このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
よだれ鶏にはどんな献立がいい?気になる組み合わせを紹介

よだれ鶏にはどんな献立がいい?気になる組み合わせを紹介

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年10月30日

茹でた鶏肉にピリ辛のタレをかけて食べるよだれ鶏。そんなよだれ鶏を作った際に気になるのが合わせる献立だ。今回はよだれ鶏を作ったときに合わせたいおすすめ献立を紹介しよう。バランスのよい食生活と楽しい食卓を彩るためによだれ鶏に合う献立を考えてみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. よだれ鶏のおすすめ献立!野菜たっぷりのホイコーロー

よだれ鶏は中華料理の冷菜として親しまれている料理だ。そんなよだれ鶏には、同じ中華料理のホイコーローを合わせるのがおすすめだ。ホイコーローは野菜をたっぷり使うので、バランスのよい献立となるからだ。

ホイコーローの味の決め手はタレ

ホイコーローの味の決め手は何といっても食欲をそそる甘辛いタレだ。そんなホイコーローのタレは市販のタレを使うのもいいが、調味料を合わせることで自宅でも簡単に作ることができる。使う調味料は醤油、甜麺醤、酒、砂糖、豆板醤、おろしにんにく、水、片栗粉だ。この調味料を合わせておくことで、ホイコーローのタレが完成するのだ。

ホイコーローの作り方

ホイコーローは、豚肉とキャベツ、長ねぎ、ピーマンを食べやすい大きさにカットしてフライパンで炒めたら、合わせておいたホイコーローのタレを絡めるだけだ。ホイコーローを美味しく作るポイントは、野菜の食感をほどよく残すことだ。水分の多い春キャベツを作る場合は、水の量を減らしたり、片栗粉を多めにしてとろみを増やすなどしてしっかりと味が付くように作るといいだろう。

2. よだれ鶏のおすすめ献立!きゅうりとツナの酢の物

よだれ鶏はピリ辛の味、ホイコーローは濃厚な味とどちらも味がしっかりしているので、ここは箸休めとして酢の物を献立に入れてみてはいかがだろうか。あっさりと食べられるので、しっかりとした味付けの献立にはおすすめの一品だ。

きゅうりとツナの酢の物

酢の物が苦手な子どもなどでも食べやすいと評判なのが、きゅうりとツナの酢の物だ。ツナが加わることで、きゅうりとワカメの定番の酢の物よりも食べやすいのが特徴だ。作り方は、輪切りにしたきゅうりを塩もみして水分をしっかり絞っておき、油をきったツナ缶と和え、酢と砂糖、醤油を混ぜたものを加えて味を調えたら完成だ。好みで最後に白ごまをトッピングするといいだろう。簡単に作れるので、献立にもう一品ほしいときにピッタリだ。

3. よだれ鶏のおすすめ献立!トマトと卵のスープ

よだれ鶏を作った際には、献立の中に温かいスープを合わせてみるのもいいだろう。そんなときにおすすめのスープの具材はトマトと卵だ。トマトと卵は中華料理のスープとしても定番で、味付けによっていろいろな味わいのスープを楽しむことができる。

トマトと卵の中華風スープ

さっぱりとしたスープを作りたいのなら、トマトと卵を使った中華風スープがいいだろう。ポイントは、酢を少量加えることだ。作り方は、トマトを食べやすくカットしたら、水と一緒に鍋に入れて煮立たせる。そこに中華スープの素とごま油、塩を入れて味を調え、最後に酢と水溶き片栗粉を加えて、溶き卵を回し入れたら完成だ。水溶き片栗粉を入れることで、とろみのついたアツアツのスープが完成する。

トマトと卵の和風スープ

優しい味わいのスープを作りたいのなら、トマトと卵を使った和風スープがおすすめだ。鍋に出汁を作りそこにトマトを加えて最後に溶き卵ともやしを加えたら完成だ。余計な味付けをしていないシンプルなスープだがトマトからほどよい酸味が出るので、美味しいスープができあがるのだ。最後に彩りとして小ねぎをトッピングするといいだろう。

結論

ピリ辛タレがたまらないよだれ鶏。しかしそれだけでは献立は成り立たない。そんなときにおすすめのホイコーローや、酢の物、トマトと卵のスープなど野菜をふんだんに使ったメニューと組み合わせれば、バランスのよい食卓になるだろう。それぞれの味を活かしながら、違う味付けの献立を組み合わせることで、箸休めの役割も担ってくれるので、よりゆったりと食事を楽しむことができるだろう。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ