このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【サムゲタン】とはどんな料理?食べ方から作り方までマスターしよう

【サムゲタン】とはどんな料理?食べ方から作り方までマスターしよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

2020年10月26日

「サムゲタン」という言葉は聞いたことがあるが、実際にはどんなものか分からないという人は意外と多いのではないか。サムゲタンとは韓国発祥の薬膳料理で、実は家でも作ることができるのだ。ここでは、サムゲタンとはどのようなものか?というところから解説し、食べ方から家での作り方まで詳しく紹介していく。ぜひ参考にして、実践に繋げてもらいたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. サムゲタンとは?韓国の薬膳料理

サムゲタンとはどのような料理であるか、詳しく説明していく。ここから多くの人に興味をもってもらえたら幸いである。

サムゲタンとは?

サムゲタンとは韓国料理の一種である。鶏肉入りの温かいスープを想像してもらえると分かりやすいだろう。そして韓国の薬膳料理の一種でもあり主に夏季に食べられることが多いということから、夏バテ予防の効果があると考えられている。

薬膳料理とは?

薬膳料理の産みの親は中国の文化といわれていて、医食同源に基づき食材の組み合わせを計った調理法である。健康保持への効果が期待されている。

サムゲタンの食材

サムゲタンを作る際に必要になる主な食材を紹介していく。
<鶏肉>
サムゲタンに使う鶏肉は丸のまま煮込んで使う。
<高麗人参>
高麗人参には強い滋養強壮効果があり、ほかに抗がん作用やインシュリンの分泌効果が期待できるとされている。
ほかには、ナツメ、栗、にんにく、しょうが、もち米などが使われている。クコの実やマツの実も使われていることがある。

2. サムゲタンとは?本場サムゲタンの食べ方

ここからは、本場のサムゲタンの作り方と食べ方を紹介していく。

本場のサムゲタンの作り方

本場のサムゲタンの作り方を紹介していく。
<下準備>
上記で紹介したサムゲタンの食材を用意する。そしてもち米を洗ったり、高麗人参やにんにくやしょうがを切るなどの下準備をしておく。
<鶏肉の準備>
鶏肉は腹の中をよく洗い、水分を拭き取っておく。首周辺の皮を左右から真ん中に寄せて、タコ糸で縛りふたをする。
<具材を詰める>
尾っぽ側の穴から、もち米と栗とにんにくを入れる。その後、高麗人参とナツメとしょうがを半量程度入れていく。尾っぽの皮を左右から引っ張りタコ糸で縛り、さらに左右の足も引っ張りタコ糸で縛る。
<煮る>
大きめの鍋に鶏肉と半量余っている高麗人参とナツメとしょうがを入れて、ひたひたになるくらいの水を入れる。沸騰するまで強火で煮ていき、沸騰したら弱火にしてアクを取りながら、3時間程度煮続ける。途中水を加えながら、鶏肉が水中にある状態を保ち続けるようにする。
<完成>
鶏が柔らかくなったら完成である。

本場のサムゲタンの食べ方

サムゲタンは食材本来の味を活かして作ることから、薄味に仕上がっている。そのため、本場では食べる時に自分好みの味に調整する傾向が見られる。調整方法と食べ方を、以下に紹介していく。
<味の調整方法>
  • 塩コショウで調整・・・最も手軽に味の調整ができる方法である。
  • ブラックペッパーで調整・・・味に少しパンチがほしい時に便利である。
  • キムチをプラス・・・韓国ならではのキムチを使っての味の調整である。
<食べ方>
店でサムゲタンを注文すると、小さめの土鍋にスープと丸鶏一羽が入った状態で提供される。上記に記したとおり薄味に仕上がっているため、自分好みの味に調整してから食べる。よく煮込んであり鶏肉はホロホロと崩れ落ちてくるので、それをスープに浸しながら食べ進めていく。もち米や高麗人参なども出てくるので、雑炊をイメージしながら食べるとよいだろう。

3. サムゲタンとは?鶏手羽元を使って自宅で作ってみよう

サムゲタンを自宅で作るのは無理!と思うかもしれないが、実は自宅でも美味しいサムゲタンを作ることができる。難しいことや手間がかかるところは差っ引いて、簡単に作れるサムゲタンを紹介していく。

本場→家庭のサムゲタンへの変更ポイント

<丸鶏→手羽元へ変更>
この変更により、自宅での手作りのイメージをもちやすくなるだろう。
<もち米→普通の白米へ変更>
家にもち米が余っていない場合は、普通の米で問題ない。
その他、高麗人参、ナツメ、栗、クコの実、マツの実などがない場合は、無理に揃える必要はない。

手羽元サムゲタンの作り方

シンプルで簡単なサムゲタンの作り方を紹介していく。
<材料>
鶏手羽元、米、にんにく(チューブ可)、しょうが(チューブ可)、塩コショウ
<作り方>
鍋にお湯を沸かして、塩コショウ以外の材料を入れていく。アクを取り除きながら、20分程度煮る。その間に鶏手羽元が水中からはみ出さないように、落としぶたなどを置いておく。最後に、塩コショウで味を調えたら完成。

結論

サムゲタンがどのようなものか、伝わっただろうか?店で食べたことがあるサムゲタンを想像してしまうと、家で作るイメージがわきにくく敷居が高いものになってしまう。しかし上記で紹介したとおり、家で簡単にサムゲタンを作ることができるので、ぜひ挑戦してみてもらいたい。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ