このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
筑前煮はめんつゆだけで味が決まる!濃縮のめんつゆには要注意!

筑前煮はめんつゆだけで味が決まる!濃縮のめんつゆには要注意!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年10月29日

筑前煮作りには少し手間がかかる。味付けの工程もそのひとつだが、ここでめんつゆを使えば調理が大きく楽になる。本記事では、めんつゆを使った筑前煮のさまざまな作り方や、注意点について説明していく。家でめんつゆをストックしている人は、ぜひ筑前煮作りにチャレンジしていただきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 筑前煮の味付けはめんつゆだけでOK?

筑前煮の味付けをめんつゆだけで済ますことは可能だろうか。

本来、味付けには複数の調味料が必要

筑前煮の味付けには、本来しょうゆやみりん、砂糖といった調味料が必要だ。筑前煮特有の甘辛さを出すためには、調味料を適切に配合する必要がある。

めんつゆには必要な調味料がひと通り含まれる!

しかし、めんつゆにはそれらがひと通り含まれている。さらに出汁も含まれているため、必要な量のめんつゆを水に加えれば味付けが成立してしまう。したがって、めんつゆ1本で本格的な筑前煮の味付けに仕上げられるのだ。

2. めんつゆで作る筑前煮は濃縮に注意!

めんつゆで筑前煮に味付けをする際は、めんつゆの濃縮に注意する必要がある。

濃縮を考慮に入れないと、味を崩してしまう

めんつゆはストレートだけでなく濃縮されたものも多く、使う量を間違えると味を崩してしまう。したがって、使おうとしているめんつゆが何倍の濃縮なのかを考慮し、使う量を求める必要があるのだ。

倍率別の使用量の目安

たとえば、2倍濃縮のめんつゆ60mlと、水120mlを合わせた合計180mlを1人分とする目安がある。同じ量と濃さの煮汁を作るためには、3倍濃縮の場合はめんつゆ40mlと水140ml、4倍濃縮の場合はめんつゆ30mlと水150mlを組み合わせる必要がある。めんつゆの量は濃縮の倍率と反比例し、残りを水で補うという形になる。濃縮の倍率があがるほど、少しの量の違いが大きな味の差を招くので、要注意だ。
めんつゆを使う場合は、水に加える量に気を付けよう。薄ければあとから足せるので、不安なら少しずつ加えていくのがよいだろう。

3. めんつゆを使った筑前煮はレンジ調理でも

筑前煮は、味付けをめんつゆで簡単にできるほか、調理工程ももっとシンプルにできる。ここでは、めんつゆとレンジを使った筑前煮の作り方を見ていこう。

下ごしらえ

それぞれの食材を食べやすい大きさに切っておく。レンジで加熱する場合は、大きさがまちまちだと加熱ムラにつながりやすい。なるべく食材ごとに大きさを揃え、かつ火の通りにくい食材は小さめに切っておくとよいだろう。こんにゃくは切ると味がしみ込みにくいので、スプーンなどで削ぐようにしてちぎるほうがよい。
ごぼうやこんにゃくを使う場合は、あらかじめアク抜きをしておこう。ごぼうは切ってから水にさらし、こんにゃくは下茹でをすればよい。

加熱する

下ごしらえが終わったら、耐熱容器に具材と水で薄めためんつゆを加え、ラップを軽くかけてからレンジで加熱すればよい。そのまま加熱し続けても均等に火が通らないので、ときどき食材の位置を入れ替えながら加熱していこう。レンジの出力にもよるが、20~30分ほど加熱時間を見ておくとよいだろう。
食材にまんべんなく火が通ったら完成だ。

4. めんつゆを使った筑前煮は炊飯器でもOK!

筑前煮のもうひとつの作り方として、炊飯器を使うこともできる。こちらはレンジ加熱以上に楽だといえる。

下ごしらえ

レンジで作る場合と同じように、食材の下ごしらえをする。炊飯器の場合は十分に時間をかけて加熱するので、食材の大きさにあまり神経質にならなくてもよいだろう。

炊飯モードで加熱する

食材と水で薄めためんつゆを加えたら、クッキングシートを落としぶたとしてのせ、炊飯モードで炊けばよい。あとは炊けるまで待っていれば自動的に仕上がるので、楽だ。待つ間にほかの料理を作ることもできる。

結論

めんつゆを使えば筑前煮の味付けが楽になる。ただし、めんつゆには濃縮があるため、倍率を間違えると味が濃過ぎる、または薄過ぎる結果になりかねない。使おうとするめんつゆについて正しく把握し、使う量を調整しよう。めんつゆのほかに炊飯器やレンジも組み合わせて、筑前煮をもっと簡単に作れる。日常の料理のレパートリーになれば幸いだ。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ