このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
グリーンカレーの具は何がいい?定番具材やおすすめ具材などを紹介!

グリーンカレーの具は何がいい?定番具材やおすすめ具材などを紹介!

投稿者:食生活アドバイザー 吉田昌弘

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

鉛筆アイコン 2022年1月28日

タイ料理好きにはお馴染みの「グリーンカレー」。青トウガラシやナンプラー、ココナッツミルクなどを使っているため、日本のカレーとは異なる風味を楽しむことができる。そんなグリーンカレーには具材として鶏肉やナスなどを使うことが多いが、ほかにはどんな具材が合うのだろうか。今回はそんな疑問に答えるために、グリーンカレーに合う定番具材やおすすめ具材などを紹介する。

  

1. グリーンカレーの基本をおさらい

グリーンカレーの具材
グリーンカレー(ゲーン・キョウワン)とは、青トウガラシ(ブリッキーヌなど)を使った緑色の見た目をしているタイカレーのこと。他にもレッドカレーやイエローカレーなどもあるが、一般的にはグリーンカレーが最も辛いといわれている。しかし、グリーンカレーにはナンプラーやココナッツミルク、バイマックル(こぶみかんの葉)なども使われているためうま味やコクなども楽しめる。

2. グリーンカレーの王道&定番具材

グリーンカレーの具材
グリーンカレーにも王道の具材があり、それが鶏モモ肉とナスの2つである。この2つを使ったグリーンカレーは定番メニューであり、タイ料理店で提供されていたり、インスタント食品のレシピで紹介されていたりすることも多い。まずは、そんなグリーンカレーの定番具材を確認しておこう。

肉類:鶏モモ肉

タイ料理には鶏肉が使われることが多いが、グリーンカレーのメイン具材にも鶏肉(鶏モモ肉)が多く使われている。グリーンカレーに鶏肉を加えると、うま味やコクなどがプラスされて美味しく仕上がる。また、一口大にカットした鶏肉がゴロゴロ入っていることでボリューム感も出る。タイ料理店などでは「ゲーン キョウワン ガイ(鶏肉のグリーンカレー)」と書かれていることもある。

野菜類:ナスなど

タイではナスの栽培が盛んであり、グリーンカレーには「マクアポッ(丸ナス)」などのナスが使われることも多い。グリーンカレーにナスを加えると、ナスがグリーンカレーを吸ってジューシーな味わいを楽しめるようになる。また、ナスだけでなくタケノコやパプリカなども定番野菜である。彩りがよくなるだけでなく、食感や栄養バランスもよくなる。

3. グリーンカレーのおすすめ具材

グリーンカレーの具材
グリーンカレーの定番具材といえば鶏肉とナスだが、そのほかの具材を合わせても美味しく食べることができる。特に家でグリーンカレーを作るときには、アレンジしてみるのもおすすめだ。ここではそんなグリーンカレーと相性がいい具材をいくつか紹介しておこう。

肉類:鶏挽き肉など

グリーンカレーのメイン具材を「鶏挽き肉」にしてみるのもよい。鶏挽き肉にすると鶏肉のうま味が楽しめるだけでなく、いつでも鶏肉の食感を楽しめるようになる。もしスーパーに鶏挽き肉が売っていなければ、家で鶏挽き肉を作るか、豚挽き肉や豚と牛の合い挽き肉で代用しても美味しい。

魚介類:エビなど

タイ料理にはエビが使われることも多いが、そんな「エビ」を加えるのもおすすめだ。特に有頭エビを加えることで、エビのうま味や出汁を存分に楽しめるようになる。また、エビのほかにイカやアサリなどの魚介類を加えても、美味しいグリーンカレーを作ることが可能である。

野菜類:カボチャなど

グリーンカレーの野菜はナス・パプリカ・タケノコなどが定番だが、カボチャ・サツマイモ・玉ねぎなどを入れても美味しくなる。これらの野菜は甘みがあるため、辛味が強いグリーンカレーをマイルドにすることが可能だ。また、この他にもほうれん草やジャガイモなどを入れても美味しくなる。

キノコ類:シメジなど

グリーンカレーにはシメジやエリンギ、マイタケといったキノコ類を加えるのもおすすめだ。キノコ類を加えることでボリュームがアップするだけでなく、キノコ由来のうま味やコリコリとした食感なども楽しめるようになる。「鶏肉とナスのグリーンカレー」にプラスするという方法もアリだ。

4. 野菜たっぷりグリーンカレーの作り方

グリーンカレーの具材
グリーンカレーの定番具材は鶏肉とナスだが、ナスのほかにパプリカ・シメジなどの具材を組み合わせても美味しく食べることができる。ここではそんな野菜をたくさん使ったグリーンカレーの作り方を紹介する。なお、市販のグリーンカレーペーストを使うと比較的簡単に作ることが可能だ。

野菜たっぷりグリーンカレーの作り方・手順

1.油を引いたフライパンで鶏肉を炒める
2.カレーペーストを加えて弱火で炒める
3.香りが出たらココナッツミルクや水を加える
4.沸騰したら野菜・キノコ・ナンプラーを入れる
5.煮込んで火が通ったら、グリーンカレーの完成

【グリーンカレーを作るときのポイント】

・野菜は火を通し過ぎないようにする
・ココナッツミルクを増やして辛味を調整する
・トロミ付けにコーンスターチを使うのもよい

結論

グリーンカレーの王道&定番具材といえば鶏肉とナスだが、そのほかにもパプリカ・タケノコ・カボチャ・キノコなどを合わせても美味しく作ることができる。そのため、市販のグリーンカレーの素などを使って作る場合には、ここで紹介した具材を参考にお好みのグリーンカレーを作ってみるとよいだろう。具材を増やすことで、彩りや食感、栄養バランスなどもよくなるだろう。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2020年10月 6日

  • 更新日:

    2022年1月28日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧