このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
冬の献立におすすめの副菜やスープを紹介!献立アレンジも!

冬の献立におすすめの副菜やスープを紹介!献立アレンジも!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年11月17日

今回は冬の献立にピッタリの副菜やスープを紹介しよう。冬に食べる料理の代表といえば身体を温める鍋料理やおでん、クリームシチューだ。それぞれ単品で食べても美味しく味わえるが、副菜やスープを添えると見ためも華やかになり、より食欲をそそられるのではないだろうか。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 冬の献立におすすめの副菜

最初に冬の献立におすすめの副菜を紹介しよう。冬に食べる料理といえば、大根・茹で卵・こんにゃく・ごぼう天・牛すじ肉などに味がしみたおでんではないだろうか。おでんが献立の主菜のときにおすすめの副菜のひとつが冷奴だ。熱々のおでんのあとに冷たい冷奴を食べたら口の中をサッパリと冷やしてくれるだろう。

冬を代表する料理のひとつが水炊き・ちゃんこ鍋・モツ鍋・すき焼き・キムチ鍋・みぞれ鍋・トマト鍋のような鍋料理だ。鍋の種類にもよるが、オクラや小松菜、かぼちゃ、ほうれん草のような緑黄色野菜が不足しがちなので、鍋料理が献立の主菜のときは、オクラ納豆、小松菜のおひたし、ほうれん草としめじのごま和えのような副菜がおすすめだ。

冬を代表する料理といえばクリームシチューもそのひとつといえる。クリームシチューが献立の主菜のときにおすすめの副菜は、コーンとキャベツで作るコールスローサラダだ。温かなシチューを食べたら、ひんやりと冷たいコールスローサラダの食感を楽しんでもらいたい。

2. 冬の献立におすすめのスープ・味噌汁

冬の献立におすすめのスープ・味噌汁を紹介しよう。冬に限らず1年を通して定期的に食べたくなる食べ物がカレーという人もいるだろう。カレーの中でもエスニックなキーマカレーが献立の主菜のときにおすすめのスープは、かぼちゃのスープだ。キーマカレーの独特の香りや味を堪能したら、ほっこりとした甘みのかぼちゃのスープを味わってもらいたい。

味がしみ込んだブリ大根も冬に食べたくなる料理のひとつではないだろうか。ブリ大根が献立の主菜のときにおすすめの味噌汁が、じゃがいも・にんじん・玉ねぎの味噌汁だ。いろいろな種類の野菜が摂れるうえ、食材の甘みがたっぷりで、口当たりがやさしくブリ大根との相性もバッチリである。

寒い冬に食べたくなる料理のひとつが心も身体も温まるグラタンだ。熱々でミルキーなグラタンが献立の主菜のときにはひんやりと冷たい豚しゃぶサラダをおすすめしたい。グラタンに使用する食材もサーモン・ほうれん草・ブロッコリー・かぼちゃ・マカロニ・牡蠣など、いろいろとチョイスして味わってみてはいかがだろうか。

3. 冬に食べたい献立のアレンジ料理

次に冬に食べたい献立のアレンジ料理を紹介しよう。先述したように冬に食べる献立のひとつが鍋料理だ。鍋料理を食べたら〆にごはんを加えておじやにしたり、麺を入れて食べたりする人もいるだろう。今回紹介するのは、鶏鍋の〆で楽しむ鶏鍋リゾットだ。作り方は簡単で残ったスープに牛乳・生クリーム・ごはんを加え、塩こしょうで味を調え、粉チーズを加えて混ぜ、黒こしょうをかければOK。好みで玉ねぎや鍋に残った野菜をみじん切りにして加えても美味しい。

次に紹介する冬に食べたい献立のアレンジ料理は、残り物のシチューを使用したクリームコロッケだ。作り方はシチューの具材を軽く潰し、その中に塩とおから、ちぎったバジルを加え手でよく練り混ぜる。次に食べやすい大きさにまとめたら薄力粉をまぶし、混ぜておいた卵と薄力粉にくぐらせパン粉をまぶす。あとはフライパンにサラダ油を入れ180℃に熱し、コロッケを入れてキツネ色になるまで揚げればOK。おからを加えるだけで、熱々でホクホクのクリームコロッケができるので、ぜひ一度試してもらいたい。

結論

冬の献立におすすめの副菜やスープ、アレンジ料理を紹介した。寒いとどうしてもおでんやクリームシチュー、水炊きやちゃんこ鍋といった鍋料理のような温かな料理が恋しくなるが、一緒に食べる副菜やスープで足りない栄養素を補ってもらいたい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ