このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ふるさと納税でお得にゲット!【ご当地カップ麺】を紹介!

ふるさと納税でお得にゲット!【ご当地カップ麺】を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年11月21日

テレビCMなどで目にしない日はないほど、注目を集め続けている「ふるさと納税」。大手企業が運営するふるさと納税ポータルサイトは、総数10サイトにも及ぶ。今回は、そんな大注目のふるさと納税の返礼品で受け取ることができるカップ麺を紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、自治体に寄付をすることで、その土地の特産物や名産品を返礼品として受け取れる制度だ。寄附金額分、所得税と住民税が減額される仕組みになっているため、実質の負担額は2,000円だけで、高級食材や生活用品を手に入れることができる。2008年に始まったふるさと納税だが、総務省の発表によると、いまでは年間400万人以上が利用している。
ふるさと納税は、納税や控除など難しい手続きが必要なイメージをもたれることもある。しかし、確定申告の必要がないサラリーマンなどで、1年間に寄付した自治体が5つ以内であった場合、確定申告が不要になるワンストップ特例制度も活用できる。簡単でお得に返礼品を受け取ることができるのが、ふるさと納税の魅力だ。

2. 大阪府池田市「インスタントラーメン発祥の地・大阪池田詰め合わせセット」

まず紹介する自治体は、大阪府池田市。日清食品株式会社の創業者である、安藤百福(1910-2007)は、世界初のインスタントラーメンを池田市で発明した。インスタントラーメンの発祥の地を心ゆくまで楽しむことができる、バラエティー豊かな商品ラインナップが魅力的である。
さらに、池田市には世界初のインスタントラーメンである、チキンラーメンを使った創作料理を提供している飲食店が多くある。返礼品の中には、そんな飲食店の食べ歩きマップも同梱されているため、実際に池田市を訪れた際にはぜひ現地で本場の味を満喫していただきたい。

3. 佐賀県基山町「焼豚ラーメンとカップ詰め合わせ」

続いて紹介する自治体は、佐賀県基山町。基山町は、佐賀県の東に位置し、福岡県に隣接している。九州といえばおなじみの豚骨ラーメンを手軽に食べられるカップ麺、焼豚ラーメン。基山町に本社を構えるサンポー食品株式会社の代表商品であり、九州出身者にとっては懐かしい味だ。関東圏ではなかなかお目にかかれない珍しいカップ麺であるため、食べたことがない人も多いだろう。そんな、ご当地商品を手に入れることができるのも、ふるさと納税ならではの魅力である。

4. 徳島県徳島市「金ちゃんヌードル」

最後に紹介する自治体は、徳島県徳島市。徳島市は、徳島県の東部に位置し、徳島県の県庁所在地である。そんな徳島市からの返礼品は、四国地方で大定番のカップ麺、徳島製粉株式会社の金ちゃんヌードルだ。発売から約50年、飽きのこない醤油ベースの変わらない味が時代を超えて人気を博している。
保温効果の高いふたや、手に持ちやすい二重構造のパッケージなど、食べる人への思いやりが詰まった一品である。返礼品と一緒に、そんな優しい思いも受け取ることができるだろう。

結論

冷蔵や冷凍食品とは異なり、冷蔵庫の中を圧迫することのないカップ麺。ふるさと納税の返礼品は、一般的に一度にまとまった量を受け取ることができるため、常温で保存できる食品はとてもありがたい。今回紹介した中には身近なスーパーなどで購入できる商品もあるが、あえてふるさと納税の返礼品として受け取ってみてはいかがだろうか。きっと、その商品ゆかりの土地からの思いも一緒に受け取ることができるはずだ。
※ 記事中の画像はイメージです。実際の返礼品とは異なります。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ