このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ウインナーはカレー味と相性ぴったり!美味しい食べ方を紹介

ウインナーはカレー味と相性ぴったり!美味しい食べ方を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年9月27日

大人も子どもも大好きな食材のひとつである、ウインナー。サッと焼いたりボイルしたりするだけで食べられる食材なので、冷蔵庫の中に常備しているという人も多いだろう。ごはんのおかずにも、酒のアテにもなるウインナーは、カレー味とも相性ぴったりなのをご存知だろうか。今回は、ウインナーが主役の、おすすめカレー味レシピを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. キャベツとウインナーのカレー味ソテー

まずは、キャベツとウインナーを使った、簡単な炒め物から紹介しよう。ウインナーと相性のいい野菜といえば、キャベツを思い浮かべる人も多いだろう。それぞれ冷蔵庫の中に常備されていることの多い食材であるため、比較的準備しやすいのではないだろうか。キャベツとウインナーのカレー味ソテーは、パパッと簡単に作れる一品だ。ごはんのおかずにも酒のアテにもなるので、ぜひ作り方を覚えておいてほしい。

準備する材料は、キャベツ・玉ねぎ・ウインナーソーセージ・バター・固形スープの素・カレー粉・塩コショウである。キャベツは4~5cm角にカットし、玉ねぎは縦の薄切りに。ソーセージは斜め半分にカットすれば、下準備は完了だ。フライパンを熱してバターを溶かし、玉ねぎ・ウインナー・キャベツの順に加えて炒める。野菜がしんなりしたら、スープの素と塩コショウ、カレー粉で味を調えれば完成だ。カレー味は、ウインナーだけでなくキャベツなどの野菜とも相性がいいので、食欲を掻き立てられること間違いない。

2. 簡単に作れるカレーウインナー

カレーウインナーは、普段ケチャップやマスタードをつけて食べる機会の多いウインナーに、カレーのソースを絡ませた一品。作り方もとてもシンプルなので、一品足りないときにもいい仕事をしてくれるおかずだ。
準備する材料は、ウインナー・ケチャップ・カレー粉・サラダ油。ウインナーに切れ目を入れて、サラダ油を入れて熱したフライパンで炒める。ウインナーに火が通って切り込みの部分がしっかりと開いたら、ケチャップを加える。軽く炒めたら、仕上げにカレー粉をふり完成。加熱してトロみの出たケチャップへカレー粉をふると、カレールウのような味わいに変化する。ウインナーから飛び出す肉汁との相性もバツグンで、ビールにもぴったりな一品である。

3. ウインナーにぴったりなカレーチーズフォンデュ

パーティーメニューとしても知られるチーズフォンデュだが、実はカレーを使ったアレンジメニューも大人気。チーズだけのときよりも食べごたえ満点な味わいになり、子どもから大人まで喜ぶこと間違いなしだ。
用意する材料は、カレールウ・ピザ用チーズ・水(または牛乳)。カレールウは、固形のものよりもフレークタイプのもののほうが溶けやすいのでおすすめだ。具材には、ウインナー・バゲット・じゃがいも・にんじん・ブロッコリーなどを用意するといいだろう。

具材はそれぞれ一口大にカット。ウインナーなどバゲット以外の具材は、耐熱皿にのせて水をふりかけ、ふわっとラップをかけてレンジで5分ほど加熱する。フォンデュソースは、鍋で水を沸騰させ、火を止めた状態でカレールウを溶かす。牛乳を使用する際は、グツグツと沸騰させてしまわないよう注意が必要だ。カレールウが溶けたら、ピザ用チーズを加えて完成。チーズのまろやかさとコク深さがプラスされたカレーフォンデュソースは、ウインナーとも相性ぴったりだ。

結論

ウインナーは、カレーライスのトッピングとしても人気の具材。カレー味との相性がバツグンなので、さまざまなカレー味の料理に変身させられる。身近な食材であるウインナーで一品用意したいときは、カレー味と組み合わせるのがおすすめだ。手軽に作れる料理が多いので、料理初心者にもトライしてみてほしい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ