このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ナンプラーの代用品を紹介!アンチョビやオイスターソースで解決!

ナンプラーの代用品を紹介!アンチョビやオイスターソースで解決!

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年9月16日

タイをはじめとする、東南アジア系の料理には欠かせないナンプラー。独特の香りを放つ調味料のため、ほかのもので代用するのは難しいと感じる人も多いだろう。しかし、実はナンプラーがない場合は、醤油やアンチョビで代用することができるのだ。実際の代用ナンプラーの作り方や、使い方を見ていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ナンプラーの代用品ってあるの?

ナンプラーは独特の風味がある調味料だが、どのように作られているか知っているだろうか。原料となるイワシなどの青魚を塩で漬け込み、発酵・熟成させてできるのがナンプラーだ。魚の内臓などが発酵したときの独特の香りが特徴的で、好みが分かれる調味料。魚を原料にして作られていることから「魚醤」と呼ばれ、ナンプラーはタイで主に使われているのでタイの魚醤としてなじみがある。日本でよく使われている醤油などと比べ、かなりクセが強いので代用できるものはないように感じてしまう。しかし、実際には家によくある材料でも簡単に代用品ができるのだ。それでは早速、ナンプラーの代用品を見ていこう。

2. ナンプラーを醤油で代用する方法

まずは日本人になじみのある醤油を使った代用ナンプラーの作り方を見てみよう。

・醤油+鶏がらスープの素+レモン汁

醤油を使った代用方法にはいろいろなものがあるが、手軽に作れるのは鶏がらスープの素とレモン汁を組み合わせる方法。作り方は簡単で、材料を混ぜ合わせるだけで完成。特有のクセや独特な香りがないため、ナンプラーが苦手な人にもおすすめ。

・醤油+オイスターソース

醤油にオイスターソースを加えると、ナンプラー特有の魚の香りや旨みを表現できる。オイスターソースは甘みが強いため、塩や鶏がらスープの素などで塩味をプラスするとバランスがよくなる。

・醤油+アンチョビ

アンチョビは塩漬けのカタクチイワシのことで、ナンプラーの魚の香りと塩味を代用するのにピッタリな食材。細かく刻んでペースト状にしたアンチョビに、醤油を加えるだけでナンプラーの代用品が完成する。

3. ナンプラーと同じ魚醤の「しょっつる」で代用

魚醤は海外の調味料というイメージが強いが、じつは日本にも美味しい魚醤が存在する。秋田県が発祥の魚醤「しょっつる」は、ハタハタという魚を原料にして作られた魚醤だ。ハタハタはクセの少ない魚なので、同じ魚醤でもクセが少なくて使いやすいのが大きな特徴。とはいえ、魚を発酵させて作る調味料という点は同じなので代用品として十分使えるだろう。しょっつるはナンプラーよりも魚の風味が少なく、独特の香りが苦手な人にもおすすめの調味料。逆に香りがもの足りないと感じる人は、アンチョビや塩辛などクセの強いものをプラスして使ってもよいだろう。

4. 代用ナンプラーで作るガパオライス

東南アジア系の料理の中でも定番なのが、ピリ辛で美味しいガパオライス。フライパンににんにくと油を入れて炒め、香りが出たら好みの野菜とひき肉を炒める。仕上げに醤油や豆板醤、ナンプラーやオイスターソースで味を付ければガパオライスの完成だ。ガパオライスはナンプラーの香りが特徴の料理だが、今回紹介した代用ナンプラーを使って作るとあっさりとしていて食べやすい味わいに仕上がる。しょっつるを使うと、やや和テイストのガパオライスに仕上がるだろう。ナンプラーが少し苦手だけど、ガパオライスが食べたいという人にも代用ナンプラーはおすすめ。独特の香りを抑えつつ、本場の美味しさを楽しむことができる。

結論

ナンプラーはタイを代表する調味料だが、家に常備している人は少ないだろう。タイ料理などのエスニック料理を食べたいけれど、ナンプラーがないときにはぜひ今回紹介した代用ナンプラーを活用してみてほしい。醤油にいろいろな調味料や食材を加えるだけでも簡単に代用できるので、困った際には試してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ