすめだ。作り方は、ボウルに豆腐を入れてなめらかになるまで混ぜたら、溶き卵と鶏むね挽肉、水戻ししたひじき、塩を加えて混ぜ合わせる。深めの皿に材料を流し込んだら、ラップをふんわりとかけて電子レンジで様子を見ながら、全体に火が通るまで加熱する。その間に鍋に水とポン酢、砂糖、すりおろし生姜、片栗粉を入れて生姜の甘酢あんを作っておく。電子レンジで加熱した豆腐にあんをかけたら完成だ。ふわふわ食感がクセになる絶品の蒸し料理が完成するだろう。

結論

ひじきと豆腐は調理法次第で、さまざまな料理を作りあげることができる。シンプルな煮物からさっぱりとした味わいが魅力のサラダ、さらには電子レンジで作れる簡単料理もあるので、あと一品ほしいときなどに作ってみるのもおすすめだ。ヘルシーで栄養価も高く、ごはんの進むおかずばかりなので、ぜひ試してみてもらいたい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ