このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
蒸し鶏のネギソースの作り方を紹介!中華風味を楽しもう!

蒸し鶏のネギソースの作り方を紹介!中華風味を楽しもう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年10月11日

蒸し鶏に付けるタレにはいろいろあるが、ぜひ一度はネギソースを試してみたい。手軽に中華風の味を楽しめるため、蒸し鶏をたくさん作った場合でも飽きずに楽しめるだろう。本記事では、ネギソースを使った蒸し鶏の作り方や、注意点について説明していく。ネギ好きや中華料理好きの人は、ぜひ参考にしていただきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 刻んで混ぜるだけ!蒸し鶏を中華風ネギソースで

まずは、蒸し鶏とネギソースの定番の作り方を見ていこう。

蒸し鶏を作る

蒸し鶏には下味を付けることが多いが、ネギソースにしっかり味を付けるなら下味はなくてもよいだろう。下味を付ける場合も、塩分を控えめにしたい。

蒸し鶏を鍋やフライパンなどに入れ、水や酒を加えてふたをし、蒸し焼きにしていく。火の通り具合に気を付けつつ、余熱を使って火を通していこう。ふたをしたまま冷めるまで置けばよい。

ネギソースを作る

中華風ネギソースに使いたい材料は、ネギ、ごま油、しょうゆ、砂糖、酢、豆板醤あたりだ。これらを混ぜるだけでネギソースを作れる。とくに砂糖や、塩分が含まれるしょうゆ、豆板醤の量を加減すれば、ちょうどよい味に調整できるだろう。まろやかな味が好みなら、軽く煮立たせるのもアリだ。酢の強さも調整できる。

あとは、蒸し鶏にネギソースをかければ完成だ。中華風といえば油が多いイメージもあるが、蒸し鶏があっさりしているため食べやすいはずだ。

2. 塩ダレがクセになる!レンジで蒸し鶏の塩ネギソース

蒸し鶏とネギソースを、一度にレンジで作ることも可能だ。

蒸し鶏をレンジで作る

蒸し鶏を耐熱容器に入れ、レンジで加熱する。レンジは加熱ムラが起こりやすいため、鶏肉の厚い部分などをあらかじめ切り開いておこう。なお、皮は加熱中に破裂しやすい。フォークなどで穴を空けておけば、破裂を防げるはずだ。

ネギソースを作る

ネギソースの材料を混ぜ合わせる。レンジ加熱だと油分が熱くなりやすいため、たとえばシンプルに塩やにんにくを使うのがおすすめだ。にんにくはレンジ加熱で破裂しやすいため、薄切りやみじん切りにしておくとよい。

ネギソースをかけて加熱する

蒸し鶏を加熱し終えたら、ネギソースをかけてさらに加熱する。にんにくが生のままでは辛いので、しっかり火を通したい。シャキシャキした食感がなくなればOKだろう。なお、鶏肉の火の通り具合には十分に気を付けよう。生の部分が残っていると食中毒の原因となる。心配なら、追加で加熱するほか、加熱後もレンジにしばらく置き、余熱で火を通すとよい。

3. 蒸し鶏のネギソースを子どもにも食べやすく!ネギの辛みをなくすには

ネギソースはネギの辛さが魅力のひとつだ。ただ、子どもにとっては食べにくいかもしれない。そこで、ネギの辛みを和らげることを考えよう。

ネギは加熱で甘くなる!

ネギの辛みのもとは硫化アリルだ。この物質を加熱すると辛みがなくなるほか、ネギが甘くなる。したがって、ネギソースを何らかの方法で加熱すれば、子どもでも食べやすくなるはずだ。

フライパンでじっくり加熱

ネギソースをフライパンでじっくり温めるのはおすすめだ。ネギソースの味をまとめつつ、ネギの辛みを抑えられる。急に加熱するとネギが焦げるほか、味のバランスを崩すおそれがあるので気を付けよう。

レンジで加熱でもOK

もっと手軽に済ませたいなら、耐熱容器に入れてレンジで加熱するのもよい。短時間で仕上げられるのが嬉しい。ただ、ネギの切り方によっては加熱に時間がかかる可能性もある。少しずつ加熱していき、ちょうどよい加減を見極めよう。

ネギの辛みは中華風の味付けの要素であるため、辛みを除けば風味が変わってしまう。ネギの甘みを活かして、ほかの味を追加してみるのもひとつの方法だ。

結論

ネギソースは手軽に美味しく作れるのが嬉しい。蒸し鶏を加熱している間にさっと準備して、できたてのうちにかけて食べたい。ネギの辛みが問題になるかもしれないが、加熱すればよいのでさっと対応できるはずだ。冷蔵庫にネギのストックがある人は、ぜひネギソースを作って蒸し鶏に使ってみよう。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ