このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
チキンカツ丼の作り方を紹介!味付けのパターンは幅広い!

チキンカツ丼の作り方を紹介!味付けのパターンは幅広い!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年12月 4日

スーパーなどでチキンカツの惣菜を買ってくれば、チキンカツ丼を簡単に作れる。ただしチキンカツ丼にもいくつか種類があり、それぞれ違った美味しさがあるのだ。本記事では、3種類のチキンカツ丼の簡単な作り方を紹介していく。参考になれば幸いだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. お惣菜のチキンカツとめんつゆで簡単に!親子チキンカツ丼

まずは、基本の親子チキンカツ丼を作ってみよう。

味付けはめんつゆだけでOK!

チキンカツ丼といえば、つゆの配合が必要だという印象がある。こだわれるポイントでもあるが、少し手間がかかる。しかし、実は市販のめんつゆを使うだけで簡単に味付けできる。大幅に作りやすくなるためおすすめだ。

材料を煮込んでいく

チキンカツ丼をキレイに作りたいなら、できれば丼用の親子鍋を使いたい。もしなくても、小さめの片手鍋で代用できる。
玉ねぎを切って、水で割っためんつゆで煮込む。めんつゆは濃縮されている場合があり、水で薄める必要がある。ほとんどの場合、パッケージには丼に最適な希釈の割合が書いてあるはずだ。
玉ねぎに火が通ってきたら、切り分けたチキンカツを加えてさらに煮込む。衣につゆをしっかりしみ込ませたい。

卵の火の通し方がポイント!

最後に溶き卵を流し入れ、ほどよく火が通ったら丼のごはんにのせて完成だ。ここで、卵にどれだけ火を通すかで食感が大きく変わる。トロトロの柔らかさが好き、あるいは固めが好きなど、好みによって作り分けられれば望ましい。時間に余裕があれば、冷蔵庫から出した卵を常温に戻してから加えるほうが上手に仕上がるだろう。

2. 甘辛ソースでごはんもりもり!ソースチキンカツ丼

次に、ソースで食べるチキンカツ丼の作り方を見ていこう。

卵は不要!

ソースチキンカツ丼は、基本的には卵を使わない。チキンカツとソース、好みでキャベツあたりがあれば十分だ。シンプルで、ソースの味をしっかり楽しめるのが魅力だ。

ソースを作る

チキンカツ丼の味を決めるソースを作ろう。目指すのは甘辛さだ。ベースにはウスターソースを使うことが多い。自作してもよいが、市販のものを買えば十分だ。ウスターソースに調味料を加え、甘辛さを加えていく。よく使われるのはケチャップや砂糖あたりだ。ほかにも、とんかつソースなどを加えて手っ取り早く味を調えるのもアリだ。
なお、ソースを混ぜたあと、レンジなどで軽く加熱すると味がよくなじむ。

ごはんにのせれば完成

ソースさえできれば、あとはシンプルだ。キャベツを使う場合は千切りにして丼のごはんの上に敷き、切ったチキンカツをのせてソースをかければ完成だ。ソースの旨みをしっかり味わっていただきたい。
地域によっては、ソースを使うチキンカツ丼のほうが一般的な場合もある。食べたことのない人は、ぜひ一度作ってみよう。

3. 千切りキャベツと合わせて!ゴマ味噌ダレのチキンカツ丼

チキンカツ丼には、ゴマ味噌ダレを使ったバリエーションもある。ソースとはまた違った甘辛さを楽しめるのが魅力だ。

ゴマ味噌ダレを作る

味噌と調味料を混ぜ、ゴマ味噌ダレを作っていく。味噌はできれば赤味噌を使いたい。コクがあり、甘辛い味付けとよく合う。
必要な調味料は砂糖、酒、醤油あたりだ。これらを味噌と一緒に鍋に入れ、加熱しながら混ぜていく。ここにゴマを加えれば、タレの完成だ。なお、好みでほかの調味料を加えても美味しい。

仕上げは簡単

ゴマ味噌ダレができたら、ソースを使う場合と同様、ごはんの上にチキンカツを盛り付けてタレをかければ完成だ。ゴマ味噌ダレとキャベツはよく合うので、ぜひ千切りキャベツも使いたい。ゴマ味噌ダレは味が濃いので、かける量には気をつけよう。
なお、ゴマ味噌ダレはほかの料理に付けても美味しい。余ったら少しずつ消費し、使いきるように心がけたい。

結論

チキンカツ丼には、卵を使うもの、ソースやゴマ味噌ダレを使うものがあり、いずれも美味しい。作り方はどれも簡単なので、食べたことのないものがあればぜひ試しに作ってみてはどうだろうか。また、どのチキンカツ丼も味付けなどにアレンジの余地がある。好きな調味料を加えるなどして、新しい味を見つけるのも面白いだろう。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ