このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ウインナーと卵を使用した料理の日におすすめの献立を紹介!

ウインナーと卵を使用した料理の日におすすめの献立を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年10月 6日

今回紹介するのはウインナーと卵を使用した料理の日におすすめの献立だ。ウインナーと卵といえば朝食の定番の食材だが、2つを組み合わせてオムレツにしたり、パンにのせてトーストにしたり、カルボナーラで味わったり、いろいろな楽しみ方がある。シンプルに焼いたウインナーと卵と相性のいい副菜やスープ、ウインナーと卵を使用したチャーハンにおすすめの献立とは?

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 焼いたウインナーと卵におすすめの副菜

まず、焼いたウインナーと卵におすすめの副菜を紹介しよう。焼いたウインナーと目玉焼きといえば朝食の定番メニューだが、添えられることが多いのは野菜サラダではないだろうか。ウインナーも目玉焼きも油を使用した料理なので、シンプルな野菜サラダで味のバランスがとれるだろう。また2品を焼いている間に、ササッと用意できるのも嬉しいポイントだ。
焼いたウインナーと卵におすすめの副菜のひとつが、グレープフルーツとキウイ、カッテージチーズをはちみつで和えたフルーツ&チーズだ。野菜サラダと同じく簡単に作れるうえ、見た目もさわやかで、ビタミンCを含む栄養豊富なキウイを味わえるのもおすすめポイントのひとつ。フルーツは好みで旬のものに変えてもOKだ。
焼いたウインナーと卵におすすめの副菜のひとつが、ブロッコリーのチーズまぶしだ。ブロッコリーの緑色が鮮やかで食卓が華やかになるうえ、ウインナーや卵とは違う食感を楽しめるのもおすすめしたい理由のひとつ。茹でたブロッコリーに溶かしバターを加え、パルメザンチーズをまぶし、黒こしょうをふるだけだが、好みで溶けるチーズをのせレンジで温めて食べても美味しい。

2. ウインナーと卵を使用したチャーハンにおすすめのスープ

次にウインナーと卵を使用したチャーハンにおすすめのスープを紹介しよう。ウインナーと卵を使用したチャーハンにおすすめのスープのひとつが、片栗粉でとろみをつけたレンズ豆のスープだ。チャーハンがこってりとしているので、やさしい味わいのレンズ豆のスープがよく合うだろう。
ウインナーと卵を使用したチャーハンにおすすめのスープのひとつが、食物繊維が豊富なコンソメスープだ。シンプルなコンソメスープも相性はいいが、チャーハンに足りない栄養素を補うために玉ねぎ・キャベツ・にんじんのような野菜をたっぷり入れて作るとよい。仕上げに細ねぎをトッピングすると彩りもよくなり見た目のバランスもとれる。
ウインナーと卵を使用したチャーハンにおすすめのスープのひとつが、きのこのスープだ。使用するきのこは、えのき・エリンギ・しめじ・舞茸など好みでOK。簡単に作れるうえ、きのこの香りが広がる口当たりのやさしいスープで、こってりとしたチャーハンとの相性もいい。

3. ウインナーと卵に合わせたいひと味違う献立

次にウインナーと卵に合わせたいひと味違う献立を紹介しよう。子どもから大人まで好きな人が多いウインナーと卵。常備しておけばパパッと焼くだけで食べられる、朝食メニューの定番といえるだろう。朝食でこの2つの料理に合わせたいメニューのひとつが、ほうれん草のような緑菜と鶏肉、にんじんを合わせたソテーだ。ウインナーと卵にもたんぱく質は含まれているが、朝食でたんぱく質を摂取すると就寝中に下がった体温をうまくあげることができるので、鶏肉からも補っておきたい。またウインナーと卵に足りない野菜も摂取できるのがおすすめのポイントだ。
ウインナーと卵に合わせたいひと味違う献立はほかに、じゃがいもの磯辺焼きだ。作り方は、じゃがいもを電子レンジで温め表面に片栗粉をまぶして焼き、焼けたら塩とたっぷりの青のりをふればOK。外はカリッと中はホクホクとした食感を楽しめるし、ウインナーと卵に足りないビタミンCを補え、見た目のバランスもとれておすすめだ。

結論

ウインナーと卵に合う献立を紹介した。焼くだけで美味しいウインナーと卵だが、献立として食べるなら足りない野菜や食物繊維、ビタミンCを含む食材、見た目のバランスを考えて組み合わせるとよいだろう。デザートにいちごや柿のようなフルーツを合わせて食べるのもおすすめだ。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ