このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
クリスマス料理の定番を紹介!自作にチャレンジするのもアリ!

クリスマス料理の定番を紹介!自作にチャレンジするのもアリ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年12月25日

クリスマスにどんな料理を食べるかは、楽しみである一方、迷いどころでもある。そこで本記事では、クリスマス料理の定番をいくつか紹介していく。悩んだら、まずは定番を用意してみてはどうだろうか。簡単に自作できるものもあるため、興味のある人はチャレンジしていただきたい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. クリスマス料理の定番といえば?アメリカとの違い

実は、日本とアメリカではクリスマス料理の定番が違う。具体的に比べてみよう。

アメリカにクリスマスケーキはない?

アメリカでは、クリスマス料理として七面鳥のローストを食べるのが定番だ。しかし、クリスマスケーキはほとんど食べない。代わりに、さまざまなスイーツを食べる。代表的なのはクッキーで、人型や靴下型、ベル型など、クリスマスに関係する形に焼かれたものが親しまれている。

日本のクリスマス料理はさまざま

日本のクリスマス料理といえば、まずはクリスマスケーキが挙げられる。また、鶏を使ったローストチキンなどが親しまれている。ほかにも、クリスマスにまつわる形を使ったさまざまな料理が作られることが多く、あまり型にはまらない傾向もある。
したがって、アメリカはクリスマス料理の定番がある程度決まっているのに対し、日本は比較的自由に作られるという見方ができる。

2. クリスマス料理の定番のメイン

まずは、クリスマス料理のメインについて、定番をいくつか見ていこう。

ローストチキン

ローストチキンは代表的なクリスマス料理だといえる。鶏を1羽分丸焼きにすると見ためもよいが、もも肉だけをローストしても美味しく、十分に豪華だ。
丸焼きにする場合は、鶏肉に下味を付けたあと、中に野菜などを詰めて、オーブンでじっくり加熱する。鶏肉の味が中の具材にしみ込み、美味しく焼きあがる。
もも肉をローストにする場合は、砂糖やしょうゆなどでタレを作り、もも肉を漬け込んでから焼くと簡単だ。じっくり中まで火を通すとよい。

ローストビーフ

ローストビーフも、クリスマスの定番のひとつ。牛肉の食感が好きな人にはおすすめだ。自作するなら、フライパンなどで表面を焼いてから、オーブンなどに入れて低温でじっくり加熱すればよい。また、出た肉汁を使ってソースを作っても美味しい。

ビーフシチュー

ビーフシチューも、メインのクリスマス料理になる。具材の切り方を工夫する、たとえばツリーなどの形にすれば、見ためも楽しめる料理に仕上げられる。せっかくのクリスマスなので、贅沢に牛肉をしっかり使いたい。

3. パーティーで映えるクリスマス料理の定番

ホームパーティーなどをする場合には、華やかで手軽に食べられるクリスマス料理がおすすめだ。パーティーの定番をいくつか見ていこう。

パエリア

パエリアは見ためが華やかなうえ、手軽に皿に盛って食べられるのが嬉しい。いつもとは違うカラフルな具材や、星や靴下などの形に切ったチーズなどを使えば、よりクリスマスらしい見ためになる。具材の出汁をしっかりきかせて、単体でも酒のつまみとしても美味しく食べられるように仕上げたい。

ピザ

ピザも、手軽に食べられるクリスマス料理としておすすめだ。めん棒やオーブンを使えば、自作することもできる。好きな具材をのせられるが、せっかくならクリスマスカラーである赤や緑の野菜をたっぷりのせて、雰囲気たっぷりに仕上げたい。メイン料理にしてもよいし、薄く小さく焼いて、脇役の一品として作るのもよいだろう。

4. クリスマス料理のスイーツの定番

美味しいクリスマス料理の最後は、スイーツでしめたい。やはり定番がいくつかあるので、簡単に見ていこう。

クリスマスケーキ

日本のクリスマスのスイーツといえば、まずはクリスマスケーキが思い浮かぶだろう。よくあるのはイチゴを使ったショートケーキだ。ほかにも、チョコレートケーキなどが人気だ。また、簡単に自作できるパンケーキなどをアレンジして作るのもよい。

シュトーレン

シュトーレンは、ドイツ発祥のスイーツだ。パンのような生地の中に、ドライフルーツやナッツがたっぷり入っている。バターが多く入っているほか、ずっしりと重く、ボリュームがある。そのため、少しずつスライスして食べるのがよい。

ブッシュドノエル

ブッシュドノエルはロールケーキの一種だ。日本語で「クリスマスの薪」という名前通り、薪や丸太の形を模して作られる。周りに塗るクリームはチョコレートクリームが定番だが、雪を模した白いクリームなど、さまざまなアレンジがある。

結論

クリスマス料理の定番は、実は国によって違う。日本は比較的自由なので、好きなものを選ぼう。メインにパーティーメニュー、スイーツなど、食べる状況や好みに応じて用意したい。作れるものは作り、難しければ買って済ませるなど、無理のない範囲で楽しもう。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2020年12月24日

  • 更新日:

    2020年12月25日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ