このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
黒酢を使ったあんかけ料理に注目!焼きそばや肉団子も本格的アレンジ

黒酢を使ったあんかけ料理に注目!焼きそばや肉団子も本格的アレンジ

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年10月26日

中華料理や和食などでよく使われるあんかけ。どんな料理も食べやすく美味しくしてくれるあんかけの中で、とくに最近人気がある味付けが黒酢あんかけだ。名前のとおり黒酢を使ったあんかけは、いろいろな料理でだされるので食べる機会も多いだろう。そんな黒酢あんかけには一体どんな魅力があるのだろうか。ここでは黒酢あんかけの基本情報や黒酢あんかけレシピなどを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 黒酢あんかけの魅力とは

とろっとした食感を楽しめるあんかけの中でもおすすめなのが、黒酢あんかけ料理だ。いつもと同じ味にひと工夫したいときなどもよいだろう。それではどうして黒酢あんかけがいま注目されているのか。ここでは黒酢あんの黒酢の情報や含まれている栄養素などについてまとめていこう。

黒酢はまろやかな味わい

酢といっても実は種類がある。穀物酢、果実酢などだ。すべて合わせて醸造酢と呼ばれている。字を見ればわかるが酢の原料となっている材料がまず違うのだ。黒酢は熟成をさせる分、まろやかな味わいを楽しめる。そしてほかの酢が薄い黄色味がかった色なのに対し、黒酢は褐色なのが特徴だ。香りがよいのもポイントで、熟成させることで芳醇な香りを堪能できるのだ。

食塩の代替品としておすすめ

黒酢をはじめ酢の栄養素を調べると、アミノ酸などが挙げられる。しかし黒酢自体そこまでたくさんの量を1日に摂取できないため、アミノ酸のメイン補給食品として考えるのは避けたいところ。大体平均にして飲んだ黒酢の2%ほどのアミノ酸摂取しか見込めないのである。しかしその中で特筆すべきはナトリウム量だ。黒酢のナトリウム量は低い。だが酸味をいかし食塩の代替品として使うことで、料理内の塩分量を抑えることができるのだ。

2. 基本の黒酢あんかけソース

黒酢あんかけ料理を自宅で作ることができれば、レストランで食べるような本格的な料理を簡単に楽しむことが可能だ。しかし黒酢あんの作り方を知らないと難しく感じてしまうだろう。そこでここでは基本的な黒酢あんかけ料理のレシピを紹介していこう。

混ぜるだけの簡単さが魅力

黒酢あんかけは、初心者でも気軽に作ることができるので嬉しい。まず材料だが、黒酢、水、酒、砂糖、醤油、みりんである。これらがそろったら、ほかの調理をしている間にあんかけを作ってしまおう。用意したボウルに調味料を一気に入れ、ゆっくり混ぜるだけである。料理によっては事前に温めて使ってもよいし、タレとしてかける前にさっと温めて使うのもおすすめである。

市販品で手軽に!

黒酢あんかけは簡単に作ることができるが、忙しいときには料理用の黒酢あんを作ることも大変だ。そこで市販品を利用するのもおすすめである。

エバラ「鶏の黒酢あんのたれ」

焼肉のタレなどを販売していることで有名なエバラから、黒酢あんけかけのタレが発売されている。玄米黒酢やリンゴ酢、水あめなどを加えた黒酢あんかけのタレは鶏肉料理に最適だ。さらに黒みつが加えられていることでバランスのよい甘さと酸味を堪能できる。

3. 黒酢あんかけで作る焼きそば

黒酢あんを使ったレシピは数多くあり、いままではそのまま食べていた料理にも、最近は黒酢あんかけを足していただく人も増えている。その中でも人気なのが黒酢あんかけ焼きそばだ。あんかけ焼きそばはいろいろな種類があり、どれも人気がある。子どもでも食べやすいのが魅力だ。そのままでも美味しいが、少し工夫をするだけでいつもと一風違った味わいを楽しめる。こちらでは黒酢あんかけ焼きそばのアレンジレシピをまとめていこう。

黒酢あんかけあさり焼きそば

あさりをふんだんに使って作った焼きそばに、黒酢あんかけをかけるアレンジが嬉しい。砂抜きをしたあさりで作ったスープは出汁がきいていて旨みがよくでる。麺はフライパンでかために焼くのがコツ。ごま油を使うと、より香ばしさが楽しめるだろう。野菜を炒め、そこにあさりスープと黒酢、砂糖や醤油、酒などをまぜ片栗粉でとろみをつけて焼きそばにかけるだけの簡単さがポイントだ。

黒酢あんかけキャベツ焼きそば

春キャベツなどの旬の野菜とあんかけ焼きそばは相性がよい。焼きそばをパリパリに焼いておく。キャベツや鶏肉などの具材を炒め、黒酢や酒、醤油などで作ったあんかけをその上にかけたら完成だ。あんができたら最後に溶き卵を入れると美味しい。

酢豚黒酢あんかけ焼きそば

中華料理でおかずとして食べる酢豚も、黒酢あんかけとの相性がバツグンだ。焼きそばをかために焼き、黒酢あんかけで作った酢豚をかけるだけ。焼きそばだけだと腹持ちが悪いという人にとってはおすすめだ。

4. 黒酢あんかけ肉団子の作り方

黒酢あんかけ料理には、焼きそば以外にもいくつかある。その中で子どもにも人気があるのが肉団子だ。ボリュームたっぷりなうえに、トロっとしたあんがクセになる。こちらでは基本的な黒酢あんかけ肉団子のレシピと、アレンジレシピを紹介していこう。

黒酢あんかけ肉団子の作り方

肉団子は豚挽肉で作ろう。片栗粉や溶き卵などをつなぎにしてかためたら、油で揚げる。その間に黒酢と醤油、酒、みりん、砂糖などで味付けをしたタレを片栗粉でとろみをつけておく。できあがった肉団子をタレと絡み合わせば完成である。

市販品を上手に使ってアレンジレシピ

黒酢肉団子をいちから作る時間はないという人は、スーパーなどですでに完成されている肉団子を用意しよう。すでに味が付いているのがポイントである。好みの野菜などをフライパンに水と一緒に入れ、煮立ったところで肉団子を入れる。そこに醤油やめんつゆなどを入れスープに味付けをしよう。最後に水溶き片栗粉を溶かして入れたら完成だ。

結論

ここでは黒酢あんかけの魅力や、黒酢あんかけ焼きそばのレシピやアレンジ術、さらには黒酢あんかけの肉団子料理の作り方などをまとめてきた。黒酢あんは実は簡単に作ることができるので、自宅でも味を調整しながら楽しんでほしい。忙しい人は市販品も上手に使いながら、黒酢の酸味と甘さがきいた料理を堪能したい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ