このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ローストチキンの下ごしらえの方法とは?クリスマスにピッタリ!

ローストチキンの下ごしらえの方法とは?クリスマスにピッタリ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年12月13日

ローストチキンは、難しいという印象を持たれがちだが、じつはそんなことはない。下ごしらえさえマスターすれば、あとはオーブンに入れるだけとほったらかしが可能!人の集まる機会が増える季節にもってこいのメニューでもある。今回は、そんなローストチキンの基礎を学んでいく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ローストチキンとは

ローストチキンは、その名の通りローストしたチキンのこと。一羽まるごとのものが一般的であるが、言葉の意味合いからは、鶏肉を焼いたものであればローストチキンということになる。実際、骨つき肉や普通のもも肉を焼いたものもローストチキンと呼ばれることがある。ちなみにローストとは、焼くという意味で、グリルやオーブンを使って焼くのが普通。塩胡椒とハーブなど、シンプルに味付けしたものをグリルするのが基本だ。

クリスマスとローストチキン

クリスマスといえば、ローストチキン、そんなイメージを抱く人も多いことだろう。これは、欧米から伝わった文化だと推測されるが、ヨーロッパやアメリカでクリスマスに食べられているのは、チキンではなく、七面鳥、ターキーなのだ。もちろんチキンを食べるケースもあるが、七面鳥の丸焼きが主流。

詰め物の有無

ローストチキンに使用する丸鶏は、内臓を抜いた状態で販売されていることが多い。内臓を抜いているので、当然腹部は空洞になっている。そこに炒めた米や野菜を入れて焼くと美味しいだけでなく、腹部がしっかりと膨らむので、見栄えもよくなる。

2. ローストチキンを作る

ローストチキンは、丸鶏、すなわち鶏一羽をまるごと使って作られる。この丸鶏は、スーパーなどでも取り扱いが少ない。丸鷄のローストチキンを作りたい!という場合は、あらかじめ肉店などに注文しておくか、通販などで手に入れておくといい。鶏以外の材料は、塩胡椒、にんにく、ハーブ、バター、中身を詰める場合は、その具材。ハーブはローズマリーがおすすめ。肉の臭みをやわらげ、風味をつけてくれるので、ぜひ活用したい。

下ごしらえのコツ

まずは、買ってきた丸鶏をよく洗おう。普通は鶏肉を洗うことはないが、丸鶏の場合は腹のなかに汚れが付いていることもあるので、水で洗い、キッチンペーパーでよく水気を拭き取ろう。もし、腹部に脂の塊が入っていたら、取り除いて残しておくといい。後ほど、活用が可能だ。美味しい天然塩を全体にふるのだが、そのときは擦り込むようにすると味のしみがいい。腹の中にも塩を擦り込もう。

基本の下ごしらえ

中に詰めるものは、リゾットや野菜の炒め物など、なんでもOK。基本であれば、ピラフがおすすめ。みじん切りにした玉ねぎ、人参とマッシュルームなどを炒め、米を洗わずに加える。米が透き通ってきたら、スープかコンソメの素と水を加え、煮る。水分がなくなったら、OK。あとは、丸鶏に具材を詰めて、爪楊枝で口を止める。脚をタコ糸で縛るなど、形を整えるとさらに見ためがいい。

3. ローストチキンを焼く

オーブンは、200℃に温めておく。下ごしらえした鶏肉を天板に置き、溶かしたバターを表面にたっぷりと塗る。腹部から出てきた脂がある場合は、それを溶かして使ってもいい。最後に胡椒をたっぷりとふり、ローズマリーを2本ほど乗せて焼いていこう。

野菜を焼いても◎

ちなみに、焼いている間に鶏から脂が出てくるので、周りに野菜を一緒に並べておくといい具合に焼ける。人参、玉ねぎ、ジャガイモなどが定番だが、根菜ならなんでもOK。レンコンやごぼうや里芋なども美味しい。ひとつまみ、塩をふっておくといい。

仕上げに工夫

大きさにもよるが、まずは40分ほど焼いて様子を見よう。ときどき、鶏から出てくる脂をかけながら焼きあげると表面はぱりっと、中身はジューシーな仕上がりに。火の通りを確認するには、鶏をかたむけて出てくる脂の色が透明か確認するといい。ただ、鶏がとても熱くなっているので注意して行うこと。好みでソースを作ってもいい。

結論

ローストチキンは、下ごしらえさえすれば、意外にも簡単に作ることができるメニューである。中に詰める具材やソースで変化を楽しむこともできるのにはおどろきだ。まずは、丸鶏をゲットするところから始めようではないか。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ