このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
知らないことも多い?韓国と日本の食事の違いやマナーを解説!

知らないことも多い?韓国と日本の食事の違いやマナーを解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年9月28日

日本の隣国でもある韓国は、日本とよく似ていて親しみを持てる部分もたくさんある一方、違っている部分もたくさんある。あまりに身近な国すぎて逆に見えない部分もあるだろう。そこで今回は、あらためて韓国とはいったいどんなところか?日本との食事の違いや、特筆すべき食事マナーについてお伝えしよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 韓国ってどんなところ?

韓国は、東アジアにある朝鮮半島の南側に位置し、日本にとても近い国である。韓国の正式な国名は、大韓民国になる。歴史のある国で、隣国同士ということもあり、古くから日本とは深いつながりがある。

韓国の国土面積は、約10万km2で、日本の面積の4分の1くらいになる。人口は、2019年の5165万人をピークに、減少していくと推計されている。全人口に占める65歳以上の割合が多く、日本と同様に少子高齢化の傾向にある。

韓国は、日本と同じ四季があるが、韓国の冬は日本に比べるとはるかに寒い。12~2月は、最高気温が0℃を下回る日も多い。場所によっては、氷点下10℃まで下がることもある。これは、シベリアからの冷気が、大陸を伝って直接流れ込むためだ。日本の場合は、いったん日本海の暖流を経由する際に、暖流によって冷気が温められるため、いくぶん寒さも和らいでいる。

ただ、韓国の室内には、オンドルと呼ばれる床下暖房が設置されているため、冬でも暖かく過ごせるようだ。

また、韓国は美容大国としても有名で、とくに美意識の高い女性たちの間では、コスメやエステ目当てに韓国旅行をすることが当たり前になっている。

2003年の韓国ドラマ「冬のソナタ」により爆発的な韓流ブームが巻き起こったことは、まだそれほど記憶に遠くない。

2. 韓国と日本の食事の違い

国が違うのだから、韓国と日本に食事の違いがあるのは、ある意味当然のことといえるかもしれない。数ある韓国と日本の食事の違いの中で、やはり特筆すべきは、唐辛子の扱い方になるだろう。
日本では、唐辛子は、薬味として少量を使うといった使い方が主流だが、韓国では、唐辛子は、調味料として毎日の料理に欠かせない存在だ。キムチをはじめ、チゲやビビンバ、トッポギなど代表的な韓国料理には、唐辛子がふんだんに使われている。とにかく韓国における唐辛子の使い方は、日本における唐辛子の使い方に比べると、尋常でないレベルといえそうだ。

韓国では、幼い頃から、唐辛子がたっぷり入ったキムチを食べているので、辛いものを食べ慣れている。ただ、韓国で作られる唐辛子は、日本で作られているものとは違い、辛味だけでなく、旨味や甘味などもしっかりと感じることができる。そのため、調味料としての役割を十分に果たせるようだ。

韓国で、唐辛子がふんだんに使われるのは、身体を温めるためという理由もある。前述の通り、韓国の冬はとにかく寒い。唐辛子の成分であるカプサイシンには、血行をよくして身体を温める働きがある。寒さを乗り切るために、唐辛子をふんだんに使った料理を自然とたくさん食べるようになったようだ。

唐辛子と同様に、身体を温める働きのあるにんにくも、韓国料理には、ふんだんに使われている。その点も日本の食事との違いとして押さえておくべきだろう。

3. 韓国の食事マナー

韓国は、主食に米を食べ、箸を使うという点は、日本と同じだ。しかし、箸の使い方や食器の使い方についてのマナーは、日本のマナーと大きく異なっている。

通常、日本では、ごはんが盛られた茶碗を手で持ち上げて、箸を使って食べるが、その食べ方だと韓国ではマナー違反になる。

韓国では、ごはんの入った食器は持ち上げずに食べるのがマナー。しかもごはんを食べる際に使うのは箸ではなくスプーンだ。汁物もスプーンを使う。箸を使うのは、おかずをとるときだけ。そのため、箸を使ってごはんを食べたり、汁物を飲んだりするのは、韓国では失礼な行為になるようだ。

通常、日本では、いわゆる「ねこまんま」といわれ、味噌汁などの汁物をごはんにかける食べ方は、行儀の悪い食べ方だと考えられている。しかし、韓国では、そのような食べ方は、日常的な食べ方としてごくごく普通に受け入れられているようだ。

また、目上の人と一緒に食事をする際には、必ず、目上の人が食べ始めてから食べ始めるというのも、韓国では重要な食事マナーになる。目上の人が食事を終えたら、それに合わせて自分も食事を終わらせなければならないし、目上の人より先に食事を終わらせてはいけないという点もマナーとして押さえておこう。

結論

韓国が実際どんなところなのか?日本との食事の違いや、韓国特有の食事マナーについてお伝えした。ご納得いただけただろうか?今回の記事によって、韓国に対して、何か目新しい発見をしてもらえたのなら、うれしい限りだ。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ