このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
食べるラー油を使ったうどんのレシピを紹介!ピリ辛がくせになる

食べるラー油を使ったうどんのレシピを紹介!ピリ辛がくせになる

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年11月20日

今回紹介するのは、ピリ辛がくせになる食べるラー油を使用した、美味しいうどんのレシピだ。ザクザクとした独特の食感と食欲を刺激する香りが特徴の食べるラー油。料理にトッピングするだけで違う味を楽しめるのが魅力のひとつだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. のせたらできあがり!食べるラー油の釜玉うどん

干しエビや唐辛子、にんにく、白ごま、ごま油を混ぜ合わせて作る食べるラー油。料理にトッピングして混ぜるだけで、違う味を楽しめるのが特徴だ。ここでは食べるラー油を使った釜玉うどんのレシピを紹介しよう。食べるラー油のピリ辛と、まろやかな卵のコクがくせになる美味しさだ。
用意するのは、うどん・食べるラー油・卵黄・ねぎ・めんつゆだ。作り方は鍋にたっぷりの湯を沸かし、うどんを入れて袋の表記時間通りに茹でる。茹であがったら冷水でもみ洗いし水気をしっかりときる。沸騰した湯に、うどんをサッとくぐらせて器に盛り付ける。その上に食べるラー油と卵黄、刻んだねぎをのせ、めんつゆをかければ釜玉うどんの完成だ。
茹でたうどんに食べるラー油と卵黄などをのせて混ぜるだけの簡単レシピだが、リピート間違いなしの美味しさである。材料さえストックしておけば手早く作れるので、忙しい日の夕食作りや、休日の手抜きブランチにおすすめ。好みで揚げ玉をのせて食べると違う食感を楽しめる。

2. 食べるラー油と豚しゃぶの冷たいうどん

次に豚しゃぶと薬味をたっぷりのせた、食べるラー油の冷たいうどんを紹介しよう。豚しゃぶを加えるとボリュームたっぷりで、がっつり食べたい日の食事にぴったりの一品だ。ここでは冷凍うどんを使用して作る方法を紹介しよう。用意するのは冷凍うどん・しゃぶしゃぶ用の豚バラ肉・大根・みょうが・水菜・かいわれ・きゅうり・トマト・食べるラー油・めんつゆだ。
大根は皮をむきすりおろす。みょうがは薄い輪切りにし、水菜は根元を切り落として2cm幅に切る。かいわれは根元を切り落とす。きゅうりは千切りにしてボウルに入れ、塩でもみ、水気を絞る。トマトは半分に切り薄くスライスする。鍋にたっぷりの湯を沸かし、冷凍うどんを入れて袋の表記時間通りに茹でる。
茹であがったら湯をきり、流水にさらし水気をきる。再び鍋に湯を沸かし豚肉を入れ、火が通るまで中火で約3分茹で、湯をきり流水にさらす。器にうどんを盛り付け豚肉・大根・みょうが・水菜・かいわれ・きゅうり・食べるラー油をのせてトマトを添え、めんつゆをかければ、食べるラー油と豚しゃぶの冷たいうどんの完成だ。のせる野菜は好みで冷蔵庫にあるものを使おう。

3. 汁も飲み干したくなる!食べるラー油とごま豆乳の担々うどん

最後に食べるラー油とごま、豆乳を合わせたうどんの作り方を紹介しよう。用意するのは、うどん・豚ひき肉・ねぎ・おろしにんにく・油・甜麺醤・豆板醤・酒・塩・こしょう・白ねりごま・すりごま・砂糖・しょうゆ・鶏がらスープの素・無調整豆乳・湯・かいわれ・食べるラー油だ。
まずねぎをみじん切りにしておく。次はスープ作りだが、ボウルに白ねりごま・すりごま・砂糖・しょうゆ・鶏ガラスープの素・湯を入れてよく混ぜ、無調整豆乳を加えてさらに混ぜ粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やす。耐熱容器にうどんをのせ、ラップをふんわりとかけ、600Wのレンジで袋の表記時間通りに加熱し、流水で粗熱をとる。
フライパンにサラダ油を入れて熱し、豚ひき肉とねぎ、おろしにんにくを加えて炒める。肉の色が変わったら甜麺醤・豆板醤・酒・塩・こしょうを入れて炒め合わせる。最後に器にうどんを盛り付け、炒めた豚肉とかいわれ、食べるラー油をのせ、スープをかければごま豆乳担々うどんの完成だ。豆乳とごまがたっぷり入った濃厚なスープで汁まで飲み干したくなるほどの美味しさだ。

結論

食べるラー油を使用した美味しいうどんのレシピを紹介した。食べるラー油は自宅に常備している人もいるだろう。いつもとひと味違ったうどんを食べたいと思ったら、ぜひ、今回紹介したうどんレシピを参考にしてほしい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ