このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
オクラはレンジで加熱しても大丈夫?注意点やおすすめ料理を紹介!

オクラはレンジで加熱しても大丈夫?注意点やおすすめ料理を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年10月 7日

時短料理で大活躍する電子レンジ。時間のかかる野菜の加熱にも使えるのだが、野菜によって注意すべき点や加熱時間が異なるため実際に活用しようとなると迷ってしまう部分が多い。ここでは夏野菜のオクラをレンジで調理するときのポイントや注意点をピックアップして紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. オクラはレンジで加熱できる?

電子レンジは短い時間で食材を温めることができるが、食材によっては加熱できないものもある。オクラは中が空洞でネバネバしており、レンジにかけてよいものかどうか迷ったことはないだろうか。結論からいうとオクラはレンジで加熱できる。
オクラは生で食べることもできる野菜なのだが、加熱して食べることが多い。オクラはサラダや和え物で食べられることもあり、その際も必ず茹でてから使う。オクラ自体は火が通りやすいためサッと茹でるだけで食べられる状態になる。しかし、オクラが主に流通する夏の時期はオクラを茹でるためのお湯を沸かすだけでも面倒だと感じるだろう。そんなときはぜひレンジを活用しよう。オクラをボウルや皿に入れてレンジで温めれば暑い思いをせずに加熱できる。気になる加熱時間は、食感をどれだけ残したいか、オクラを何本温めるかによって多少前後するが、600Wで1分を目安に。加熱してみて硬いと感じたら10秒ずつ追加して様子を見よう。オクラの状態によっても加熱時間は変わるため、何度か温めてちょうどよい時間を見つけるとよいだろう。

2. オクラをレンジで加熱するときの注意点

レンジを使いこなせるようになると調理が簡単になる。そのため、レンジが家にあるならば積極的に使ってほしい。ただし、レンジで野菜を加熱するときにはいくつか注意する点がある。たとえばラップをかけるべきかどうかといった点だ。食材によってラップをかけたほうがよい場合もあれば、かけてはいけない場合もある。オクラの場合はどうかというと必ずラップをしよう。ラップをしなくてもオクラを温めることはできるが、オクラが乾燥してしまうのだ。乾燥してもオクラを食べることはできるが見た目はあまりよくない。
また、オクラを温めるときに気になるのがオクラを切ってから温めるか、または温めてから切ったほうがよいのかという点だ。お湯で茹でる場合はオクラのネバネバがお湯の溶けだすのを防ぐために茹でてから切るのが一般的なのだが、レンジを使う場合はどちらでも構わない。だが、おすすめは切ってからレンジで温めるという順番だ。温めてから切るとなると粗熱をとる時間が必要になる。しかし、先に切っておけば温めたオクラをそのまま料理に使うことができる。また、オクラをまるごと1本温めるのでは大きめの皿やボウルを用意しなければならないが、切ったオクラであれば小さめの皿やボウルに入れることができるといったメリットもある。

3. レンジを使ってオクラ料理を作ってみる

レンジを使えばオクラを簡単に加熱できるが、それだけでは料理とはいい難い。ここではオクラをメインにした料理を紹介していこう。オクラといえば和え物料理が定番で、ネバネバ食感を余すところなく堪能できる。オクラだけで和え物を作る場合はレンジで加熱したオクラに調味料を加えて和えるだけで作れる。
また、ボウル1つの中で加熱と和えるという作業を終えられるので洗い物も少なくて済む。肝心の味付けだが、出汁と醤油で少し味付けするだけでも十分だ。出汁と醤油だけではもの足りないと感じる場合は、ツナを使うのがおすすめだ。ツナを混ぜるだけでジューシーさと旨みが増す。醤油の代わりにポン酢を入れればさっぱりとした味わいを楽しめる。
レンジで加熱したオクラを使ってオクラの肉巻きを作るのもおすすめだ。レンジを使わずに作ろうと思うとオクラを茹でるための鍋と肉巻きを焼くためのフライパンの両方を準備しないといけない。しかし、レンジを使ってオクラを加熱すれば鍋を用意する必要がなくなる。また、オクラをあらかじめ加熱してあるので肉に火が通りさえすれば食べられる。つまり、短い時間で作ることができるのだ。オクラを調味料で和えるだけの和え物に比べると工程は多いが、肉を巻いて焼くだけでオクラがメイン料理になる。立派なオクラが手に入ったときにはぜひ作ってみてほしい。

結論

オクラをレンジで加熱する際は600Wで1分を目安にしよう。その際はオクラの乾燥を防ぐためにも必ずラップを忘れないようにしよう。料理にもよるが、切ってから加熱すると加熱したあとの工程がスムーズだ。加熱したオクラに調味料を加えるだけでオクラの和え物が完成する。上手にレンジを活用して美味しいオクラ料理を楽しもうではないか。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ