このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
トマト煮込みの献立は何にする?肉の種類ごとに副菜やスープを紹介

トマト煮込みの献立は何にする?肉の種類ごとに副菜やスープを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年10月23日

トマト煮込みは食欲をそそるオシャレな料理として人気がある。そんなトマト煮込みを作った際にどんな副菜やスープを合わせたらいいか迷うだろう。今回は鶏肉やスペアリブ、ミートボールなどそれぞれのトマト煮込みに合わせたい献立を紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. トマト煮込みに合う献立!鶏肉に合わせるなら

鶏もも肉や手羽元などの鶏肉をトマト煮込みにした際に、どんな副菜やスープを合わせたらいいのだろうか。ついつい、同じ献立になってしまうという人は、いつもと違う献立の参考にしてみてはいかがだろうか。

ジャーマンポテト

鶏肉のトマト煮込みには、ホクホクのじゃがいもとベーコンの塩気がたまらないジャーマンポテトを合わせてみてはいかがだろうか。作り方もシンプルで手軽に作れるのが魅力の副菜だ。作り方は、じゃがいもの皮をむいて一口大にカットしたら、電子レンジで加熱しておく。フライパンにオリーブオイルを熱してベーコンと薄切りした玉ねぎ、加熱しておいたじゃがいもを炒め、塩こしょうで味を調えるだけだ。好みで粒マスタードを添えてみるのもいいだろう。

ほうれん草のポタージュ

鶏肉のトマト煮込みには、いつもと違ったほうれん草を使ったスープを合わせてみるのもいいだろう。栄養満点のほうれん草を余すことなく味わえるのも魅力だ。作り方は塩茹でしたほうれん草を用意しておき、鍋にバターを熱して薄切りした玉ねぎとともに炒め、水とコンソメを加えてひと煮立ちさせる。あとは、ミキサーで細かく撹拌し、鍋に戻して牛乳を加えて温め、塩こしょうで味を調えたら完成だ。

2. トマト煮込みに合う献立!スペアリブに合わせるなら

スペアリブをじっくりトマトで煮込むことで、骨から肉がホロホロ取れるような絶品のトマト煮込みを作ることができる。そんな食べごたえ十分なスペアリブのトマト煮込みにはどんな献立が合うのだろうか。

水菜のシーザーサラダ

スペアリブのトマト煮込みと合わせるのなら、さっぱりとしてシャキシャキとした水菜の食感が楽しめるシーザーサラダがおすすめだ。作り方は簡単で、水菜を食べやすい長さにカットしておく。マヨネーズとにんにくのすりおろし、粉チーズ、ヨーグルトを合わせたドレッシングを作り、水菜とクルトンを和える。彩りにミニトマトをトッピングするといいだろう。

玉ねぎとにんじんのコンソメスープ

玉ねぎとにんじんの甘みが美味しい、コンソメスープを合わせてみてはいかがだろうか。スペアリブのトマト煮込みがしっかりとした味なので、さっぱりと味わえるスープがおすすめだ。作り方は、にんじんと玉ねぎを薄切りにしておき、鍋にバターを入れて溶かし、玉ねぎが透き通るまで炒め、そこににんじんも加えてさらに炒める。あとは、水とコンソメを加えて煮込み、塩こしょうで味を調えたら完成だ。

3. トマト煮込みに合う献立!ミートボールに合わせるなら

肉団子であるミートボールをトマト煮込みにしたものは、子どもに大人気のごちそうメニューだ。そんな子どもも喜ぶミートボールのトマト煮込みに合わせる副菜とスープを見てみよう。

ツナとマヨネーズのやみつきキャベツ

ツナの旨みを最大限に活かしたキャベツサラダなら、子どももたくさん食べてくれるサラダを作ることができる。作り方は、キャベツときゅうりを食べやすい大きさにカットし、塩をまぶしてしんなりしたら水気をしっかり絞っておく。ボウルに酢とマヨネーズ、塩こしょうを加えてよく混ぜ、ツナを加えてキャベツ、きゅうりとともによく和えたら完成だ。

カリフラワーのミルクスープ

なかなか食べる機会が少ないカリフラワーもスープにすることで、もりもりと食べられて、カリフラワーのほくほくとした食感を活かすことができる。作り方は、鍋にバターを溶かして薄切りした玉ねぎを入れて炒め、小房にしたカリフラワーを加えてさらに炒める。そこに水と洋風スープの素を加えて煮る。野菜がやわらかくなったら、牛乳を加えて温め、最後に塩こしょうで味を調え、粉チーズをふりかけたら完成だ。

結論

トマト煮込みを作った際、トマト味に合うような副菜やスープは何にしようか迷ってしまうことがあるだろう。そんなときは、今回紹介した献立を参考にトマト煮込みを引き立てるような組み合わせを考えてみてはいかがだろうか。メインのおかずになるトマト煮込みに、野菜を使った副菜やスープを合わせることで、バランスのよい食卓になるだろう。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ