このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
海鮮丼の作り方を解説!酢飯の作り方や酢飯を使わない方法も!

海鮮丼の作り方を解説!酢飯の作り方や酢飯を使わない方法も!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年10月27日

たくさんの刺身がのった豪華な海鮮丼。店で食べるのはもちろん美味しいが、自宅でオリジナル海鮮丼を作りたいと思ったことはないだろうか。海鮮丼は基本の作り方さえ覚えれば、さまざまなアレンジができるのが魅力。今回は海鮮丼に使う酢飯やタレの作り方、おすすめの具材などをまとめた。酢飯を使わず作る方法もあるので、あわせてチェックしてみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. プロに負けない絶品海鮮丼の作り方

海鮮丼を美味しく作るには、酢飯とタレが肝心。まずは、それぞれの基本の作り方を見ていこう。

すし酢の基本配合

海鮮丼の肝となるのが酢飯。酢飯は上手く作るのが難しそうなイメージがあるが、じつはすし酢の配合さえ覚えればそこまで難しくはない。酢、砂糖、塩を4:2:1で混ぜると基本のすし酢が作れる。砂糖を多めにすると甘めに、塩を増やすと塩味の強いすし酢が作れる。使う酢は米酢や穀物酢など、好みのものでOK。熱々のご飯にすし酢をかけ、うちわなどであおぎながら切り混ぜよう。

海鮮丼のタレの作り方

海鮮丼は醤油をかけて食べても美味しいが、オリジナルのタレを作れば美味しさがグッとアップする。同量程度のみりんと酒を小鍋に入れて火にかけアルコールを飛ばし、醤油を加えてなじませればコクのあるタレの完成だ。

仕上げ

酢飯を椀に盛り、好みの海鮮をのせてタレをかければ美味しい海鮮丼の完成だ。好みでゴマやネギ、大葉などを盛り付けて楽しもう。

2. 人気の具材でお好み海鮮丼の作り方

海鮮丼のネタといえば、新鮮な刺身の数々。刺身にもいろいろな種類があって、どれにしようか迷ってしまう。悩んだときは、人気のネタや組み合わせで美味しい海鮮丼を作ってみよう。

サーモン&いくら

サーモンといくらの組み合わせは定番中の定番。海鮮親子丼として提供している店もたくさんあり、人気の組み合わせだ。キラキラ輝くいくらと脂の乗ったサーモンを一緒に食べると、口の中は幸せいっぱいになるだろう。

ネギトロ

ネギトロも人気ネタの1つ。たっぷりのネギトロに卵黄をのせ、甘辛いタレをかけてユッケ風にするのもおすすめ。卵黄とネギトロが口の中で合わさって、トロっととろける美味しさだ。

マグロ

マグロも海鮮丼や寿司のネタとしては定番だが、選ぶ部位によって味わいが変わる。赤身ならあっさりとした味わいに、トロや大トロなら脂の旨みをしっかり感じられる。異なる種類の部位を組み合わせ、贅沢なマグロ丼を作ってもよいだろう。

貝類&エビ

人気のホタテはもちろん、つぶ貝や赤貝もおすすめ。コリコリ食感の貝類を海鮮丼に加えれば、マグロやサーモンとの食感の違いも楽しめる。ボイルしたエビはプリっとした食感で、よいアクセントになる。濃厚な甘みを感じる甘エビと組み合わせて使うのもおすすめ。

3. ご飯で簡単な海鮮丼の作り方

酢飯を作るのが大変な場合は、ご飯を使って海鮮丼を作るのもおすすめ。海鮮丼といえば酢飯のイメージがあるが、白いご飯でも美味しく仕上がる作り方を紹介しよう。酢飯はすし酢をかけてから冷まして使うのが基本。白ご飯を使う場合は炊きたてを使うと、刺身が温まってしまうので注意しよう。炊いたご飯を大きめの器に入れ、濡れ布巾などをかけて冷ますと、ご飯が固くなりにくいのでおすすめ。冷めたご飯を器に盛り、好みの刺身をのせてタレをかければ完成。白ご飯では物足りないと感じる場合は、もともと味の付いたいくらの醤油漬けなどをトッピングすると旨みがアップ。タレをかけるのではなく、刺身をタレに漬けておいて漬け丼にしても美味しい。

結論

海鮮丼は酢飯とタレさえ美味しく作ることができれば、あとは好きな具材を用意するだけでOK。作り方も意外と簡単なので、ぜひ自宅で自分だけの贅沢海鮮丼を作ってみてほしい。使う具材や、タレと酢飯の配合を変えるとまた違った味わいの海鮮丼も楽しめる。ネギやゴマといったトッピングにもこだわれば、より美味しく贅沢な海鮮丼が作れるはずだ。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ