このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
もやしのアレンジおかずを紹介!レパートリーを増やして脱マンネリ

もやしのアレンジおかずを紹介!レパートリーを増やして脱マンネリ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2021年1月 1日

手ごろな値段で手に入りやすい「もやし」。かさ増しするにも便利な食材で、食卓にあがることも多いのではないだろうか。そんなもやしも、いつも同じメニューへの活用や同じような味付けでは飽きてしまう。今回は、もやしを使ったおすすめのアレンジおかずを紹介する。参考にして、ぜひもやし料理のレパートリーを増やしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 毎日食べたくなる!もやしの簡単アレンジおかず

もやしを使ったアレンジ料理はたくさんあるが、そのなかでも飽きがこず、毎日でも食べたくなるようなおかずを紹介しよう。

豚バラともやしのガーリックペッパー蒸し

もやしと豚バラがあれば、ぜひ試してほしいのが、「豚バラともやしのガーリックペッパー蒸し」だ。フライパンに豚肉ともやしを重ねて入れ、蒸すだけの簡単料理である。ペッパーをかける程度のシンプルな味付けが、豚肉のコクを引き立ててくれる。ペッパーをポン酢やゴマなどに変えれば、味のアレンジも楽しむこともできるだろう。

もやしと豆苗のサラダ

サッと茹でたもやしと豆苗を、調味料と混ぜるだけのシンプルなアレンジおかず。食感を楽しむために、茹ですぎないのがポイントだ。もやしと豆苗は相性がよく、栄養価の高い食材同士なので、サラダでたくさん摂取できる点もおすすめである。

2. ダイエットにおすすめ!もやしのアレンジおかず

もやしは、ビタミンや食物繊維などが豊富。なおかつ、ローカロリーなので、ダイエット中の人にもおすすめしたい食材だ。少し食べすぎたかな、と感じるほどでもカロリーオーバーになりにくいため安心である。そんなもやしを使ったアレンジおかずを紹介するので参考にしてほしい。

もやしと豆腐のチゲスープ

満腹感を得たいとき、もやしならカロリーの高い食材の代用として置き換えたり、かさ増しとして使ったりもできる。「もやしと豆腐のチゲスープ」は、どちらの食材もカロリーが低いため、ダイエット中でもさほど量を気にせずに食べられる。カプサイシンが含まれる豆板醤が入っているので、エネルギー代謝を高める作用も期待でき、まさにダイエット中の人におすすめしたいアレンジおかずだ(※1)。

鶏むね肉ともやしの蒸焼き

ダイエット中に、肉料理を食べるのはやや抵抗があるという人も多いのではないだろうか。そんな場合には、もやしと鶏むね肉を使ったアレンジおかずをおすすめしたい。ヘルシーな鶏むね肉を使い、さらに低カロリーのもやしでかさ増しすることで、量を我慢せず食べることができ、満腹感、満足感が得られるのだ。蒸し焼きは、しっとり柔らかく調理できるため消化にもいい。脂を落としやすく、栄養を逃がさないなどのメリットもあるため、ダイエットしている人は一度作ってみてはいかがだろうか。

3. レンジで一品!もやしのアレンジおかず

レンジ調理のよさは、短時間で素材を加熱できることだ。加熱時間を短縮することによって、栄養素を残したままの調理が可能になる。もやしは元々火が通りやすい食材なので、レンジ調理にも向いている。時短にもなるため、おかずが足りないときの一品アレンジおかずとしてもぜひレンジ調理を試してほしい。

もやしのナムル

ナムルとは、朝鮮風の和えもののこと。もやし以外の野菜でも作られているが、レンジ向きのもやしなら加熱時間も少なく、5分程度の時間があれば作ることができる。基本の調理法さえ覚えておけば、ほかの野菜を入れてのアレンジもでき、レパートリーも増やせるのでおすすめだ。

無限もやし

その名の通り、無限に食べられるという意味で名付けられた「無限もやし」。包丁も使わず簡単に作れるにも関わらず、箸が止まらないほど美味しいとされる魅力的なアレンジおかずだ。もやしを耐熱ボウルに入れ、ツナ、油あげ、鶏がらスープの素、砂糖、塩、ごま油、かつおぶしを加え、混ぜたあとラップをして3分程度加熱するだけで完成する。毎日でも食べたいほど、シャキシャキとした食感と絶妙な味わいがクセになる一品なので、ぜひ試してみてほしい。

4. もやしの温かいアレンジおかずレパートリー

もやしは使いやすい食材のためレシピが豊富にあり、蒸し料理や炒め物など、温かい料理のアレンジおかずだけでも数多く作られている。その中でも、おすすめのおかずをいくつか紹介しよう。

もやしと卵のツナ炒め

もやしと卵の組み合わせは相性がよく、炒め物レシピの種類も多い。いつもの味を少し変えたいときにはツナを加えてみてはどうだろうか。さらに味がマイルドになるので、ぜひおすすめしたい。ポン酢を使えばあっさり味に。めんつゆで少し濃く仕上げてごはんの上にのせれば、丼ものへのアレンジも可能だ。

豚こま肉ともやしの甘辛炒め

もやしは豚肉との相性もバツグン。豚肉からでた旨みと甘辛のタレがもやしに絡まった箸のすすむ一品。もやしのシャキシャキとした食感を残せるよう、透き通ってきたら加熱を止めるのがポイントだ。炒めるだけの簡単アレンジおかずなので、ぜひレパートリーに加えてみてはいかかだろうか。

結論

もやしそのものには味のクセが少なく、どんな料理にも取り入れやすいため、レシピの数がとても多いことがおわかりいただけただろうか。アレンジしやすく、レパートリーを増やすにも最適な食材であるため、ぜひいろいろなもやし料理に挑戦してみてほしい。
(参考文献)
※ カプサイシンに関する詳細情報:農林水産省
https://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/capsaicin/syousai/
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年1月 1日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ