このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
やきとり缶を使った炊き込みご飯の作り方!やみつき間違いなし!

やきとり缶を使った炊き込みご飯の作り方!やみつき間違いなし!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年10月23日

今回紹介するのは、やみつきになること間違いなしのやきとり缶を使用した炊き込みご飯の作り方だ。簡単なのに美味しいと評判の料理研究家が作るレシピや、熱伝導率の高いアルミ製のメスティンで作る方法を解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. やきとり缶で美味しい炊き込みご飯が作れる?

パスタ・ピザ・チキンサンド・サラダ・カナッペなど、さまざまな料理に使える便利なやきとり缶。常にストックし、時間のない日の料理に使用しているという人もいるだろう。では、やきとり缶を使用して美味しい炊き込みご飯を作ることはできるのだろうか。答えは、できるだ。
やきとり缶を販売するメーカーの公式サイトに掲載されている、炊き込みご飯の基本の作り方を紹介しよう。用意する材料は塩味のやきとり缶1缶・米1合・にんじん・しめじ・青じそだ。にんじん・しめじ・青じそは好みの量を準備しよう。にんじんは2cmほどの細切りにし、しめじは石づきを切り落とし手で1本ずつほぐす。
炊飯器に米と同量の水・やきとり缶・にんじん・しめじを入れて炊く。炊けたら器に盛り付け、千切りにした青じそをのせれば炊き込みご飯の完成だ。やきとり缶をまるごと使用するので味付けする必要はない。好みで塩昆布や、刻み生姜を少し加えると旨みが引き立つ。

2. ラクうま!やきとり缶とごぼうの炊き込みご飯

次にやきとり缶とごぼうを使用した炊き込みご飯の作り方を紹介しよう。紹介するのは料理研究家として人気のリュウジ氏のレシピだ。あるテレビ番組で紹介されてから人気を集め、料理サイトのクックパッドにつくれぽを投稿する人がいるほどだ。紹介されたレシピの材料は、米・やきとり缶・めんつゆだが、今回はごぼうをプラスして作るレシピを紹介する。
最初にごぼうの皮をこそげる。ごぼうの味や香りは皮のちかくにあるので、皮をむき過ぎず、たわしでよくこすり洗いすればOK。次に縦に長い切り込みを5mm程度の間隔で外側全周に入れる。まな板の上でごぼうをまわし、皮むき器で削ってささがきにする。次に炊飯器に洗った米とめんつゆ、ごぼうを入れ、目盛りまで水を注ぐ。
あとはやきとり缶をタレごと入れて炊くだけだ。炊けたら器に盛り付け、好みでねぎやマヨネーズ、七味をかけて食べる。少ない材料で作ったとは思えないほど美味しい炊き込みご飯で、炊いている途中から食欲をそそる香りが漂う。ふたを開けるとフワっとした炭火のいい香りがするだろう。味見のつもりで一口ほおばれば、味見レベルではないほどの量を口に運ぶはずだ。やみつき度が半端ない炊き込みご飯を作ってみてはいかがだろうか。

3. メスティンでつくる!やきとり缶の簡単炊き込みご飯

最後にメスティンを使用したやきとり缶の炊き込みご飯の作り方を紹介しよう。メスティンとは取手付きのアルミ製の飯ごうだ。ランチボックスや小物入れとしても使用できる。アルミは熱伝導率が高いので熱が全体にまわりやすい。また、アルコールバーナーでもごはんが美味しく炊けるので、キャンプご飯に利用されることが多い。キャンプご飯といえば、調理済み食品をさまざまな料理にアレンジするレシピが多い。やきとり缶のような缶詰はキャンプご飯に最適な食品をいえる。
ではメスティンを使用した炊き込みご飯の作り方を紹介しよう。用意するのは塩味のやきとり缶・にんじん・しめじ・油揚げ・めんつゆ・刻みねぎ・松茸のお吸い物の素・しょうがチューブ・米・水だ。メスティンに米と水を入れ浸けておく。めんつゆ・松茸のお吸い物の素・しょうがチューブを加えてよくかき混ぜる。やきとり缶・にんじん・しめじ・油揚げを入れ20分くらい火にかける。
ポイントは弱火でじっくり炊くこと。ときどき位置を前後させると、炊きムラが少なくなる。10分くらい経ったら蒸気が吹き出て水が垂れてくるがそのままじっと待とう。20分ほど経ったらメスティンを火からおろし、タオルで包み10〜20分くらい蒸らす。ふたを開け刻みねぎを散らせば炊き込みご飯の完成だ。具材を入れて炊くだけの簡単レシピなので、自宅であればガステーブルを使用して炊飯できる。

結論

やきとり缶を使用した炊き込みご飯の作り方を紹介した。先述したように、やきとり缶にしっかりと味が付いているので、基本的に調味料はめんつゆだけでよい。食感を楽しみたい人はにんじんやごぼうを加え、味変して食べたい人はマヨネーズをのせて味わうのもいいだろう。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ