このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
シャインマスカットの産地はどこ?産地ごとに異なる旬も紹介?

シャインマスカットの産地はどこ?産地ごとに異なる旬も紹介?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年11月 4日

2006年に登場したシャインマスカットは、国内での需要が急成長していることもあり年々栽培面積を広げている。生産量も増えていることから、旬の時期であれば価格のハードルがだいぶ下がってくる。それでは、日本各地のどのあたりでシャインマスカットが栽培されているのだろうか。本記事では、それぞれの土地の旬も検証してみたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. シャインマスカットの特徴と主な産地

高価で美味しいぶどうの代名詞ともなりつつあるシャインマスカット。店頭に並んでいるシャインマスカットを見るだけではわからない、その特徴や産地について紹介する。

シャインマスカットの特徴

長年の研究によって、今世紀入ってから誕生したシャインマスカット。その最大の特徴は、皮も食べられることだろう。くわえて、粒が大きくみずみずしく甘さにおいても文句なしである。種がないので、近年はスイーツの分野からも熱い視線を浴びている。当然のことながら、高級フルーツの仲間入りを果たした。近年は需要の増加に伴って栽培面積も増え、旬の時期であれば比較的購入しやすい価格になっている。

シャインマスカットの産地

シャインマスカットの産地として知れれているのは、長野県、山梨県、岡山県である。これらの地域は、ぶどうをはじめとするさまざまなフルーツの産地でもある。シャインマスカットは農研機構が満を持して世に送り出した品種で、栽培方法も難易度が高くないとされている。1位の長野県には、160ha以上ものシャインマスカットのための栽培面積が存在する。栽培面積は今後も増加することが予想されている。

2. シャインマスカットの産地による旬の違い

夏になると目にするようになるシャインマスカットの旬はいつ頃なのだろうか。実は、栽培地や気候の変化によってシャインマスカットの旬はズレが出る。主要な産地の一般的な旬をみてみよう。

長野県

シャインマスカット生産量第1位の長野県。長野県産のシャインマスカットの旬は、9月中旬~10月中旬とされている。

山梨県

生産量第2位の山梨県産のシャインマスカットは、8月下旬から出回りおよそ1ヶ月旬が続く。

岡山県

第3位の岡山県は、1位2位の県と比較すると地理的にも相違がある。そのため、岡山県産のシャインマスカットの旬は7月から始まる。旬の期間が長いのも特徴で、10月頃までその甘みを堪能できる。

年末年始もお目にかかれるシャインマスカット

シャインマスカットはハウス栽培も盛んだ。旬をずらした時期にも食べることは可能である
ぶどうは一般的に保存が難しいとされている。そのため、旬の時期を外れると相場が高くなる傾向にある。山梨県では、9月頃に収穫したシャインマスカットを数ヶ月保存する技術を開発、年末年始にも高価ながらシャインマスカットを目にすることが可能になった。寒い時期に家族で食卓を囲みながら食べるシャインマスカットの美味もまた、格別といえるかもしれない。

3. シャインマスカットが産地直送!ふるさと納税で食べ比べよう

通常は高価でなかなか手が出ないシャインマスカットは、ふるさと納税で取り寄せるのが人気となっている。全国から取り寄せるシャインマスカットを食べ比べてみるのも楽しい。

主要産地意外からも取り寄せ可能!

デパ地下で箱入りのシャインマスカットを買おうと思うと数千円の出費も珍しくない。そのため、ふるさと納税を利用したシャインマスカットの取り寄せは大変な人気となっている。3大主要産地のほかにも、鳥取県や大分県などのシャインマスカットも試すことができる。あまりの人気で応募が締め切られるところもあるので、早めのチェックが必要である。それぞれの土地のシャインマスカットを堪能してみてほしい。

結論

高級フルーツとして知られるシャインマスカットは、価格を考慮すると手が出にくいイメージがある。しかし、産地やそれぞれの旬の時期を頭に入れれば、より美味しく現実的な価格で入手することもできる。また、ふるさと納税を利用して各地のシャインマスカットを味わうという手もある。全国的に生産量があがっているシャインマスカット、将来的には庶民的なフルーツになる可能性もゼロではない。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ