このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
サルサソースの作り方を紹介!メキシカンな味を堪能できる!

サルサソースの作り方を紹介!メキシカンな味を堪能できる!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年11月 8日

サルサソースとは、野菜スティックやとうもろこしチップスをディップしたり、オムレツや肉料理、タコスのソースにしたりと、幅広い料理で楽しめるソースだ。サルサとはメキシコでソースのことで、唐辛子をたっぷりと加えることが多い。今回はハラペーニョや生トマト、トマト缶を使用したサルサソースの作り方やサルサソースを使用して味わう料理を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ハラペーニョで本格サルサソース!作り方の基本やコツ

最初にハラペーニョを使用した本格的で基本のサルサソースの作り方を紹介しよう。ハラペーニョとはメキシコが原産の青唐辛子の一種で、使用するとピリリとした刺激を堪能できるのが魅力だ。用意する材料はハラペーニョ・玉ねぎ・パクチー・トマト・オリーブオイル・にんにく・塩・こしょうでOK。作り方はハラペーニョのヘタと種を取り除き、粗みじん切りにする。玉ねぎとパクチーも粗みじん切りに。トマトは1cm角に切ればOK。
次にボウルにハラペーニョ・玉ねぎ・パクチー・トマトを入れ、オリーブオイルとすりおろしたにんにくを加えて混ぜ、塩こしょうで味を調えればサルサソースの完成だ。好みでみじん切りにしたパクチーやレモン汁を加えたり、完成したサルサソースにタバスコをかけて食べたりしても美味しい。紹介した作り方は材料を切りボウルで合わせて味を調えるだけでOK。今回はトマトの種も入れて作ったが、水気が多くなりがちなので、塩こしょうで味を調整するのがコツだ。
ちなみに先述した材料で作るサルサソースのカロリーは1食分あたり106kcalで、含まれる栄養成分は炭水化物11.4g、たんぱく質1.8g、ナトリウム420mg、脂質6.6g、食塩相当量1.1gだ。

2. 簡単でも本場の味!サルサソースの作り方

次に簡単でも本場の味を楽しめる生トマトを使用したサルサソースの作り方を紹介しよう。今回は一般的な大きさのトマトよりβ‐カロテンを多く含むミニトマトを使用したサルサソースの作り方を紹介する。用意する材料はミニトマト・ピーマン・酢・塩・こしょう・オリーブオイルだ。作り方はミニトマトを1cm角に切る。ピーマンは縦半分に切り、ヘタとワタ、種を取り除き粗みじん切りにする。ピーマンの苦みが苦手な人は、サッと水にさらしておくとよい。
次にボウルにすべての材料を入れて混ぜれば、サルサソースの完成だ。魚のフライや鶏肉、豚肉のソテーにかけて食べると美味しい。食べきれず保存する場合は、清潔な保存容器に入れ冷蔵室へ。2日程度を目安に食べきること。
ちなみに市販されているサルサソースの特徴をピックアップして紹介すると、メーカーいわくトマトの味わいをしっかり残しつつ、さわやかな辛味がきいているという。素材にそのままかけるのはもちろん、ディップソースとして使えるうえ、焼いても生地にしみ込まず鮮やかな赤い色が残るため、ピザソースにも適しているようだ。

3. トマト缶でお手軽サルサソースの作り方

次にトマト缶を使用したサルサソースの作り方を紹介しよう。トマト缶を使用するメリットは、トマトを水洗いしたり皮をむいたり、下ごしらえする必要がないことだ。今回はスパイスを加えた作り方を紹介する。用意する材料はカットトマト缶・玉ねぎ・ピーマン・パクチー・レモン汁・すりおろしにんにく・チリパウダー・クミンパウダー・タバスコ・塩・こしょうだ。作り方はピーマンのヘタとワタ、種を取りみじん切りにする。パクチーは洗って水気をきりみじん切りに。玉ねぎはみじん切りにし10分ほど水にさらす。ボウルにカットトマト缶とレモン汁・すりおろしにんにく・チリパウダー・クミンパウダー・タバスコ・塩・こしょうを入れて混ぜる。水気をきった玉ねぎとピーマン、パクチーも加えて混ぜればサルサソースの完成だ。
辛い物が苦手な人は、タバスコの量を調整するように。チリパウダーやクミンパウダーがなくても作れるが、風味が少し落ちる。またレモン汁の代わりにライム汁を入れても美味しいし、青唐辛子を入れるとより本格的なサルサソースを楽しめる。ただし青唐辛子は辛さが強くなりやすいので、味見しながら量を調整すること。一晩おくと味がなじみ、より美味しくなるはずだ。

4. 手作りサルサソースを使った料理の作り方

次にサルサソースはどんな料理に使えるかを紹介しよう。サルサソースを使用した料理のひとつがメキシコを代表する国民食であるタコスだ。用意する材料はタコシェル・牛ひき肉・オリーブオイル・玉ねぎ・にんにく・ホールトマト・ビーフスープ・チリパウダー・オレガノ・ローリエ・レタス・トマト・ピザ用チーズ・サルサソースだ。作り方は牛ひき肉をオリーブオイルで炒め、みじん切りにした玉ねぎとにんにくを加え、しんなりするまで炒める、そこへホールトマトを潰しながら加えて炒める。
続いてビーフスープ・チリパウダー・オレガノ・ローリエを加え、汁気がなくなるまで煮込む。タコシェルは電子レンジか低温のオーブンに入れパリッとさせる。あとはタコスを包む皮のタコシェルに煮込んだ牛ひき肉と千切りにしたレタス、角切りにしたトマトをのせてチーズを散らし、サルサソースをかければタコスの完成だ。タコスのほかに鶏肉のグリルにサルサソースをかけたり、メキシカンなタコライスの上にのせたりして食べても美味しい。

結論

サルサソースの作り方を紹介した。先述したように少ない材料でも作れるし、いろいろなスパイスを加えて作っても美味しい。タコスやタコライスにかけると一気にメキシカンな味を堪能できる。ほかにも唐揚げにかけたり、ピロシキの具にしたり、そうめんと絡めたり、いろいろな楽しみ方があるので、一度サルサソースを作ってみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ