このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【煮込み料理】をマスターしよう!作るコツや豆知識を紹介

【煮込み料理】をマスターしよう!作るコツや豆知識を紹介

投稿者:ライター 原智子(はらともこ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年3月12日

煮込み料理は、調理法のひとつである。さまざまな食材の調理に活用でき、献立のバリエーションを増やすことができる。鍋に食材を入れ、ほったらかしにしていても美味しくできるものが多いのも嬉しいところだ。和洋中どんな料理にも応用が利く煮込みをマスターすれば、日々の料理が楽しくなることは間違いないだろう。そんな煮込み料理に関する記事をまとめて紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. トマトソースを使った煮込み料理のアイデア

煮込み料理といえば、「トマト」を思い浮かべる人は多いのではないだろうか。トマトは生で食べても美味しいが、煮込み料理との相性もよく、鶏肉やハンバーグ、野菜と煮込んだラタトゥイユなど、バリエーションも豊富に楽しむことができる。また、トマトに豊富に含まれるリコピンは、熱にも強く加熱したほうが吸収率もあがるため、火を通して食べることでより栄養を摂取することができる。栄養価も高く、美味しいトマトの煮込みはぜひマスターしておきたい。
この記事もCheck!

2. 煮込み料理におすすめの豚肉の部位

リーズナブルで美味しく、栄養価も高い豚肉を煮込み料理に使うなら「バラ」か「肩」がおすすめだ。濃厚で旨みたっぷりのバラ肉は、角煮やチャーシューに。骨付きのスペアリブも煮込み料理には最適である。赤身が多く少し硬めの肩肉は、シチューやポトフなどに使うと美味しく食べられる。いろいろな部位を使って、お気に入りの食べ方を研究してみても楽しいだろう。
この記事もCheck!

3. 酢を使って煮込み料理を美味しく

「酢」を使うと、煮込み料理が格段に美味しくなるのをご存知だろうか。酢の酸っぱさは、煮込み料理をさっぱりと仕上げてくれる。食欲がないときなどには、酢を使った煮込み料理がおすすめだ。さらに、酢を煮込み料理に使うと、肉を柔らかく仕上げてくれる。貝殻や骨のカルシウムを溶出させる効果もあるので、貝や骨付き肉を酢で煮込めば、カルシウムがたっぷり溶け出した栄養満点の煮込み料理が完成する。
この記事もCheck!

4. 煮込み料理は食材の色で味を決める

煮込み料理の食材を決めるとき、どんなことに重点をおいているだろうか。メインの食材と相性のよいものを想像したり、煮込み料理の種類で決めたりするのが一般的だが、煮込み料理の食材に悩んだときは、色で食材を選ぶと不思議と味がまとまりやすい。たとえば、鶏肉なら白色の大根や白い豆。豚肉なら赤い色のトマトやパプリカなど。牛肉はレンコンやゴボウなど茶色の食材といった具合。実験をするような感覚で、ぜひ試してみてほしい。
この記事もCheck!

5. 炊飯器を使って煮込み料理を作る

ほとんどの家庭に1台はあるであろう炊飯器を使って、煮込み料理を作ることができる。炊飯器は火加減を気にすることなく、スイッチひとつで料理ができあがる、とても手軽で頼もしい存在だ。炊飯器を使っていない時間帯に食材を入れてスイッチを押しておけば、数時間後には美味しい煮込み料理が完成している。あと1品献立を増やしたいが、時間がない...そんなときに活用してみてはどうだろう。
この記事もCheck!

6. 圧力鍋でかたまり肉の煮込み料理をプロ級に

調理に時間がかかるイメージのある煮込み料理も、短時間で簡単に作ることができる圧力鍋。火が通りにくく、硬くなりやすい豚のかたまり肉も圧力鍋を使えば、ほろほろと柔らかく、美味しく仕上がる。しかし、ただ圧力鍋に材料を入れるだけではなく、肉の部位に合わせた下処理をきちんと行うことで、料理の仕上がりは格段によくなり、プロ級の味を家庭で堪能できる。圧力鍋を煮込み料理に活用しない手はない。
この記事もCheck!

7. 肉の煮込み料理は、煮込む前に焼く

肉を焼かずにそのまま煮ると、旨みは出汁となってスープに溶け出してしまう。少し手間はかかるが、煮込む前に肉を焼くことで、肉の旨みを閉じ込めることができる。さらに、スープの味を吸収し、煮崩れを防ぐこともできる。また、焼くことでできる焦げ目が香ばしさを与えて、料理の風味も増すのだ。カレーや鶏のトマト煮込みなどさまざまな煮込み料理で活用できる調理法である。
この記事もCheck!

8. 牛すじを使った煮込み料理の作り方

さまざまな煮込み料理で大活躍の「牛すじ」。美味しいけれど下ごしらえが面倒なイメージが強く、「手を出しにくい」と感じている人が多いのではないだろうか。確かに手間はかかるが、慣れてしまえば意外と簡単だ。下茹でを何度か繰り返ししっかりと脂やアクを洗い流す、下茹での際には水から茹でるなど、ポイントを押さえて下処理をすればあとは煮込むだけ。美味しい牛すじの煮込みが家庭で楽しめる。手をかけた分、できあがった煮込みは格別に美味しいはずだ。ぜひ、チャレンジしてみてほしい。
この記事もCheck!

結論

一口に煮込みといっても、調理法や味付け、使う食材によって、たくさんの煮込み料理を楽しむことができる。いろいろ試して煮込み料理をマスターすれば、レパートリーも増え、毎日の料理はもっと楽しくなるだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >