このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
モスバーガーで食べるべきはこれだ!人気セットを総ざらい!

モスバーガーで食べるべきはこれだ!人気セットを総ざらい!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年12月11日

作りたてが食べられる店舗が多いことでも知られるモスバーガー。日本生まれのファストフードショップで、本格的な味わいには定評がある。テリヤキバーガーやライスバーガーの生みの親としても知られる存在だ。そんなモスバーガーで今回は、人気のセットメニューを独断と偏見で決定してお届けしていこう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. モスバーガーとは

モスバーガーが誕生したのは、1972年。いまから48年前。証券会社に勤めていた創業者が、人に喜ばれる仕事がしたいと一念発起して起業した。スタート当時の実験店舗は、わずか2.8坪。板橋区の成増にオープンを果たす。その後、テリヤキバーガーやライスバーガーなど、革命的なメニューを開発する一方、地域に根ざした店舗展開を行い、いまに至る。現在では、国内のみならず海外にも店舗を有するほどになった。

日本生まれという矜持

モスバーガーは、日本生まれのファストフードショップである。店を覗くとその矜持を感じるポイントがいくつも存在する。たとえば、生野菜。モスバーガーで使用している生野菜は、すべて国産。全国2,900軒の農家から取り寄せた新鮮野菜を使用しているのだ。また、生産者との交流を欠かさず、安心して食べることのできる野菜作りを促している。
日本人の舌に合うメニュー開発にも特筆すべき点が多く存在する。モスバーガーシリーズに使用されているミートソースは100回以上の試作を重ねたというから驚きである。どこかほっとするような店舗作りも日本生まれらしいところだ。

みんなに優しいメニュー

モスバーガーには、辛いメニューが常時あるところも特筆すべきところ。ハラペーニョが挟まれたスパイシーモスバーガーやスパイシーチリドッグは、隠れたファンも多い。辛いもの好き、大人にも嬉しいメニュー展開だ。また、低アレルゲンメニューがあるところも優秀。7大アレルゲン食材を原材料に使用しておらず、バンズには米粉を採用している。おもちゃ付きのセットなので、アレルギーのある子どもに嬉しいメニューだ。

2. モスバーガーの人気セットメニュー

豊富なサイドメニュー

モスバーガーのセットメニューは、オニポテ・ドリンクセット、ポテトS・ドリンクセット、ポテトL・ドリンクセット、サラダ・ドリンクセット和風ドレッシング<減塩タイプ>の4つから選ぶことができる。さらにいまなら、期間限定でモスチキン・ドリンクセットも可能!ほかのファストフード店との違いといえば、オニオンフライがあるところ。さらにこだわりのサラダは国産野菜、しかもできる限り、化学肥料に頼らない安全な野菜を使用している。お得なセットでありながら、こだわりが満載なのだ。

とびきりハンバーグサンド

人気セットといえば、発売から1億食を突破したプレミアムなハンバーガーシリーズ「とびきりハンバーグサンド」。なんとこのパティ、国産肉100%で作られているのだ。もはやファストフードではないかもしれない。試作に試作を重ねたのちに編み出した、牛肉と豚肉のブレンドの黄金比率。パティは通常よりも大きく、なんと1.7倍。味わいももちろんジューシーで肉の旨味を楽しむことができる。このとびきりハンバーグサンドをメインにサイドメニューを選ぶセットが、いま人気を集めている。とびきりハンバーグサンドは、バリエーションも豊富。なんとこのボリュームのあるパティを2枚重ねにしたダブルシリーズもある。期間限定メニューも登場しているので、さらに注目度が上がりそうだ。

モスバーガー

店名そのままのモスバーガーは、やはり外せない人気メニューのひとつ。このモスバーガーシリーズに使われているのが、こだわりのミートソースだ。熱々のミートソースがたっぷりとかかったモスバーガーやモスチーズバーガー、スパイシーモスバーガーは、やはりモスバーガーの金字塔。85℃と高温で温められたミートソースと冷たいトマト、オニオンとのコントラストが美味しさの要である。このモスバーガーシリーズをメインにしたセットも外せない人気メニューである。

3. モスバーガーの隠れた人気メニュー

菜摘シリーズ

モスバーガーは健康に配慮したメニューが多いことでも知られる存在。とくに菜摘は、モスバーガーがこだわって仕入れているレタスをふんだんに食べることができるメニュー。なんとバンズの代わりにレタスでパティやフィリングを挟んで食べるという斬新なアイデア商品なのだ。健康を気遣う人にはもちろん、ロカボ、炭水化物抜きをしている人にも非常に嬉しいメニューである。オニポテを食べる代わりに、ハンバーガーは菜摘シリーズにするなんていう使い方もできる。

ソイパティシリーズ

さまざまな理由で肉を控えたいという人が、実はいま増えている。また代替え食品、とくに肉に代わる大豆ミートは高タンパクで低カロリー、栄養は満点と非常に注目度が高い。モスバーガーではいち早く、ソイパティの開発に着手。肉のような食感やにおいを作り上げるため、研究を重ねたパティは、まるで肉のようなできばえ!モスバーガーやテリヤキバーガー、野菜バーガーなどは、ソイパティバージョンが存在する。菜摘×ソイパティの組み合わせもあり。

ホットドッグ

ホットドッグはさっくりと食べることができ、好きな人も多いはず。ただ多くのファストフードショップには、メニューに存在しない。モスにはホットドッグが3種類。定番のホットドッグはもちろん、チリドッグ、スパイシーチリドッグは隠れた人気メニューである。特製のホットチリソースがやみつきになる。辛いのが得意な人は、スパイシーチリドッグをぜひ選んでみてほしい。

結論

モスバーガーは、日本生まれらしいきめ細やかな店舗運営が魅力。近年ではパティにも国産肉を採用するなど、こだわりがさらに際立つ。人気メニューはそれらこだわりの国産食材をたくさん食べられるものから、健康に配慮したメニュー、隠れた名品まで、幅広く存在する。自分のお気に入りはもちろん、食べたことのないメニューにもぜひ挑戦してみてほしい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2020年12月11日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ